人気ブログランキング |

テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 04日

アメリカンドリームー如月(きさらぎ)の夢(3)

若いとき当時アメリカのデイトンにあったNCRの本社に講習で行った事がある。
MMMという市場マネージメントの講座で、アメリカ中のショッピングセンターを
視察し講義を受けるツアーだった。その頃は札幌にも新たなテナントビルが多く
造られその経営の勉強の為だった。まだ青年実業家の立場にあった時だ。
ここで見たアメリカは、ショッピングセンターというひとつの切り口から入ったので
、総花的で観光的なアメリカではなかった。
物質主義がロマンだったアメリカの夢のダイナミックさを感じたのだ。
食いパグレた多くの国から移住してきた一旗組みの、豊かな生活へのロマンが
脈々と息づいていた。貧困と飢餓が生む豊かな物への理想がエネルギーとして
感じられた。アメリカンドリームとは正にその貧困からの脱出のエネルギーだった
。多くのテナントを擁するショッピングセンターの建設も、アメリカならではのそうし
たダイナミックな軌跡と思えた。いわゆる都心の商店街を一気に郊外に消費機能
だけを抽出して組み立てかえるのである。消費という物質・物品への貪欲なまで
のロマンがそこにはあった。講座の講師はMMMの意味を、にゃりと笑って冗談
ぽく、<メイク モア マネー>と言った。本来はマーケット、マネージメント何とか
の略だったが、この駄洒落に本音が感じられたのを思い出す。
物質主義が理想でロマンだった多民族国家アメリカには、貧困と飢餓の大前提が
ある。その貧困と飢餓から、デイズニーというエンターティメントの天才は、デイズ
ニーランドという国を創った。貧しい時代の家の鼠や鵞鳥を主人公にしてデイズニ
ーお馴染みのキャラクターが創造される。そして、過去に求められない国の神話
を、ランドとして具現化する。未来の国、冒険の国・・。それらすべてを包含するロ
マンの国が、デイズニーランドである。
この<ランド>の構造と、ショッピングセンターの構造は同じものに思えた。
デパート、専門店、スーパー等それら消費の様々な形態をひとつの敷地に再構
成し、高さを地上2階に抑え、モールと呼ばれる遊歩道で繋ぎ、傍らには人工の
川が流れている。これも買い物の遊園地、消費のランドなのだった。
産まれた国を捨て、過去を喪失した飢餓・貧困の棄民が新たに国を再生し創る。
過去に求められぬ神話、貧困と飢餓の過去を物の豊かさで再構成し再生する。
この理想、ロマンのエネルギーこそがアメリカの夢そのものである。
しかし、その飢餓感・貧困が薄く薄弱になった時、物質が生む夢は褪せてモノだけ
が主流となる。ロマン・理想の消えた物質主義が全面に出てくる。それが、私の感
じたふたつの側面を保つアメリカであった。
フロンテイア精神とは、物の豊かさに憧れるヤッタルゼ精神、飢餓と貧困のロマン
でもある。開拓という上から押し付ける余裕のない、下からの豊かさへの上昇志向
の理想・ロマンなのだ。北海道で語られる明治政府の上からの開拓とは根本にお
いて異なる、貧しい棄民たちの夢がフロンテイアなのである。
翻ってこの貧しい棄民の飢餓・貧困のロマンを喪えば、モノは只のモノ、物欲主義
メイクモアマネーの世界となる。現代のアメリカはそうした状況にある。
デイズニーがそうであったように、彼の創ったランドが単なる遊園地ではなく固有の
夢の形として存在し続ける為には、根っこにアメリカに集った多種民族の夢・その
飢餓・貧困があるからである。
現実と対峙する生活の困難、そして理想・夢その事を抜きにデイズニーランドの固
有性は存せず、この事はそのまま現代アートの根幹を作家に問うものでもある。
一見物質的に豊かになったかに見える現代において、その裏で進行している飢餓
・貧困を見据えず単なる物質主義の虜となつたハウツー文化とは、現代アメリカの
病根に犯された現状そのものと言っていい。
豊かな物への渇望からすら理想・ロマンは生まれ得る。真に精神的な地点で今こ
そその事が問われる。本当に便利で豊かなのか、超大国アメリカの過去現在は正
に我々にその事を問うのだ。美術・芸術・文化の根幹は、その事と決して無縁では
ない。

*高臣大介冬のガラス展ー「gla_gla CANDLE show」-2月8日(日)まで。
 pm1時ーpm9時
*佐藤義光花個展「別世界」-2月10日(火)-15日(日)
*野上裕之彫刻展ー2月17日(火)-22日(日)
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503

by kakiten | 2009-02-04 14:29 | Comments(0)


<< 現代のナイチンゲールー如月(き...      artとartsー如月(きさら... >>