人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 04日

優しい訪問者ー如月(4)

友人の山内慶くんからメールが来て、これからそちらに行くという。
雪掻きをするので、雪は残しておくように、という伝言だった。
手首の骨折のお見舞いらしい。
やがて到着した山内くんは、外に雪があまり無い事にがっかりする。
この日寒気は鋭いが、雪はあまり積っていなかったのだ。
そこでトイレの給水管が凍り付いて、スムースにいかない事を話すと、
早速給水管の処置に取り掛かってくれた。
ただでさえ無器用なところに、手首の故障と不自由な私には
救いの神である。
そこへ阿部守×高臣大介展のDMの紙を持って酒井博史さんが来る。
今晩から3日間昼夜通して、DMの印刷に入ると言う。
ふたりの文字も決まり、中央のてん刻の文字も決まったようだ。
葉書の紙質もなかなか良い感じで、活字の圧力をしっかりと受け止め
てくれる感触である。
野傍の泉池は阿部さんが書き、カタカナ表記のアイヌ語ヌプサムメムを
高臣さんが書いた。このふたりの文字を左右に配し、その真ん中に
酒井さんのてん刻文字が入るのである。
てん刻の文字は漢字で大気・木・水を表す三文字という。
さらにこの縦文字3列の中央にアルファベットで浮き文字が真横に
浮き上がる。
前回の吉増剛造展DMに負けない造りとなる。
DM全体のレイアウトは、前回と同じく河田雅文さんが目を通したという。
来週8日の阿部さん来札までには、凸版印刷のこの案内葉書が出来上
がる。
普通より遅れたが、13日からの清華亭外庭展、14日からのここでの
展示には何とか間に合うだろう。
来週は吉増さんの石狩河口来訪、阿部さんの来廊とエルムゾーンと
石狩と魂の交感が濃くなる。
左手首のギブスと水道管の凍結がこの熱い交感で早く解けると良い
のだが。

*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)「野傍の泉池(ヌプサムメム)」展
 2月14日(火)-19日(日)am11時ーpm7時。
*同上清華亭外庭展ー2月13日(月)-26日(日)
 am9時ーpm4時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-02-04 14:33 | Comments(0)


<< 海と山からの眼ー如月(5)      ライブ録音「冬の鏡」-如月(3) >>