テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 03日

作品の磁場力ー秋冷秋水(16)

秋晴れが続く。
昨日午後ひょっこりと森本さんが、手押し旅行鞄を押しながら現れる。
最終便で東京へ行くという。
半年勤務して初の有給休暇とって、横浜ビエンナーレへ。
ここでの制作も完成させ、さらに見聞を広めに旅立つ。
そんな爽やかな顔だった。
卒業ー就職ー制作個展ー旅と何かが動いてこの半年が経過している。
住いも岩見沢の寮から実家の恵庭へ、そして札幌都心の勤務地へ通勤
と再びの故里にいる。
小さな範囲の移動のようだが、この時期の変化は大きなものがある。
生きてゆく拠り所の模索なのだ。
そうした時にエ・エン・イワとして故里・恵庭を見詰めた意味は大きい。
自ら再生した故里をこの場に置いて、旅立つ。
短い休暇だが大きな旅と思う。
今回制作された南窓に吊るされた死火山のような荒涼とした作品。
その作品を二度見に来て、来年予定した北欧への旅を止めると
言った人がいる。
この風景を見に行きたかった。でもこれを見たらもう行くのは止める。
そして自分の個展をする。そう、言った。
本当の旅とは、時間の長さでも距離の長さでもない。
凝縮したものは、深く遠い場合もある。
そういう内的凝縮した時間こそが、固い精神の幹の年輪となる。
旅とは、時として一番近い自らの内なる風景を確かめに行く事なのだ。
もし本当に北欧に行く事を断念し、自らの個展の実現が本当になるなら、
それは今回の森本さんの作品が開いた、内なる濃いひとつの極が放電
した作品磁場と思える。
その意味では、これら今回の作品たちの存在が作家を旅立たせ、他者に
は旅を断念させる、強い磁場を生んでいるのだ。
エ・エン・イワ、恐るべし。

一本の樹が梢を広げ天地四方の世界に触れるように、人間の感性の梢も
またグローバリズムとは無縁の、垂直軸から発する精神の解放があると
思える。
それは外側の開放ではなく、内から解き放つ、解放である。
作品とはそうした解放の放たれた種子のように、綿毛のように、
世界へと触れ飛び続けていく。

*森本めぐみ展「ものもつ子のこと」-11月8日(火)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2011-11-03 13:03 | Comments(0)


<< 火山と海の千尋ー秋冷秋水(17)      iwaという<山>ー秋冷秋水(15) >>