人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 29日

芽吹くー弥生・三月(25)

フキノトウの緑の頭を見る。冬の果て。腐れ雪。
地表の風はまだ冷たいが、地中は確実に暖かさを増しているのだろう。
金曜日で終った小林由佳展の後、少しの休息期間。
今日は及川恒平さんのライブ。
明日から佐佐木方斎展まで、少し自分を見詰める時間を保ちたい。
鮮烈な沖縄初旅。そこで感じた南の磁力、そして北の磁力。
正反対に位置しながら、引き合う力を考える。
東西の広がりではなく、反発し合い、引き合う磁力。そこに生まれる磁場。
ここまで書いて気付くのだ。
東西は広がり、南北は垂直に深まる。軸心。
豊平ヨシオさんとの友情を通して今そう感じている。
佐々木恒雄さんのオホーツクブルー。豊平さんの沖縄ブルー。
閉じる青と、開かれる青。深く閉じるから深く開き、深く開くから深く閉じるのだ。
その本質的行為において、ふたつの青は通底している。
南の明るく透明な青が、深く抱え込んでいた亀裂。
北の冷たい青が、深く抱きしめていた解放。
青もまた、深く閉じ深く開く。
生きる事の深度において、ふたつの青は磁場を創る。
珊瑚礁の育む青。流氷の育む青。
この正反対の青が、私を引き寄せ弓なりに列島を疾走させる。
今、2月・如月(きさらぎ)の夢を思っている。
青い磁石のように南北を貫き、北は北の磁心足り得たい。
そう痛切に思うのだ。
及川恒平の声の北もまた、その磁心の内にある。

*及川恒平フォークライブ「はざまの街にて」-3月29日(日)午後3時~
 入場料3000円・予約2500円。
*佐佐木方斎展「メタレリーフ」-4月7日(火)-17日(金)
*熊谷榧展(予定)ー4月21日(火)-5月3日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2009-03-29 13:07 | Comments(0)


<< 歩き深めるー歩行の縦軸(1)      酔うー弥生・三月(24) >>