人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 05日

黒曜石の矢じりー螺旋する時間(12)

彫刻家の岡部亮さんが、今は亡き江差のお祖父さんがコレクシヨンして
おられた黒曜石の一部を持参してくれる。
矢じりである。
薄く研ぎ澄まされた黒曜石の刃先が、不思議な透明感を保っている。
その加工された小さな破片のような黒曜石の数々を、食い入るように
高臣さんが魅入っている。
そしてガラスの窓に直接貼り付け、光を透してさらにその透明感を
確認するかのように凝視している。
その姿を見ていてやはり専門家は違うなあと思った。
そしてふと思った。
高臣さんのガラスは無色透明である。
しかし自然の黒曜石のガラスには、黒や灰色時に赤の色が潜んでいる。
巧まずして色がある。
とすれば無色透明というのも、実は巧みの為せる色である。
色をつけようとして、自然のガラスに色がある訳ではない。
色があるのも自然なのだ。
無色透明というのも色彩の技と思い当たる。
その事を感じていたのかどうかは分からないが、黒く透明な黒曜石を
集中して魅入っている高臣さんの視線の先には、そうした色の発見が
あったかのように私には感じられた。
最初に見た黒曜石が、加工された祭祀や狩に使われた道具だった事
も職人である高臣さんには良かったのではないかと思える。

昨日予感した通りこの日から体調も回復し気持全開で、夜は自然と
多くの人が集まり宴会となる。
今日は宇田川洋さんの所で、黒曜石の原石を見るのが楽しみである。

*高臣大介ガラス展「雪調(ゆきしらべ)」-2月6日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2011-02-05 13:07 | Comments(0)


<< 黒曜石の原石ー螺旋する時間(13)      雪が融けてー螺旋する時間(11) >>