人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 26日

海に沿ってー弓張月(7)

予定した作家が順延になり、急遽収蔵品から「海」を主題に展示する。
やはり今回の大震災・原発事故の影響は、作家の作品制作過程にも
心の奥底で大きな影響を与えていると思える。
それがグループ展ではなく、個展であればなおの事、顕著である。
誰もが自分に今何が出来得るかと、問う現在がある。
特に普段の風景の中で日々進行している非日常。
それが日々新たな様相で現在進行形で現出しているからだ。
最近は食肉の問題が被爆地からはるか離れた場所に発生している。
見えない放射能汚染の忍び寄る影。
この影は、私たちの何の変哲も無い日常風景を視覚的にはそのままに
しながら、反転するネガ・非日常として現実を炙(あぶ)り出す。
見えない真実を表現しようとする作家たちが、先行する日常現実に実生活に
おいても、表現上においてもある焦燥感をもつとしたら、その事を批判する
事などとても今はできないと思える。
逆にそういう時だからこそ己の表現の根拠を見詰め、現実と自己との回路を
再構築すべき時と考える。
その立場は、画廊としても同じである。
展示する事で凝縮し放たれてゆく場は、ただ陳列するだけの空間・箱(box)
ではない。
作家とともに一種のトランス(函)空間として、共鳴し変化してゆく。
それが、temporary(一時の、仮の、しばらくの)空間が、con(ともに、全く)
としてconーtemporary(同時代)への志を共有するトランス(函)となる場へ
の意思なのだ。
画廊は、時に身体のようにして在る。
身体とは呼気と吸気の間を繋ぎ、生きる存在である。
人は、おぎやあ~と肺呼吸に切り替わる<呼気>で生まれ、息を引き取る
<吸気>で人生を終える。
小さな一瞬一瞬の呼気と吸気の間は、大きな生から死の間・人生でもある。
一時の空間はその小さな呼気吸気の間のように存在し、大きくはその呼気
吸気の間がひとつの人生であるように、ひとつの時代を生きる。
作家の展示とともに空間は束の間存在し、呼吸する。
その一時の時間は、小さな呼吸の時・身体の時間でもある筈なのだ。

今回展示の「海に沿って」は、上野憲男氏の作品「海の外側に沿って」
をメインにして、戸谷成雄の雷神一部、佐佐木方斎のシーリングボード、
佐々木徹のゴム布コラージュ、アキタヒデキの写真座礁船・石狩河口を
組み合わせ展示した。
上野憲男の優しい海の版画の周縁には、どうしてもあの被災地の津波の
海が重なる。
その心象を、それぞれ異なる時代の作家の所蔵作品を重ねて、現在を意思し
展示表現した積りである。
ここに縁あって収蔵品として残されたこれらの作品が、当初の展示とは別に、
新たなコンセプトで甦り、現在に発語する。
そのことを信じて展示した次第だ。

*「海に沿って」-7月26日(火)-8月14日(日)1m11時ーpm7時。
 月曜定休。
*及川恒平フォークライブ「まだあたたかい悲しみー其のⅣ」
 8月21日(日)午後5時半~予約2500円当日3000円。
*藤谷康晴展ー9月13日(火)-25日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax-11-737-5503

by kakiten | 2011-07-26 13:03 | Comments(0)


<< 蒸し暑く・・-弓張月(8)      飯館村ー弓張月(6) >>