人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 31日

飛んだ風船ー’Round midnight(27)

時間が経つと風船の調節が要る。
錘を軽くしたり、重くしたり。
高さの調節が会場のゆらゆらの風景を変える。
雅さんが来て風船の調節をしていた時、外は強風だつた。
外の看板の紙が風に煽られ、飛びそうになっていたので、
戸を開けて直しに出た。
その隙間から一瞬にして2個の風船が外へ飛び出す。
風船はあっという間に空高く舞い上がり、彼方へと消えていった。
魂が空へ召されたのよ、と斎藤さんが呟く。
今回の隠されたテーマ、お父さんへの追悼が図らずも実現した瞬間
だったのかもしれない。
見えない空気の流れが、時と同じように漂っていて、朝来ると上の方に
ふたつが寄り添い二階の窓際に居たりする。
まるで仲良く肩を並べているかのようだ。
一番最初に浮かべた一個の風船だけが、何故かいつも中心に居る。
こいつが、初日奥の部屋の私の定席に鎮座していた奴である。
一週間近く一緒に暮らしていると、風船にも個性があるかのようである。
ヘリウムガスの微妙な気圧によってそれぞれの浮き方が違う。
午後の光で、南窓際から見る風景が綺麗である。
西側入り口ガラス戸からの光と、何もない白い壁が透明な影を漂わすからだ。
10月も最終日、天気予報にも雪だるまのマークが載りだした。
週明けには街にも初雪予報。
紅葉に白い雪の競演が見られるかも知れない。
雪翳札幌。冬の年。

*斎藤沙智子展「明日への自由」-11月1日(日)まで。am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2009-10-31 11:48 | Comments(0)


<< 暗い日曜日ーkind of b...      訪ねて来る音ー’Round m... >>