人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 25日

漂流するー弥生・三月(21)

昨夜寝る前に濃い目のお茶を飲んだ所為か不眠。
眼が冴え頭の中を想念が漂流する。
寝不足気味で今朝は不調。
心閉じる時もある。心開く時もある。まして、人は人それぞれの時がある。
小林由佳展もあと三日。今週小林さんは、十勝の彼のもとへまっしぐら。
先週絵を描き終え、何かが弾けたのだろう。
本を開いたような、真中に折り目のある写真。水に映るモノクロームな風景。
そこからふっと思い立つように色彩が生まれ、漂い、開いた。
写真が自己凝視であるなら、絵は自己解放でもあったろうか。
彼の住む十勝へと揺れる心の振幅のまま、今固有の時間を作品は顕している。
マリッジブルーというのがあるのと、誰かが言った。
男に解らないものもある。
ただ人が閉じ、開くのを見る。
私は寝不足、不眠ブルー。
石田さん、岡部さんの心開く便りの後に、どこか疲れの澱(おり)が溜まっている。
日常の逆襲である。
こんな日は歩きたい。自転車でもいい。
昨日来た中嶋幸治さん情報では、まだエルムトンネルの上は雪で駄目。
両足上げて綱渡りのように乗ってみようか。
あそこさえ越えればあとは大丈夫。もう路面は黒々。
頭の疲れを身体の疲れに転化する。それが必要である。
円山の斜面も大分黒々と木々が見えてきた。
その黒い森にキタコブシの白が見え出し、地上に福寿草の黄色が腐れ雪の間か
ら顔を出すのも、もうすぐである。
スプリングブルー。春の前の変わり目。そうか、マリッジブルーもまたそんな憂鬱
か。

*小林由佳展「ソノサキニシルコト。」-3月27日(金)まで。
 am11時ーpm7時
*及川恒平フォークライブ「はざまの街にて」-3月29日(日)午後3時~
 入場料3000円・予約2500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

       

by kakiten | 2009-03-25 12:06 | Comments(0)


<< 見るー弥生・三月(22)      交信するー弥生・三月(20) >>