人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 30日

白い壁ー青き繁みに(1)

藤谷康晴さんが来て、吹き抜け壁の作品を消去する。
こうして彼の札幌発表最後の作品はこの壁で生まれ、
この壁に塗り篭められ消えた事になる。
私には心なしか、彼の顔が柔らかに見える。
終了後あまり言葉も交わさず、しばらく珈琲を飲み別れた。
音楽は、高臣大介さん愛聴の「STARTING OVER+エレフアントカシマシ」
♪さあ~頑張ろうぜ!と声が流れていた。
ロックは珍しいね、と藤谷さんが呟いていた。
壁にペンキを塗っている間、ケンちゃんの置いていったハイローズを流していた。
何故かこの日はロックだなあと思ったのだ。
サウンドとともに、言葉に元気があるからだ。
5月21日から始る大阪A&ADギヤラリーでの個展への門出である。
4年前テンポラリーとともに始まり、この札幌を出て行く門出である。
ふたつのスタートとしてこの場があった事を、誰よりも我々は理解していた。
だから札幌最後の作品が壁に直に描かれ、永遠にこの場に塗り篭められ
た事実も、無言と同じ意味があるのだ。
私は知っている限りの大阪・京都の友人・知人の住所を記し、彼に渡した。
未知の土地、未知の人たちに全力で作品を差し出すが良い。
春、旅立ちである。

濡れた地面がひたひたと音を立てる。
寒からず小雨。
朝、琴似街道を抜け円山へ。
古い街道の道幅が心地よい。
往時には馬車と人が行き交った道である。
南円山公設市場、通称なんまるに寄る。
野菜が豊富で、地物が多い。珍味もここ独自の仕入れルートが揃っている。
何を買う訳でもなく、季節を感じて一周する。
ここからさらに道は伸びて、もうひとつの市場、円山市場へと繋がるのだが、
そこはもう最近閉じてしまった。
市場を繋ぐ街道は市場を喪い、さらに寂れている。
地下鉄駅が主役となり、マダムやレデーイが集う円山クラスという名の
ショピングセンターが出来ている。
Class-階級・等級。
円山classとは、多分上級階層を暗黙に示唆するのだろう。
市場がクラスになり、なにが変わったのか。
歩く道から、車の道へ。それだけは間違いない。
もし近代と現代の界(さかい)があるとしたなら、そこには間違いもなく
車の存在がある。車とは同時にガソリン・石油エネルギーの事でもある。
馬力から石油力へ。
インフラとしては進歩であり、発展なのだが、そこで喪失していくものは
なんと人間的で固有性に満ちた世界であるのか。
道も物も人も、地物の土の顔をしているから。
円山村が円山クラスとなって、タワー系のマンシヨン群の街となり、
市場が消え、街道も忘れられた寂れた路地となった。
道の界(さかい)は消え、街道は朽ち、消去されてゆく。
利便性万能の量数収納ビル群が空を直線で覆い、
界(さかい)は線引きとなる。
クラスで分離されるのだ。
しかし忘れてはならない。
白く塗り篭められた見えない沈黙が、この街、道にも存在する事を。

我々ができ得る唯一の事は、その記憶を奪還する事である。
これは懐古ではない。回顧でもない。
それは見えない界(さかい)を、時間の保水力として満たす事である。
その事においてしか、産業経済軸の過剰なるインフラに対峙する軸心はない。

藤谷康晴さんの遺した白い壁に向かい、そんな事を思っていた。

*「交差線」4人展ー5月18日(火)-23日(日)
*阿部守展ー6月1日(火)-13日(日)
*西牧浩一展ー6月18日(金)-20日(日)
*「三角写場(仮題)」3人展ー6月22日(火)-7月4日(日)
*イシマルアキコ展ー7月6日(火)-11日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2010-04-30 13:57 | Comments(2)
Commented by 千代 at 2010-05-01 23:58 x
私も丸山クラスって嫌な感じの名前だなぁと思っていました。
先日旅行から帰ってきて、改めて札幌のよさを実感しました。
Commented by kakiten at 2010-05-02 12:52 x
千代さん>丸山でなく円山です・・。でも丸山の方がいいかも。
庶民的でね。京都の円山公園を模したといいますから
いつの時代もそういう場所なのかもしれませんね。
ただ山自体は固有の自然を保っている貴重な文化遺産
と思います。


<< 「撓む指は羽根」の再生ー青き繁...      濃き紅(くれない)やー早春賦(21) >>