テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 15日

佐々木恒雄展始まるー時代というランド(9)

五年ぶりのテンポラリースペース個展。
父上の稼業を継ぐと決意して、故郷網走へ。
その時の初々しい朝の番屋風景、朝日浴びる出漁の絵は今も鮮明に思い出す。
今回は働く仲間や船上の風景ではなく、仕事を取り巻く海を見詰めている
絵が印象的である。
波の無心な動きと光の交叉が丹念に描かれているからだ。
同時に札幌時代のラップ仲間、22歳で夭折した友人村岸宏昭の自転車姿等の
佐々木の青春時代、都会で交流した都市感覚の絵も同時に出品されている。
海を職場とする漁師の自然環境、青春時代を送った都会の時代環境。
このふたつの大きな人間を取り巻く状況が、ここには素直に表現されていて、
普段我々都会人が忘れがちな自然という、社会環境を超えた目線が同時に
共存して絵画化されている。
都市化が進めば進む程日常から離れていく自然。
佐々木恒雄には、職業としてそれは日常に分かち難く存在している。
海の波を丹念に描いた青や赤の作品には、彼の日常の呼気吸気が息づいている。

私はこれらの絵を見ながら、ふっと沖縄に生きる豊平ヨシオの画業を思い出す。
沖縄の社会的環境も自然環境もより凝縮されて、あの青と亀裂の絵画があった。
基地と観光という社会的与件と自然。
サンゴ礁に囲まれさらに遠く広がる青と藍色の海。
そして日本全体の7割を占める米軍基地。
社会環境の基地と美しく時として荒々しい海という自然が間近に併存している
南の島。
北の海と南の海を取り巻く社会と自然。
そのふたつの海を、何時の間にか問う自分がいたのだ。
そして日常生活を社会的インフラに囲い込まれ、異常気象の天災時にしか自然
を意識化しないで日常を過ごしている多くの我々。
オホーツクの荒々しい海に生きる佐々木恒雄と沖縄の厳しい社会環境に生きる
豊平ヨシオの保つふたりの海に、私たちが日々喪いつつある自然と時代・社会
に囲繞された人間の海の在り場所を問い、ふたりの画業を見続けていきたいと思う。

*佐々木恒雄展「sign」-1月20日まで。
 AM11時ーPM7時
*‘高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日
*豊平ヨシオ展ー3月17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503 


[PR]

# by kakiten | 2019-01-15 15:47 | Comments(0)
2019年 01月 09日

尾道から網走へー時代というランド(8)

偶然とはいえ、仕事の性格上、正月に休暇の続く網走の漁師
佐々木恒雄の絵画展が、船大工野上裕之さんに続き来週から始まる。
生活者として直接海に関連する仕事に従事するふたりが、逞しく
彫刻と絵画の制作を続けている事にある敬意を覚えている。

佐々木恒雄展は2014年1月以来だが、その後2016年9月
山田航第二歌集「水に沈む羊」から各ジャンルの表現者が一首選び
自分の作品で再表現した夜のオホーツクの海の一点が今も記憶に
残っている。
この作品は、私が長年主治医としている佐々木と同じ網走出身の
S歯科医の治療台の真ん前に、佐々木が選んだ山田航の一首と共に
今も飾られている。
治療台で仰向けになり目を瞑り、S医師の繊細な手捌きが続き、
注がれる水とともに治療を終える。
台が起き、目を開け前を見ると、そこに佐々木の描くオホーツク
月夜の海と一艘の舟が絵が目に飛び込んで来る。
S先生と佐々木恒雄の故郷、月夜のオホーツクブルー。
口腔の治療の海と生活の漁をする海が、この絵を介してふたりの
故郷を繋いでいる。
一度、佐々木恒雄もこの歯科治療台に腰を掛けた事がある。
その時の照れるような弾けるような笑顔を私は忘れない。
S医師もまた佐々木が網走で漁師を始めて初めての2014年の
個展で懐かしい網走の海の絵画に感動してくれたのだ。

生活の場こそ違え、ふたりが見詰めるオホーツクブルーの色は
今年も鮮やかにふたりの心を満たすだろう。
その出会いも楽しみだ。

*佐々木恒雄展「SIgN」-1月15日ー20日
*高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2019-01-09 13:38 | Comments(0)
2019年 01月 08日

野上裕之彫刻展「雲間」終わるー時代というランド(7)

ここ十年余の野上作品の雲間を縫うように孕んでくる新作。
新たな人生の転換を予感させる。
札幌から尾道へ移住・船大工の生業。
彼は生きる事においても、フイジカルな彫刻家だ。
不惑の年齢を前に、彫刻の道はより深化し、より俯瞰する。
その視座は孕みつつ風のように年末・年始を駆け抜けて行った。
戸籍上の成人ではなく、彫刻の道を選んだ自らの人生20年が、
そこには見て取れる。
2,3年中に北海道への帰還も考えている、と呟くように
語っていた野上裕之。
自然と風土そして人間について見詰める彼の顔が彫刻にも見え
てきた気がする。
第二の成人を自ら祝い報告した、宣言のような爽やかな40歳
直前の個展だった気がする。

生きる事もまた、生きるという人生の彫刻なのだ。
好漢野上裕之、彫刻とともに真っ直ぐ歩め!

*佐々木恒雄展「sign」-1月15日(火)-20日(日)
 am11時―pⅯ7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




























[PR]

# by kakiten | 2019-01-08 15:25 | Comments(0)
2018年 12月 27日

あたふたと初日ー時代というランド(5)

尾道より昨夕野上裕之さん来廊。
私は透析治療で通院。
.入れ違いだった。
留守を山田航さん、中嶋幸治さんにお願いする。
野上さんとは旧知の友人なので、再会・展示と話も弾む事と思う。

今朝忘れていた今年最後の歯の点検予約を思い出し開廊が遅れる。
そして初めて今日作品と対面。
新作「雲のドローイング」Ⅰ、Ⅱ、Ⅲが従来にない宙(そら)を抱いて
いて感心する。
この3点の作品に包含されるように、以前変化の兆しを見せていた旧い
作品の展示が活きている。
木彫の旧作「指」「両手」「カラス」「林檎」、鉛の造形、等々・・。
それらを包含しつつ新作「船底の顔」が異彩を放つ。
赤面の猿のような顔が石の台座に乗り、髪を靡かせて正面を見ている、
何故か不思議なリアリズム漂う作品だ。
近づいてよく見ると髪と見紛うものは均等に切られた新聞紙。
身体性の強い作家でありながら、このように真正面から顔を作品化し
たのを見た事がない。
今回のタイトル「雲間」には、「雲のドローイング」とともにこの
「船底の顔」が、旧作「指」「両手」「カラス」「林檎」が<間>と
して詰まっている気がする。
真っ赤な猿の顔は、新聞紙の束を頭髪にして船底から何かを見据えて
いる。
船大工をして生計を立てている野上裕之の現実を見据える面魂とも
思える、現実と対峙する気迫を感じる。
北の地より尾道に赴き、船大工の仕事に心奪われ、住み着き、子を
三人設けた野上裕之の心の・・<雲間>。
「船底の顔」は、今の彼の生き様を顕している気がする。

*野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日
 12時ー19時
 なお作家が在廊する時もあります。前以てご確認下さい。
*佐々木恒雄展ー1月16日ー20日
*高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日
*豊平ヨシオ展」-3月5日ー17日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011ー737-5503


[PR]

# by kakiten | 2018-12-27 16:27 | Comments(0)
2018年 12月 26日

野上裕之彫刻展「雲間」-時代というランド(4)

今は尾道で船大工を専業にしている野上裕之君。
2009年2月以来となる明日から始まる彫刻展「雲間」。
2009年2月の個展時、私は豊平ヨシオさんに会う為二泊三日で
初めて沖縄を訪れたのだった。
その豊平さんと今年春沖縄で再会し、豊平さんは26年ぶりに
テンポラリースペースを訪れてくれた。    
その年、年末から新年に架けて2009年2月以来の野上君の個展
が開かれるのも不思議な縁である。
あの時私は個展中の彼に委ねて初の沖縄へと出発したのだから。
当時のテンポラリー通信ブログを読むと、野上君中嶋君に熱く豊平
作品との遭遇を語っていた自分がいる。

あれから約10年。
変わらぬ豊平作品、私生活上は3人の子持ちとなった野上君。
そして透析生活を背負いつつ闘うテンポラリー継続の私。
野上君が今年から明年へと繋いでくれた今回の展示に呼応するように
明年3月、あの青い板地に亀裂の豊平作品は初の展示をここで展開する。
野上君の尾道での船大工の仕事は、私と沖縄を中継ぎをしているのか
も知れない。
そして豊平さんの沖縄の藍・哀を、野上裕之の彫刻が架け橋のような存在
として顕れるような気がする。
私には、私のたった2回の沖縄・豊平訪問と深く分かち難く、寄り添う
ような野上作品が、全く個人的な関係性として顕れるように思われるのだ。

作品は昨日到着し、今日夕刻本人は札幌到着し展示作業。
そして明日個展初日。
この約十年間の架橋がきっと野上君の作品の宙(そら)には詰まって
いるに違いない。

*野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日。
 ・年末年始都合により止む無く休廊もあります。
  事前にご連絡下さい。
*佐々木恒雄絵画展ー1月15日ー20日
*高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2018-12-26 13:17 | Comments(0)
2018年 12月 23日

村上仁美〆飾り展ー時代というランド(3)

昨年末量り売りショップトロッコの依頼で創り好評だった
花人・村上仁美さんの稲穂を使った〆飾り。
今年は一般公開して製作販売を会場で実演している。
友人たちと札幌郊外の水田で自耕・収穫したした稲穂を、稲穂
本来の姿形の美しさを活かした〆飾りは、お正月という時期を超え
て、日本人の稲穂文化を想起させる感動を見る人に与えた。
米粒・ライスだけではない稲文化。
それを見る人の心にふっと想起させたのである。
稲を編んだ畳、それが坪という広さの単位を生み、米粒が発酵
し酒となり、升・合という容量の単位を生んだ。
そして蓑・草履・縄・筵に至る衣食住に深く関わる稲穂の歴史
を思い出させた稲穂の美しいシンプルな〆飾りだった。
お正月だけを意識した市井の派手な正月飾りにない稲穂本来の
姿形が見る人の心をとらえたのだろうか、普段の飾りとしても
欲する人が多かったようだ。

活字印刷の酒井博史さんが、NHKの街角散歩の道内版番組に
出演していた。
事前に担当キャスターが訪れ、何事かと思っていたら番組中
活字印刷の一例としてテンポラリーで2011年以来続けた
吉増剛造展のフライヤー印刷物が目に留まり吉増さんにも取材
した所為と解った。
事前に吉増さんから二通の葉書が来ていたのはその事だった。
番組では吉増剛造の存在感が後半主役の酒井さんを上回って
いた気もする。
150字の文章を先ず私経由で酒井さんにという意向のよう
だったが番組ディレクターの要請で直接送ったと後に吉増さん
から電話で聞いた。
文章の最後にテンポラリースペースの事も書いたよ、と話し 
ていたが番組では触れていなかった。
それよりも個々がそれぞれの領域で伝統の底流を踏まえつつ
頭角を顕してゆく状況の方が、何よりも肝要な事だ。
手仕事の〆飾り、手仕事の活字印刷、手仕事のネオン管・・。
その新たな近代と現代の境目を若い手と目が見詰め、活性化し
ている現実がとても大事な事だ。

*‘村上仁美オリジナル〆飾り展ー12月24日まで。
+野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日
+佐々木恒雄絵画展ー1月15日ー20日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503









































[PR]

# by kakiten | 2018-12-23 14:54 | Comments(0)
2018年 12月 22日

寒・暖のインフラー時代というランド(2)

鋭く冷えている。
石油ストーブを焚く。
猛暑の夏、冷たい水が欲しかった。
人は火と水の恵みで生きている。
火と水を宥め、インフラとして調整している人間社会。

給水管が凍結したのかトイレの水が出ない。
暖めても出ないので地中の管が凍結しているのかも知れない。
自宅ではトイレの水槽の浮き球が完全に浮上せず、細い水流が止まらない。
水槽を覗き浮き球を押してやると、どうにか止水した。
灯油が切れて、寒気が身に凍みる。
社会的調整機能が衰えると、水と火が徐々にその野生を露わにする。
人はただただ水と火の野生の前に立ち尽くすだけだ。

人の歴史は自然との間に共生する世界を創りだしてきた歴史でもある。
故郷と呼び、故里と呼ぶ、野生自然が恵みとしてあった場・処。
水と火の日常の小さな欠如に曝されて、猛々しい自然野生を想っている。

*村上仁美オリジナル〆飾り展ー12月23日-25日。
*野上裕之彫刻展「雲間」ー12月27日ー1月5日。
*佐々木恒雄展ー1月15日ー20日
*高臣大介ガラス展ー2月12日ー24日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
     
 


[PR]

# by kakiten | 2018-12-22 14:35 | Comments(0)
2018年 12月 16日

シャンソン訳詞家・高野圭吾の世界展ー時代というランド(1)

峰艶次郎さんの企画による「訳詞家高野圭吾の世界」展が始まる。
札幌生まれのシャンソン訳詞家にしてシャンソン歌手、そして武
蔵野美大出身の絵描き。
札幌の風土とフランスのシャンソンがどう紡ぎあって来たかを、
高野の訳詞を通して知りたいというのが、今企画の峰さんの
テーマだろうか。
昨年の初企画に続き、今回はそこで知り合った表現者5人にも
協賛出品を依頼している。
それぞれが高野の訳詞・歌を聴いて感じた事を自分の作品表現
で出品している。
伊藤也寸志は写真で札幌の下町東屯田通りの街並みを、パリの
下町を思わす写真で。
高臣大介はガラス作品で高野の好きな歌から半月形の透明な硝子
に電灯をセットした、光と影の作品を展示。
竹本英樹は、峰が気に入った街路と人の淡く佇む写真を、また花人
村上仁美は高野圭吾の写真の前に枝とバラ・草の造形を、そして
歌人山田航は高野圭吾の訳詞と歌声から十数首の短歌を発表している。
これらの作品参加により、シャンソンとサッポロという近代しかない
風土が、高野圭吾を通してポプラやリラのように、風土に根付く日本
の、札幌のシャンソンとして志向されている気がする。
各自がそれぞれの嗜好・足元から、近代日本に入って来た文化を見詰
め、見直し、かって漢字から平仮名・カタカナを生んだように文化
の耕地作業(カルチャー)を続ける事に深い共鳴を覚える。
高野の訳詞に時として閃くように感じられる札幌の風土感にハッと
しながら、5人の作品と高野圭吾の歌声・訳詞を見ているのも、何
か幸せなサッポロを感じるのだ。

*‘訳詞家・高野圭吾の世界ー12月16日、18日、19日
 am12時ーpm7時;月曜定休日。
*村上仁美オリジナル〆飾り展ー12月21日。23日ー25日
*野上裕之彫刻展「雲間」-12月27日ー1月5日。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-12-16 18:48 | Comments(0)
2018年 12月 11日

寒気濃くーみちゆき(18)

月曜休廊日。
明けて翌日、寒気の底のようだ。
水道は凍結で、ストーブを点け、溜めておいた水を沸かし
部屋を暖め、やっと水が出る。
一気に冬が来て、沖縄から来た豊平さんが薄着で平気だと
言っていたのが夢のようだ。
最近は暑さ、寒さが極端である。
プロセスというか中間というか溜めというものがない。
人間社会と自然野生の間に在った故里という中間地帯が希薄
になったのと同じように、界(さかい)という交流の磁場が
衰退化している気がする。
北極・南極も両端の間に生じる磁場が消えると、一極集中
の弊害が起きるだろう。
人間社会の色んな分野における兆候も同じ気がする。
本来多民族性を保つ国、アメリカや中国が一国中心国家主義
に偏り、難民問題を抱える欧州でも一国中心の排他的方向が
見えてきている。
地球自体が多くの多民族の人間集合体なのに、それぞれの民族
が一極集中を高めれば、もう争いしか生まれてこないのだ。
人間社会の中の一極傾向は、人間全体が自然や宇宙に対しても
畏怖や畏敬という界(さかい)の意識・磁場を擦り減らしつつ、
故里と同じように喪いつつあるのかも知れない。
そのしっぺ返しが、昨今の寒暖差の激化として、顕れている気
がする。

*訳詞家・高野圭吾の世界ー12月16(日)、18(火),19日(水)
 am12時ーpm7時;17日(月)定休日。
*村上仁美オリジナル締め飾り展ー12月22、23,24日予定
*野上裕之彫刻展「雲間にて」ー12月27日(木)ー1月5日(土)

*佐々木恒雄展ー1月15日ー22日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2018-12-11 15:09 | Comments(0)
2018年 12月 09日

パソコン故障して―みちゆき(17)

1ヵ月近くブログも打ち込めなかった。
藤倉翼作品展、沖縄の豊平ヨシオさんの来廊と書く事が詰まっていた。
まだ新しい機種に慣れていない。
先の地震で多くのファイルがパソコン上の棚から落下し従来の機種は
損傷していたようだ。
藤倉翼展については機会を見てあらためてきっちり記したい。
街の夜景を彩った手造りのネオン管の歴史を、近代と現代の境目
として深めた見事な作品行為だったと思っている。
またその作品の一点を沖縄の美術家豊平ヨシオさんが購入予約して
くれたのも感動した。
戦後アメリカ文化を象徴するようなネオンを直接素材とした作品
だからである。
それは沖縄の深処の哀しみを青と亀裂で20年以上ひたすら表現
している美術家の心に藤倉翼の作品が届いたという感動でもある。
私などが百の藤倉翼作品論を書くよりも、この一事を持ってすべて
が顕されている気がする。
そしてこれが縁で、藤倉翼が沖縄のLED以前のネオン管を撮影する
機会を得るなら、近代から現代への藤倉翼なりの固有の境表現となる
気がする。
クライアントの有名性から、土地、土地の無名な硝子職人の手業に
着目した写真の新たな地平を拓いている仕事だからである。
沖縄の最前列にして最後尾のラディカルな現実を是非切り取り再構成
して作品化して欲しいと願う。

*シャンソン訳詞家高野圭吾の世界展ー12月16、18、19日
 am12時ー19時;17日は休廊日。
*野上裕之彫刻展ー年末・年始。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2018-12-09 17:07 | Comments(0)