人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 31日

赤子と草原ー森の記憶(21)

唐牛幸史展一週目週末、快晴。
この時期の日照時間の不足記録塗り替え。12年ぶりという。
2階南側回廊の土から勢い良く緑の芽が伸びている。
まるで、たくさんの描線のように窓に向かっている。
これは草原だな、とふと思った。
唐牛さんの生まれた月寒の台地。
かって草原が広がっていたと聞く。
この頃少年唐牛幸史は、一日中草原を走り回りお腹が空いたら草の実を
食べ、小川の水を飲んでいたという。
1960年代生まれの唐牛さんの少年時代である。
僅か40年程前の風景なのだ。
月寒はアイヌ語で(チ・キサ・プ:われわれが・木を擦って・火を出した・ところ)。
チ・キサ・ニ(我ら・擦る・木)は、ハルニレ、エルムの事である。
月寒はハルニレが多く生えていた所でもあったのだろう。
そのハルニレと草原の月寒の記憶を、このインスタレーシヨンは潜めている。
黒土に添えられた赤子の塑像は、唐牛さん自身の出生の投影でもあるだろう。
さらに私的にいえば、月寒とエルムの関係性が、さらなるメッセージとして
送られているのを感じるのである。
この間エルムの声が次々と届く。
札幌・緑の運河エルムゾーンを守れ!
その励ましの声でもあるのかも知れない。

*唐牛幸史展「REPUBLIC」-7月27日(火)-8月15日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休・休廊。
*西田卓司展「ワーキングフロー」-8月24日(火)-9月12日(日)
*谷口顕一郎展ー9月21日(火)-10月3日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-07-31 12:36 | Comments(0)


<< 雨の日曜日ー森の記憶(22)      梅雨の合間ー森の記憶(20) >>