テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 23日

雪泥の道ーふかぶかとさっぽろ漂流(2)

ここのところの暖かさで雪泥の道続く。店を喪って三週間余。少し疲れたのかも。
<深々と札幌漂流>と書いてから本当に道が深々でした。そのかわり昨日は
うれしいメールや人の出会いがあった。昨年12月テンポラリースペース最後の
個展をした堀田真作さんからのメールで一月末からドイツへ行きその報告。<
先月から今月アタマまでドイツに行ってきました。ちようど月末はケンやあやち
やんたちと飲んでいました。中森さんと話そうと、盛り上がったんですがタイミ
ングが合いませんでした。少し残念です。中森さんのお告げの通りドイツでは
好感触で迎えられました。来年1月からハンブルグで個展をします。その前に、
豊田の個展がありますが、殺す気で攻めていく所存です。ドイツのギヤラリーの
ミキさん。中森さんのフアン(同志?)なのだそうです。-「それから、中森さんに
ぜひ堀田さんの作品について解説を書いてほしいのですが。(中略)堀田さんは
どう思われますか?」ーいかがでしよう。御一考ください。>なにかドイツにいる
谷口顕一郎通称ケンちやんと堀田さんの姿が目に浮かぶようだ。それにしても
まだ一度も会った事の無いミキさんが私のブログを読んで堀田さんの個展に
繋がるとは、世界が豊かに、柔らかく広がるなあ。<同志?>とはねえ。素直
にうれしいです。
もうひとつ、写真家で昨年7月テンポラリースペースで個展を開いた森美千代
さんがあの場所の最後の10日間を写真で記録していてくれた。ある緊迫した
空気が見事に撮影されていた。人も荷物も窓も非日常の日常にいた。改めて
濃い時間を思う。「あるギヤラリーの終焉」とでも題して充分展覧会ができると
思う。人の顔、建物の佇まい、梱包された荷物、動く人の気配、白樺の幹と雪
あの時間で無ければ絶対にない表情がそこには記録されていた。ひとつの
喪失が集中して、そこにあった凝縮した時間を掬い取っている。時間というもの
はそう云うものなんだなあとあらためて想う。その日東区本町の法邑へ行き、
ランチをおごってもらつた。彼女は同時に優れた主婦でもあるので、私には
豪華なランチも家庭料理の延長ねと呟いてさほど感心もしなかった。主婦は
凄いなあと私は単純に感心した。それにしても時にシビアな辛口の批判をあび
せられて防戦一方の私はこの写真と食事でもうなにも言えない。感謝です。

昨日のこのふたつの出来事で大分回復する。人は人によって傷つき人によって
勇気ももらう。その繰り返しかもしれない。またふかぶかとさっぽろを歩く。一年
で一番短い二月、そのヘソのような寒さと雪泥の二月の底を歩く。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-23 12:08 | Comments(2)
2006年 02月 20日

ふかぶかとさっぽろ漂流(1)

北大斜め通りから北17条を東へ東区本町の「法邑」まで歩く。シャリバリという
雑誌で紹介されていたカフエギヤラリーが気になった。伏篭さっぽろ川筋で
法国寺近く、かってパラト街道を探索した時このお寺の大銀杏が印象的だった。
お寺正面の右奥にモダーンな大きな1階建ての建物を見つける。中に入る。入っ
てすぐカフエゾーン右奥にギヤラリー、シックで落ち着いた空間だ。ちようど昼時
スパゲッテイを頼む。量も味もよかった。ただタバコは駄目。広くて綺麗で清潔。
ただ禁煙だから言う訳ではないが毒がないな。ギヤラリーはショウルームではな
い。もう少し時間がたっていい汚れがついて欲しい。でもここを造った方の意気込
みは立派と思う。あとはもっと開くだけ。空間が大きく清潔なだけにそこの内に閉じ
篭もることが出来易い。カフエが広すぎるのかも知れない。1時間ばかり付き合って
くれた酒井さんもコーヒー飲んだ後寡黙だった。仕事のある彼と別れて雪泥の道
をさらに歩く。パラト街道に沿ってジグザグに道を辿る。今日は暖かいせいか道が
溶けた雪と氷でぐちゃツルルだ。さっぽろ東北部歩き廻るから歩き深めるに明日か
らギヤーチエンジする積もり。腰に疲れ溜まっている感じがする。パラト街道入り
口中央郵便局まで戻り札幌駅前コージーコーナーでコーヒーを飲む。
地質図と一万分の一の地図を見比べ歩いた所をチェツクする。今度は大正時代の
地図も持って歩こう。地質図により近づくから。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-20 18:32 | Comments(3)
2006年 02月 19日

しゅつたつは告げられてある(14)

美術家の小林重予さんよりメール来ている。インドネシアから帰り元気そう。
インドネシア在住のメラジャスルマさんから伝言。<メラメラ燃えるメラの命・・>
という彼女個展の時の私のダジャレがとても気に入って忘れないというような
内容だった。オランダ人の良い作家で重予さんの紹介で数年前個展をした。
今あちこちで活躍、何かが彼女のなかで動きつつあると重予さんの報告だ。
同じオランダのモニカも良い作家だった。エミリーとモニカがふたり来て、アーテ
ストレジデンスでさっぽろに滞在帰る前々日だったが、滝を見たいというので、
2年前の今頃円山川の奥、不動の滝を雪を漕いで案内したことがあった。
最初はビビッテいたが、雪の中に入れば陽気なものだった。後日ハガキが
来て忘れられないさっぽろだった、もう一度必ず来ると書いてあった。4ヶ月
近くさっぽろにいて最後に近く一番さっぽろを感じたなんてどんなレジデンス
をしていたのだろうと思う。
仮事務所の家の熊谷透さんと飲む。洞爺の大介さんのところで朝した気功の
自然な動きに感心した話から、いま私が歩いているさっぽろの大きな地盤地質
図を見せる。すると彼はその地図の上に座り、あちこちを指差し始めた。こんな
ふうに地図を見たことがなかったという。ああ気功をやっているなあと瞬間思った。
大地のいわば人体血管図のようなものがこの地質図だから。作られた市街地の
下に広がる見えない川、扇状地、自然堤防等が現実を透視するように色分けされ
印刷されている。彼はその上に座り札幌を身体のように感じてくれた。気功もまた
身体の気を自然に回復させ、流れをつくる術だからこの地図にすっと入っていった
のだろうと思う。<熊谷さん、毎週一回気功の講習私が新しい場所見つけたらそこ
で開きましょう>といったらほんとに喜んでいた。私が<その入口>と呼ぶ場所は
気功の解放の仕方とある意味同じ性質のものである。水曜か木曜だろうなあ。
大介さんのところで初めて経験した<風の舟>熊谷透さんの気功は一枚の地図
によってテリトリーこそ違えその志はある共通性を持つていたのだ。彼は彼の仕方
で表現していく。見えない川筋に沿って気功の巡業をするのもいいな。大地と空気
がそっと回復し開いていく、身体とともに。風景が結晶し入り口を開く場所で人も
体も一緒に解き放つのだ。テンポラリースペースがもうひとつ豊かになるなあ。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-19 17:18 | Comments(0)
2006年 02月 18日

しゅつたつは告げられてある(13)

北十五条から北大斜め通りを歩く。エルムトンネルの道を越えさらに進む。
左西側に住宅が続く。その後ろに北大第二農場の空間がちらちら見える。
その向こうに西の山並みが遠望される。昨日河田雅文さんに聞いた「トーン
」というカフエに入る。普通の民家を改造した造りで、同じく昨夜河田さん
に連れて行ってもらった「アジト」と同じコンセプトのカフエだ。2階の窓から
スパーっと景観が広がる。ビルの街から少し離れてこういう店がところどころ
あるんだなあ。この斜め道はやはり直線の市街地から少しずれている。そこに
ふっと古い等身大の家屋があり、ギシギシいう階段や床板の音が響く。
アジトという店は庭の木が防風林のように、生垣のように時間を留めていた。
オーガニックな食事とその木たちが空気を綺麗にしていた。トーンは北大第二
農場の借景が活きていた。この隠れ家のような存在は息抜きにはなるけれど
もうひとつコアがない。市街地の直線に疲れた神経を休める効果だけではそれ
自体で閉じてしまう。こういう店がポツンポツンと離れ小島のようにあつてオアシ
スの役割をしているのかもしれないが・・。市街地に対峙する<その入口>は
見えない。もう一度原点に戻って地質図をみて歩こうと思う。皮膚のように覆わ
れたスムースな街の下に広がる血肉のさっぽろを見透かして歩く。それが私の
円山北町で得た経験だ。私のさっぽろ体験であるから。明日以降は東北部
を攻める。今日は酒井さんが小1時間ほど付き合ってくれた。車のCDはいつも
大体懐メロでいつかは「東京ラプソデイー」や「トンコ節」等で私も幼少年に戻る
なあ。後はマージヤンした話でこれも学生時代に戻る。なにか毎日ほっつき歩い
て時間が朔行していく。ホントいいコンビの29歳だ。文句ではないのよ酒井さん
!感謝です。ともに生きる場所探しー夢よ叫べです。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-18 16:24 | Comments(5)
2006年 02月 17日

しゅつたつは告げられてある(12)

病院に行く。畑俊一先生診療そっちのけでしばし語る。「残念です。私もマンシヨ
ン、ビルの反対運動をしていて、今の行政は・・・」に始まりまた是非戻ってきて下
さいというような事だった。思いがけず激励を受ける。「うんと怒ってどんどん書いて
下さい」そして血圧を測る。「う~ん中森さん怒っているから、今高目だな」腎臓は
あまりよくなっていない。まず血圧を下げること、そして食事だなあ。病院はあの店
の近くで退去した後だけに、なにか行きづらかったが逆にご近所の友情を感じた。
東京の映像作家石田尚志さんよりメール入っていた。<僕にとって中森花器店・
テンポラリースペースはこの2年間でもっとも重要な場所でした。(中略)一昨年
の身体の体験(踊り)そして空間の体験(インスタレーシヨン)はともにたった一日
ずつの出来事だったという事も重要な意味を持っていると思うのですが、なにか
今まで成し得なかった方法が初めて全開しえた瞬間でした。それが出来た唯一
の場所でした。何よりそれが成立し得たひとつの理由は、沢山の人の豊かなつな
がりその不思議な広がりでした。(中略)たった2回伺っただけですが、その場所
で出会えた友人との関係は一生続く事になると思います。(中略)そして中森さん
、いつか一緒に沖縄へも行きましょう。-僕は中森さんの所での仕事を今、東京
でやらなければいけないと思っています。自分が生活しているここで、あの仕事
をしなければ嘘だと思っています。>一部分の引用で失礼あったかと思うが、
一昨年吉増剛造さんが沖縄で石田さんに私を紹介した時から、2回の映像個展
を経て今の文章がある。きっとこれは文化の<その入口>が開いていたから
<沢山の人の豊かなつながり>を生んだのだと思う。勿論石田さん、あなたの
作品の保つ素晴らしい想像力、イマジネーシヨンを抜きにそれは語れません。
作品と人がなによりも開いたのです。昨年10月初めの一週間壁に直接描いた
映像とのコラボレーシヨン共に歩き廻った水の道そして寡黙な春日さんの明るい
お餅カフエの表情、忘れません。石田さんが惹き起こした作品と人の力は僕らに
記憶という掛け替えのない映像もまた残してくれた。3月はカナダで制作という。
なにか世界がゆるやかに見える。沖縄もカナダもいつでも行けそうだなあ。
その前に伏篭さっぽろ開かなくては・・!
[PR]

# by kakiten | 2006-02-17 12:43 | Comments(6)
2006年 02月 16日

しゅつたつは告げられてある(11)

ヨコハマのギターリスト益田洋さんからメール入っていた。なんとか
1月訪ねたかった残念という主旨である。毎年6月ギターソロで演奏。
優れた弾き手である。スケッチという名前でコンサートを開き熱心なフ
アンがいる。東京の及川恒平さんのホームページに先月29日のあの
場所の写真が掲載されている。白樺の木、窓に映った人、入口の雪、
グラスを持つふたりの手のショット、セピア色に沈んだ室内、引越しの
あるひととき、そこには限りなく愛惜に満ちた写す人の眼差しがある。
時間のフイルターの向こう、もう遠い一瞬が静かに留まっている。
<まっくらながらんどうの空間を覗き白樺に挨拶してきました>札大OB
吉成秀夫さんからブログにコメント入っている。今もまだ深いところで想い
が脈拍を打ち現在に血を送っている。これからもまだ遠く近い人からその
ノックは続くだろう。
北大の北15条から続く斜めの道を歩く。エルムトンネル近くの喫茶店に
入って途中車だったので通り過ぎたが気になり、歩いてみる。途中の
枝道にパイプで正面を塞がれた一軒家を見つける。いい感じだ。壊す
寸前かもしれない。田中綾さんがデジカメ選びに付き合う時間が迫り
この日は、ヨドバシカメラに向かう。綾さんは今刊行中の菱川善夫著作 
集のブログを立ち上げる為デジカメを買うという。資料を撮影し収録
するそうだ。菱川先生は自分の恩師でもある。また1980年代ゆいまある
という会を作り共に活動した事もある。ゆいまあるは沖縄の言葉で共に
仕事をするというような意味である。イザイホーの映像、木村雅信の「ア
イヌ舞曲集」とジャンルを越えて企画行動をした。今度の全集ではその
辺の事も収録されるようだ。今また田中綾さんという優れた編集者を得て
今の菱川善夫が動き出す。私もひそかに協力し”ゆいまある”復活を
思う。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-16 13:07 | Comments(0)
2006年 02月 15日

しゅつたつは告げられてある(10)

初めて訪ねた洞爺の高臣大介さんの工房は、一度火事で焼失した。そしてその後
昨年9月に再建された。大介さんらしい骨太ないい建物だ。特に工房の命ガラスの
釜のある別棟はしっかりと機械が納まり常時炎が燃えている。着いた夜10時過ぎ
洞爺月浦は曇天、湖も見えず白い闇、しかし空気甘く暖かかった。以前このブログ
で<うちの嫁>発言で亜紀さんが不満という話を書いたがその時私は家を背負っ
て立つ大介さんらしいと書いたが実際にここまで来て見て本当にそう思いました。
深い雪と小高い丘のなあ~んにもない所で、ただガラスを創る為だけにある建物。
夏や秋には景色良く人もくるかもしれないが、基本はこの骨太な建物は物を創る
ためにある。それを背負って立つ生き方も含めて<家>なのだ。そこに愛する女
が居る。「嫁だ!」と思うよ。いいねえ、羨ましい。作品同様すっぱりと大介だ。そう
思いました。行って良かったです。今私のこの状況で再建を先に為遂げた彼の現
場を見る事は、勇気を貰うことでもありました。突然の行為のようだが行くべき時に
行ったと思うのだ。まあ一緒に拉致されたような酒井さん、熊谷さんには申し訳な
い気もするけれども。でもふたりとも午前三時まで呑んで唄っていたなあ。純子さ
んと私はこの下の茶の間で運転ないからガンガン飲んで、陣中見舞いで来てくれ
た看護士さんがチゲ鍋カードで奢ってくれた話に、私はカードないからといって大事
なメカス跋文の吉増剛造の写真集をくれたのは感謝です。大介さんの個展時作品
製作中点滴うって頑張った彼女は本当に素晴らしいスタッフと思う。大介の人徳こ
こにありですね。翌日も朝曇天。美しい風景は次の為にあるのかもしれないなあ。
私はこの建物と彼の生き方を実感できただけで充分満足した。熊谷透さんが
気功の団体名<風の船>にピッタリのガラス作品を見つけ、今度買いに来ると
喜んでいた。ここで買うんだ、ここにもう一度来て買うんだと言ったのが印象的だ
った。酒井さんは大介さんと会って約一ヶ月熊谷さんは今回初対面。ふたりとも
次を考えている。人と人の伏流水ーその入口をまた感じる。伏篭さっぽろ気満つ。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-15 13:11 | Comments(0)
2006年 02月 14日

しゅつたつは告げられてある(9)

大介さんお酒もって来た。陣中見舞い。スタッフの純子さんも一緒だ。仮事務所
下の茶の間で飲みだす。気功の熊谷透さんも含めて話がいろいろ。そのうち
酒井博史さんも来る事になる。gla_gla展以来一ヶ月ぶりで大介ヒロシコンビ
顔合わす。純子さん土方巽、大野一雄、ジョナスメカスと話が白熱。酔った勢い
で洞爺のガラススタジオへ行こうという事になる。酒井さんの遠藤賢治「夢よ
叫べ」が熊谷さん、純子さんを痛く感動させたのが呼び水となった。3人とも
初めての洞爺月浦の大介さんの工房だ。私も何度か行きそびれていたので
この際良い機会と思った。酒井さん大介さん車2台で出発。着いたのは午後
10時過ぎ。洞爺は暖かく空気が甘い。炊き込み御飯をご馳走になり、歌と酒
の夜は更ける。翌朝6時過ぎ起床。熊谷さん気功の初歩講習しみんな体動か
す。心なしかすっとする。7時過ぎ洞爺を出発。10時頃札幌に着く。それぞれ
仕事へ。私は少し事務所で休み、北15条の紹介された歯医者さんの建物を
見に出かける。そして雨でぬかるむその界隈を歩き回る。1時を過ぎたので
歯医者さんを訪ねるのは遠慮しとりあえず外側から見るだけにする。2,3階
が空いているとの事だが、入口が歯医者さんと同じなのが気になる。北大に
近い性かわりとゆったりした環境だ。後日もう少し東側をあるいてみよう。昨日
の二条市場ー薄野東側とは違う。4時過ぎ仮事務所に戻る。少し疲れた。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-14 16:06 | Comments(10)
2006年 02月 13日

しゅつたつは告げられてある(8)

灰色の空。白く寒い汚れた道を東へと歩く。市民ギヤラリー(旧一条中学校)から南
へそして北へ。やはりこの辺もビルが多い。建設中のもある。ふっと一軒の金物店
を見つける。中へ入る。ひとりの親父が奥から出てくる。”三上”と声を出すと変な
顔してすぐに昔の顔になる。”中森!おまえ店止めたのか、新聞で見たぞ。”いや
はや。ちやんと読めよ。すぐに何人かの名前がでてくる、あいつはいまこうだ、ああ
だとしばし昔話。ビルの狭間に中学時代のさっぽろがひよっこりと在った。それから
サッポロビールの方へ行く。この辺もビルラッシュ。赤いレンガの旧福山醸造の
倉庫をカフエにしている一角の裏、いい倉庫か車庫を見つける。これが今日の
発見。段々東に移動してきた。旧さっぽろ川ー伏篭川沿いのルート次は北へ。
頓宮神社やお寺こんなに近かったかしら。大人の目線、中学生の目線の違い
だけでなく、空が狭く建物がでかいせいもあるよ。さっぽろにある<その入口>
街にそれを探す。さっぽろの自然と繋がる接点。人工の入口は駅だが、もうひとつ
眠っている入口がある。人と自然が寄り添うように開かれた接点がある。例え
それが繁華で今はなくてもいいのだ。それが見えるまで歩く。こうしてさっぽろ
を歩くとタイムスリップする時間も歩いている。ぼくの過去のさっぽろ、どうしても
現在が暴力的に見えるのは単なるノスタルジーだろうか。でも現在に眠っている
開かれた場の発見に、自分の過去の回路も含めて今試されていると思う。寒い
けれど今しか出来ない。閉じようとするものと今闘っている。閉じようとするさっぽろ
に立ち向かう。記憶も含めて全部の自分が今そこにいる。

創成川ー36号線ー豊平川に囲まれたデルタゾーンを今日は歩く。ロイヤルホテル
の前で鴨々川は直線の創成川となる。ホテルとマンシヨンの合い間に古い街があ
る。黒澤明の「白痴」の舞台となった札幌の風景が残っている。しかし惨々たるか
なさっぽろ!もうすっかりひねくれているなあ。ここもいずれホテルとマンシヨン。す
すきのベッドタウンになるだろう。西へ下るとそこはすすきの。大きなお寺がやたら
目につく。顔のない汚いビルより屋根が顔を持っている。大きくともあまりひねくれ
てもいない。生れた場所ピヴオの前を通る。舗道の下にぬかるみのようなものを
感じる。足がずぶっずぶっと吸われる。ここに1897年から1970年までの家屋が
あった。その記憶が足を重くする。約50メートル6軒の店を感じると長く、実際は
すごく短い。出入り口とウインドウだけが過ぎていく。帰ってこのブログを打っている
と電話が鳴る。<今すすきのですよ、これからそっちへ行きます>洞爺の高臣大介
さんからだ。なんで薄野から電話くるの?今そこを歩いてきたばかりなのに。なつい
たかな、今深い処歩いてきたから・・・。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-13 13:18 | Comments(0)
2006年 02月 11日

しゅつたつは告げられてある(7)

イプツーイパルその入口と記していたら、ある人が<出口>はなんていうの?
と聞いた。そうか、なぜ入り口といって出口と言わないのか。そう云えば不思議
。私なりの解釈では、開かれた新たな世界が見える時人はそこに入る感覚に
なるように思う。扉を開けて入るのである。出るのではない。出る感覚にはある
否定が伴なう。内向きには否定が前提とならないと、出ると言う言葉は生きない。
江別も夕張もある開かれた地点がある。大河石狩川に開き、石狩平野に開く。
しかし背後の世界の否定はない。もうひとつの新たな世界を望んで開き入って
行く。出口には近代の新旧のような序列、内的な自己否定の翳があるかもしれ
ない。例えば辛い状況の中で探すのは、そこからの出口であるだろう。しかし
例えば知らない街を歩いていて、ふっと目に止まった魅力的な路、建物に惹か
れた時人はそこに入っていくだろう。入る事である転換が経験される。風景には
そんな結晶する地点がある。いい街にもそれがある。そこまでのプロセスは山の
裾野、中腹のように穏やかに存在し暗い否定の翳はない。古代の人は風景の
そんな地点を<その入口>と呼んだのではないだろうか。私が今漂うように街
を歩き求めているのは、そんな街角ーその入口でもあるのだ。風景が消え出口
入口のみが支配する世界は巨大な室内化を地下に地上に出現させ、街全体が
ある閉塞感の中にある。だから人は時に郊外という名の風景を求めて、街を出る。
出口を求める。街には<その入口>と呼ぶ場所は深夜のコンビニエンスストア、
24時間営業のネットカフエの個室位しか今原風景としてないのかも知れない。
[PR]

# by kakiten | 2006-02-11 12:48 | Comments(0)