テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 16日

谷口夫妻来るーハルニレの羽(29)

入籍を終えた谷口顕一郎・彩子夫妻(!!)が来る。
そして入籍後初の共同作業、個展準備に入る。
「札幌・緑の運河エルムゾーンを守る会」の署名もふたりにしてもらう。
まだ間違えて山本と書きそうだわ、と彩さんが照れたような嬉しそうな
表情を見せる。
谷口顕一郎さんは、幼少期北大の池でよく遊んでいたという。
その池が植物園ー伊藤邸ー清華亭と繋がることに、感動したようだ。
ケンちゃん夫妻が来た所為か、足の痛みが消える。
湿布も効いたのだろうか。
今日も精力的にふたりで会場準備にかかる。
先ず奥の部屋のもろもろの余分な物を排除する。
飾られた作品以外の使えなくなった冷蔵庫、コンパネ、その他もろもろ
を隅がすっきりするように、片づけ処分する。
これで奥の部屋もさらに数多の資料とともに見易く、居心地が良くなる
だろう。
作品のメインは、オランダ・ロッテルダムで作成した最新作ということである。
その外資料類、凹みマップ等が2階回廊に展示予定だ。
まなじりが上がって、気合の入り方が伝わってくる。
ベルリンでの共同生活から、今晴れて入籍を果たしたふたりの初の
札幌での共同作業を通した展示は、こうしていよいよ始ったのだ。
空間まるごとリニュアルする勢いがふたりから感じられ、
勇気とエネルギーを貰う感がする。

*谷口顕一郎展「凹みスタデイー♯19」-9月21日(火)-10月3日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休・休廊。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2010-09-16 12:44 | Comments(0)


<< 森の中でーハルニレの羽(30)      膝の痛みーハルニレの羽(28) >>