人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 18日

風邪・発送ー同時代の森(19)

年末年始通して続いた野上裕之展が終わり、
ほっとして疲れが出たのか、咳が激しく出る。
風邪気味のようだ。
最終日の夜は、Nくん、Aさん、Mさん、Yくんが来て作品との名残りを
惜しんでいた。
尾道の野上さんに電話を入れ、4人と替わる。
会いたかった人ばかりと野上さんは喜んでいた。
翌定休日は区役所に所用で出かけ、帰りにDP屋さんで写真の現像を取りに
寄り、カフエエスキスに立ち寄る。
寒気がして咳が止まらず早々と家に帰宅し寝る。
今日は昼頃から尾道への発送と売れた作品の仕分け・片付けをする。
夕方まで晴れていた天気が、ふたたび雪模様となる。
昔から頼んでいるF通運はすぐに集荷に来てくれ無事発送も終る。
広島県が本社のF通運は、関西から南に強く九州の阿部守さんの時も
この運送会社に頼むのだ。

シンプルな構成の中に深い志を秘めた野上裕之展は、従来の作品の殻を
一歩破った記念すべき個展であったと思う。
なによりも「i・NU」に象徴される生活日常に根ざした、立つ姿勢の彫刻は
従来の野上作品には見られなかった、垂直な眼差しの磁場を造った。
この垂直な眼差しの立つ、日常磁場の深化こそが、次なる展開を問うている。
東奔西走の横軸ではなく、現実の垂直なる縦軸の深化こそが今問われる
真のリアルである。
南北の磁場を抜きに東西に浮浪する物流のグローバル社会と対峙し、
尾道・一船大工の軸心から間断無くその眼差しを発信して欲しい。
今年の年末、また新たなそして継続された志の炎の彫刻を、
みんなで待っている。

*川俣正アーカイブス展「テトラハウス・326」-1月21日(金)-28日(金)
 am11時ーpm7時。
*高臣大介ガラス展「雪調(ゆきしらべ)」-2月1日(火)ー6日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2011-01-18 17:05 | Comments(0)


<< 不安な発送ー同時代の森(20)      野上裕之展最終日ー同時代の森(18) >>