人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 08日

テトラハウス326-夢の中径(5)

Aくんの失職、Kさんの不調と重なり、予定の展覧会が延びた為、
常々考えていた川俣正のアーカイブ展を実行する事にした。
静かな住宅街の一角、突如として家が一軒木材で梱包される。
周囲の住人も巻き込み、巨大なオブジェが出現し、
そこをねぐらに人が多数出入りする。
インスタレーシヨンという言葉がまだ珍しかった’83年の8月の事である。
近くではマンシヨン建設で正に本当の仮設工事が行われていて、ある時期
目的の違うふたつの建設物は、同じ外観を見せたのだった。
一方は本体を建設する為の仮設の足場であり、一方は仮設そのものが目的で
ある。用と不用の行為が象徴的に交錯した時である。
角地に立つ三角形の空家を借り、その建物全体を内も外も、丸太や木材が自在
に包み、貫通していく。
それは一種不可思議な、日常空間に出現したUFOのような存在だった。
住いとしてあるべき存在が、非日常として日常化して存在したからである。
多くの学生たちが協力し、近隣の人たちも毎日そこを見上げ、道外からも多くの人
が訪れた。写真家の安斎重男、陶芸家の川口淳、雑誌「ぴあ」の村田真。
造る過程と、出来上がった後の溜まり場的宿場状況と、この作品物は40日間に
渡りそこに存在したのである。
この間の記録は写真家曾我恵介氏により詳細に記録され、今手元にある。
また、映像として真鍋庵氏のヴィデオで記録され、手元にある。
さらにその年12月、翌年5月と二回にわたり発刊された記録誌には、その後の
この界隈の余波がドキュメントされている。
この普通の住宅街に出現したUFOのようなものは、その後関った人たちの
人生をも大きく変えていったのである。
家の持ち主は、その後カフエと展示フリースペースへと改装し、幾多のアーテイスト
の拠点へと変貌した。竹林精舎という名で親しまれたが、バブルの後大きく人生を
転換し、今は何処にいるかすら分からない。
ただその航跡だけは、知る人ぞ知る場として、今も記憶に残る場所だったのだ。
参加した若い作家志望の学生たちは、以後専攻していた学部を変え現代美術へ
と大学を変更し今も活躍している人もいる。
静かだった住宅街は、その後様々なアートイベントの街角として、住宅と共存しな
がら展開していくのだが、円山地域の急速な高層ビル化の波に沈みいまはその
面影はない。
川俣正自身はその後、国際的にも著名な現代美術家として世界にはばたくのだが
、この時のドキュメントを英訳した資料が大きな財産として礎になっていくのである。
レジデンス事業が今ほど一般化していなかった時代の、手造りの原点のような仕事
としてこの川俣正テトラハウス326プロジェクトは記憶されるのである。
私自身このプロジェクトの中心にいた事で、アートと街の関係性に目覚めたと思え
る。ルフト626、テトラ326と続いた地域との点を線として繋ぎ、さっぽろ、石狩へと
そのフールードワークは続いていくからだ。
北6条西26丁目にあった倉庫(ルフト626)。
北3条西26丁目にあった民家(テトラ326)。そこを繋ぐ暗渠の川と自分自身の
位置を磁場として、世界は広がっていったからである。
川俣正という美術の爆弾が、日常の閉鎖空間を爆破し、見えない日常を新鮮に切
り開いたともいえる。
非実用の芸術・文化が、実用一辺倒の日常の衣装を剥ぎ、もうひとつの日常を
軸心として提示したとも思える。
そんな風に美術を生活の現場で感じた事はそれまで私には無かったのだ。
絵として見、彫刻として見、感性のままに見ていたのは言わば額縁の中の飛翔で
あった。美術館という枠の中での出来事であり、本の中での鑑賞でもあった。
それまでのそうした経験から、この出来事は文字通り枠を超えていたのだ。
日常の一部が開口し、触り、汗を流し、人とそこで会い、酒を飲み、時に寝泊りす
る場だったからである。
これらの記憶・記録を今回あらためて新鮮な気持ちで展示して見たい。
それは、自分自身の原点と向き合う事のひとつでもあり、
時雨(しぐれ)てギヤラリー業を営む志の土壌でもある。

*川俣正アーカイブ「テトラハウス326」記録展ー5月12日(火)ー24日(日)
 am11時ーpm7時・月曜定休・休廊
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2009-05-08 12:52 | Comments(2)
Commented by taku 25:00 at 2009-05-08 14:14 x
常々考えられていたことの、良い機会かと思います。個人的には、
世代論は抜きにしても、80年代に起こったことの再考だと、
思っております。
Commented by kakiten at 2009-05-08 16:22
takuさん>そうですね、世代論ではなく同時代論と思います。
その事は、その当時においても近隣の方たちとの関係性において
同じで”オブジェだねえ”と近くの老人は、面白がっていましたから。
真鍋氏の撮ったヴィデオにそれらが記録されております。
体養生してまたお見え下さい。


<< 進行中(仮設的)ー夢の中径(6)      夢よ 叫べー夢の中径(4) >>