人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 02日

京都・大阪の人ー谷口顕一郎展(14)

京都から橘内光則さんが来る。
谷口さんの大学同期の友人である。
京都の企業に勤務しながら、こつこつと絵画を続けている。
昨年の大阪展にも来て、その時南なつさんとも会っている。
それ以来南さんは彼の絵を自宅まで見に行き評価しているのだ。
橘内さんとは今年夏の帰省時にもお会いしているが、
南さん、谷口さんとともに会うのは、大阪の谷口展以来である。
現代短歌の山田航さん、森本めぐみさんも来て賑やかになる。
山田さんは、次回昆テンポラリー展出品の新作短歌8首を持参。
その場でみんなで回覧する。その後沈黙が支配した。
秀作なのだ。それぞれの読後の思いが沈黙を生んだのだ。
閉廊後宇田川さんの居酒屋へ行く。
関西から来た南、橘内両名の歓迎会である。
お酒も進んだ頃、電話が入りK大1年の瀬戸くんが近くまで来ている
と連絡がある。彼はソニーローリンズのライブを聞く為札幌に来て
いて、昼顔を出していた。
程なく谷口、橘内、森本さんの新しい後輩も加わり、宴は盛り
上がった。
瀬戸くんが来て席を移動し、彩さんの傍に座った谷口さんは途端に
めろめろで、部屋の温度が急に上がったなあと、宇田川さんが
冷やかした。
新旧の友人、知人が入り混じって愉快な夜が深ける。
ケンとアヤの入籍、新作発表。
新旧の友人・知人に囲まれてふたりは、新たな船出、新たな故郷の
誕生のように、彼らの札幌をこの日も刻んだのである。

*谷口顕一郎展「凹みスタデイ#19」-10月3日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*昆テンポラリー展「札幌の昆虫を素材にして」
 -10月112日(火)ー24日(日)
:谷口顕一郎・森本めぐみ・河田雅文・山田航・文月悠光。
 :素材提供・木野田君公氏「札幌の昆虫」(北大出版)より。
 ・企画・熊谷直樹。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-10-02 14:41 | Comments(0)


<< 新解体新書ー谷口顕一郎展(15)      夏のひとー谷口顕一郎展(13) >>