人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 18日

人と人の間ーland・fall(21)

人と人の間を繋ぐもの。
その為の社会的インフラ装置が破断された時、人は最も直接的な行為として
人と人の間を繋ぐラデイカルな行為を見せる。
そのような無名の人たちの多くの行為が、被災地の連日の主役と思える。
一方で福島原子力発電所火災で連日報道される消火作業。
その光景に重なる風景は、かってあった路地の焚火の消火の素朴な風景
である。バケツで水をかけ火を消す。
煎じ詰めればそれと同じ行為を大規模に行なっているのだ。
本質的なもの、基底的なものが露出してせり上がって来ている。
人と人の間、つまり人間という無名にして共同的なものが市井の一個人の
直接行為として主役になり、大規模インフラ装置の根元にある素朴で
直接的なものが主体として顕われている。
そこにはほんの1週間前まで主役であった有名個人・名所の姿は見えない。
民主主義という言葉がもし文字通りの民を主とする意味であるならば、
今回の被災はすべてにおいて民という無名にして共同的なるものが主で
ある事を現実は伝えている。
人と人の間を繋ぐもの。
その為のさまざまな間接的増幅装置が破断されて、人は人と人の間をその最も
基底的な直接行為として実践している。
逆に言えばこの個々の為にこそ、大規模インフラ装置もあるという本来の事実
を生活現実として体験しつつあるのだ。
ひとりひとりの人間的な無名にして共同的なものが、増幅機能操作を経ず
ファインな輝きを保って直接垣間見られる事を、今は素直に信じたい。
人と人の間を繋ぐもの。
つまりは人間というものの存在を、他者と自分・自分と他者を繋ぐ回路の、
その無名にしてラデイカル共同体の位相を地場として位置付ける事。
そこを基底にして人間社会が再生する事。
そしてその最も純粋な結晶体である文化・芸術の根も、
そこを磁場として存在する事。

*テンポラリースペースアーカイブス「記憶と現在」展ー3月15日(火)-25日(金)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平フォークライブ「まだあたたかい悲しみその2」-3月27日(日)
 午後4時~予約2500円・当日3000円。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2011-03-18 12:31 | Comments(0)


<< それぞれの現場ーland・fa...      小さな火・大きな火ーland・... >>