人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 11日

冷え込むー睦月(5)

水道は落として帰ったが、やはり今朝は凍結。
暖房を点けしばらくしてから水が出る。
日中も零度以下の日。
空は晴れてキーンと鳴り渡りそう。
網走の漁師画家佐々木恒雄さんと電話で話す。
網走は猛吹雪で、家が埋まりそうと言う。
15日来札予定。
その時今年の展覧会日程を決断。
旭川の斎藤玄輔さんも、札幌の久野志乃さんも日程が決まらない。
今年のスタートは2月の阿部守×高臣大介展が、幕開けか。
九州福岡の鉄の造形作家阿部守さんと洞爺のガラス作家高臣大介さんの
野外展示も含めたふたり展は、2月初旬の予定だ。
白い雪の中で鉄と透明なガラスの造形が重なり合う。
野外展示場は緑の運河エルムゾーンに在る清華亭庭のエルムの巨樹の
周辺である。
テーマは「偕楽園・清華亭・鎮魂」。
かってここに湧き流れていたサクシコトニ川の源泉と、そこに広っていた
エルムの森の記憶を鎮魂するのが主題である。
雪に覆われたかっての泉池の周りに、土の記憶と水の記憶が阿部守の
鉄の造形と高臣大介のガラスによって再生される。
昨年暮吉増剛造さんと約4時間かけて歩いた緑の運河エルムゾーンの
ひとつの重要なポイントとなる場所でもある。
かってここに清らかな水が湧き、多くの鮭が遡上して来たと言う.
そこに明治天皇の休息所として清華亭が建立され、花屋敷とも呼ばれた
美しい場所だったと歴史は記す。
明治を代表する洋館時計台・豊平館はともに当初の場所から移転して、
現在地の保存されているが、この清華亭だけは当初の位置に建っていて
移動はしていない。
その為周囲の環境は大きく変わってきているが、旧偕楽園跡地・北大構内・
植物園・伊藤邸等の大きな敷地に囲まれて今もなおかっての面影を、偲ば
せる佇まいを遺しているのだ。
北大構内を流れるサクシコトニ川は、今は遠く西の藻岩山から水を供給して
きているが、本来はこの清華亭の泉池が源泉なのである。
その事を偲ばせるものは、偕楽園跡地の井頭龍神の祠があるだけとなった。
そしてこの清華亭に立つ一本のエルムの巨樹が、その事実を伝える生き証人
ともいえるのだ。
その巨樹を中心にして、土と水の再生を鎮魂する鉄とガラスの造形が展示さ
れる予定である。
見えない泉を再生し、その流れはこのテンポラリースペースの会場にまで、
稚魚となった鮭の子のように石狩の海を目指して、集結するのだ。
この場と空間が有機的に繋がる架行の行為。
それが今回の展示の目的主題である。
鉄の原点である火の記憶。ガラスの原点である火と水の記憶。
このふたつの素材の原点はともに土の中に在る。
そしてそこから、火の力によって水のように透明なガラスと強靭で柔軟な鉄
が生まれる。
阿部守さんの創る鉄は、土のように柔らかく暖かな包容力に満ちている。
高臣大介さんの創るガラスは、水のように透明で光を満たす。
このふたりの作品は、必ずやこの地の水と土の記憶を甦らせてくれる事だろう。

*阿部守×高臣大介展「偕楽園・清華亭・鎮魂」-2月初旬予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2012-01-11 14:23 | Comments(0)


<< さらに冷え込むー睦月(6)      冬の鏡ー睦月(4) >>