人気ブログランキング | 話題のタグを見る

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 09日

岸辺の表情(2)-さっぽろ川を歩く

さっぽろ漂流の原点となった鴨々川の旧水門幌平橋デルタゾーンからもう一度
歩く。道議会議長公宅、連合事務所、宗教団体の建物、空き倉庫、マンシヨン
と5棟の建物がこのデルタゾーンのすべてである。東に豊平川と堤防南西に鴨々
川、北には幌平橋の中の島への道路と囲まれ三角地帯となっていて閉じられた
空間である。この豊平川と鴨々川の接点こそが幻の大河さっぽろ川の多分唯一
の痕跡である。ここから都心の市街地は、地質図上扇状地堆積物の樺茶色と
自然堤防堆積物の薄緑色が北東部に拡がる。再び白く蛇行する旧さっぽろ川
が現れるのは東区の伏古の地図の上だ。アイヌ語の古いを表すフシコが伏古
あるいは伏篭となってその下のさっぽろは省略され伏古川となっているが、地質
図に彩られている薄緑の自然堤防の厚さは正しくかっての大河を想起させるの
に充分のものだ。現在の豊平川の比ではない。さっぽろ川が氾濫し支流の豊平
川が主流になったのは1800年頃と言われている。しかしその伏流水はサッポロ
ビールや帝国製麻等で使う道庁の東前方に設営された官営工場の為に大量の
水を地下から常時提供したに違いない。川は見えなくても流れていたのだ。
今都心の市街地にその面影をみることは不可能だが、鴨々川の流れの始まる
重要なポイントに<官>の象徴である道議会議長公邸があるのは象徴的な事だ
。今なら考えられない場所の設定である。開拓初期からきっとここは重要な場所だ
ったのだろう。そして鴨々川の流れる流域は当時の国家神道の治める場所でも
った。そこからあらためて東区の本竜寺まで直線に切り換えられた人工の堀創
成川沿いを経て歩く。創成川はその名の通り創ー新しく創った川、新川である
。ここは今アンダーパス化事業とかで水源の鴨々川をせき止め工事中でさらに
殺風景になっていた。おまけにこの日はミゾレ交じりの雪風でなんとも侘しかった
。創成川ルネッサンスという文化運動があってその提案がこのアンダーパス化
につながっているが本当のルネッサンスは伏古川でしょうと思う。文化が政治と
経済に寄り添って公共事業の手助けをしている札幌ドームのアートグローブと
同じ系統のパブリック文化がここにもある。パブリックワーク内アートとか文化
といった方が正確である。古いものが蘇えるのがルネッサンスで新川がなぜ
ルネッサンスなのだろう。言葉が仰々しく創成だからでしょうか。その創成川の
元を創った大友亀太郎のお寺本竜寺とその役宅跡札幌村郷土資料館まで歩き
再度のさっぽろ川歩きを終えた。深く閉じた根っこのデルタゾーン。直線の市街地
の原点でもある創成川。そして再びパラトー石狩へと開かれる伏篭川の岸辺は
湿った春の雪風の中にあった。

by kakiten | 2006-03-09 14:16 | Comments(0)


<< 石狩河口まで行ったー岸辺の表情(3)      岸辺の表情ー岩手からロクさんが来た >>