人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 01日

野上裕之展最終日ー弥生・三月

野上裕之展最終日。晴れた冬の陽射しが壁の鉛の作品に光る。
切れ切れの光の破片が、雪の反射と呼応している。
冬。さっぽろ。三月。白い乱反射。
あの南の島の豊かな色彩は何処にもない。
空の青、海の青にすっと亀裂を入れる事ができたら。
何年も前に沖縄を訪ねた友人に豊平さんが話していたという。
そのひとすじ、ふたすじの亀裂の哀しみを思っている。
その哀しみの深さに、北の私たちはどう応えるのか。
ただただ自己の生の深部において、見詰め受け入れようと思う事しかできない。
野上裕之さんのさっぽろ最後の仕事、
今その前にこうして立っていると、
北は北のそれぞれの哀(あい)があるのだと、心に思う。
冬の朝の光がそう告げていると思えた。
K大生のOくんこと、岡部健司さんからメールが入っていた。
哀の共有としかいえない友情である。
時間・世代・地域この境を超えて、間違いもなく弥生三月、
今日出会っている事実がある。
まだまだ言葉に置き換えることができない言葉が、
勝手に心の中を彷徨っている。
優れたふたりの仕事を前にして、花の香も漂わず、
雲も紫ならず、荒ぶる雪の弥生三月。
微かに疲労の昂ぶりの内に、言葉はない。

*野上裕之展「i」-3月1日(日)まで。
*佐々木恒雄展「本日ノ庭」-3月3日(火)-15日(日)
 14日(土)は作家結婚式で臨時休廊
*小林由佳展「ソノサキニシルコト」-3月17日(火)-22日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2009-03-01 14:46 | Comments(0)


<< 恋するー弥生・三月(2)      kamuyの島ー如月(きさらぎ... >>