テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 12日

収穫・乾燥・〆飾りー最前列にして最後尾(34)

予定していた鈴木余位・村上仁美展が延びて空いた会場。
そこに村上仁美さんが、今年収穫した稲の乾燥させた稲穂
を多量に運び込み〆飾りの制作をしている。
友人の自耕地で毎年稲作を手伝い、収穫した稲穂。
その乾燥させたまだ実の残っている稲穂の形を選び、
穂の姿を活かして〆飾りに仕上げている。
数点出来て壁に飾ると、それぞれが個性的で美しい。
米粒を採った後、様々に利用された稲穂の歴史。
そういえば、祖父の時代割れ物はみな一俵という単位
の梱包だったのを想い出した。
稲藁で丁寧に巻いて包まれ要所要所は固く結ばれていた。
そして大きく梱包されたものが一俵。
解いた後の藁も大事に取って置いて、送荷の時にまた使う。
一俵梱包を終えポンポンと持ち上げ得意そうに締まり具合
を自慢した祖父の自信に満ちた笑顔を想い出す。

それらが甦る藁・・・。
しかし今なら緩衝材も含めてビニール、プラステック。
それらに比べなんと豊かで美しいのだろう。
壁に飾られた〆飾りは植生の豊かさに満ち、有機的な
形象の美に包まれている。
花そのものは無いが、見えざる花が咲いているようだ。
穂の美しさ、茎のたおやかさ。
陽の光を浴びて浮かぶ陰影の立体の美しさ。
稲と人間の長い付き合いは、全てに無駄なく衣食住に
繋がっている。
便利・便利・簡単・手軽、後はポイ捨ての現代人が喪っ
てきた何かが、今も藁には活きている。


*11月14日K~時間不定期ー展示ではありません。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2017-11-12 14:25 | Comments(0)
2017年 11月 09日

こんにゃろ!-最前列にして最後尾(33)

上の妹が小さい頃、なにか気に食わない事があると、
眉を逆立てて”こんにゃろ!”と怒っていたのを、ふっ
と想い出した。
先日、下の妹とふたり速足の帰郷。
ゆっくり話す事もできなかったお詫びだろうか、下着類
を沢山送ってくれた。
お礼の電話をしたら、優しく気遣ってくれて、反射的に
”こんにゃろ!”の記憶が蘇ったのである。
十年以上寝たきりの夫を24時間看病し、看取った妹。
その苦労が、心の成長にも大きく寄与したのだろうか。
人を気遣う優しさを感じたのだ。
下に次女の妹・次男の弟がいて、長女としての我儘が通
らなくなった苛立ちが、きっとあの”こんにゃろ!”。
亡くなった夫の穿かなくなった物も入っているのだろうか、
取分け沢山の靴下。

急に気温の下がった今朝。
暖かい靴下を履き、ふっと遠い昔の妹を想い出していた。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

# by kakiten | 2017-11-09 13:47 | Comments(0)
2017年 11月 05日

旅(風)発つー最前列にして最後尾(32)

ホピ&カチーナドール展最終日。
朝の開廊と同時に来たふたり。
西の裏山に暮らす前から気になっていた人たち。
最近は量り売りの店を都心近くに開き、塩とか
油とかを持参の器に量って売る店を開いている。
ゆっくり話をしたのは初めてだが、ふたりが
カチーナドールを見る目に惹かれた。
2時間近くゆっくり主催者の天川さんとも話し
最後にふたりらしいカチーナを選び幸せそうに
仕事に向かった。
またひとつ志ある札幌の地にこの精霊が旅発ち。
人形という感じがしない。
風が発つようだ。

アリゾナ、砂漠の地。
そこで生まれた森羅万象の精霊カチーナドール。
穴熊、雪、蟻・キリギリスの精霊が、病・豊穣
・水の恵みを祈るカチーナ形象となって厳寒の
北の地に着地した。

 ソノ”皴”を”生”のなかで出逢う”死”のように
 わたしたちは編んで行く
 皴、皴、皴、皴、ーーカチーナドール、
    (吉増剛造「石狩シーツ」から)

風の波・・皴、皴 
生と死・・皴、皴
編んで行く、カチーナドール・・皴、皴、皴
人もまた森羅万象の一形象。
年に一度の再会・出会い、新たな旅発つ。
別れ・出会い、生・死の皴・皴・・・。

ヨシマスさん、足利美術館へ北の地からカチーナの報告です。

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー5日まで。
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

# by kakiten | 2017-11-05 13:33 | Comments(0)
2017年 11月 04日

雪と蟻の精霊ー最前列にして最後尾(31)

四半世紀近く独りぽっちだったカチーナ。
それが自分より大きなふたりの親族を得た。

Badjer-バジャー心と体の傷を癒す穴熊の精霊。
両親のような二人の精霊は
Nava manaーナヴァ:雪 マナ:女性
幸せと恵みを祈り見守る精霊
Kokopelliーココペリ:キリギリス・蟻
豊穣を祈る精霊

この二体が札幌に住む事になった。
足利市立美術館で吉増剛造展「涯テノ詩聲(ハテノウタゴエ)」
が始まった昨日今日札幌のMさんKさんの故(もと)に。
1994年ブラジル帰国後深い苦悩の内にいた吉増さんが、心の
支えに傍に置いたカチーナドール。
その内の一体が私の故(もと)に置かれて二十年余。
円山から北区の今の場所へ、共に流浪してきた。
その間頭の羽も髪も飛んでしまって、ぼそっと棚の片隅に寂しげ
だった。
2011年吉増剛造「石狩河口/坐ル ふたたび」。
新たな試練に立ち、ふたたびの吉増剛造創作への道。
「怪物君」と名付けられた戦後近代との本質的な対峙の時。
その7年間に渡る闘い、その集大成とも思える「涯(ハテ)ノ詩
(ウタ)聲(ゴエ)」の初日2日に、24年の歳月を経て同じ作
者の作品と出会い住み着いたのだ。
吉増さんの1994年「石狩河口/坐ル」そして2011年の
「・・・ふたたび」を象徴するような感じがする。
病と闘う穴熊の精霊は、雪と蟻・キリギリスの土の精霊と出会い
、どうこの地に生きてゆくだろうか。
「石狩シーツ」そして「怪物君」の道程は新たな局面にある。

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー5日
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2017-11-04 18:06 | Comments(0)
2017年 11月 03日

カチーナの夜ー最前列にして最後尾(30)

夕方自然と人が集まって、宴となる。
建築家のK氏、写真家のT氏、花人Mさん。
K氏は若い頃世界中を放浪した東大出の俊才。
T氏はまるでカチーナのような愛娘と共に生き
ている写真家。
吉増さんに花人と揮毫され、独自に花の道を
歩み始めたMさん。
K氏が急に近くのスーパーで食べ物・飲み物を
多量に買って、今日は宴会だと言い出す。
若い頃アメリカでナバホ族ホピ族を尋ねた記憶
が蘇ったのだろうか、活き活きとしている。
それから閉廊後数時間、話はあちこちに跳び、尽
きない。
ふっと用を思い出し席を外した私。
しばらくして戻りみんなの顔を見ると、K氏
T氏、Mさん、展示主催の天川彩さん、片腕の
田中明子さんが、まるで生きたカチーナのよ
うに感じる。
みんな跳んでいる。
そういえば前年も一昨年も、写真家のF・T氏
ガラス作家のT・D氏、ダスキンのH・K氏と
入って来た時から服装・風貌が壁のカチーナド
ールにそっくりだと話題になった。
自然と人間を結ぶ精霊の形象・カチーナドール。
似ているのは当然かも知れない。
人間もまた生きた精霊の末裔なのだ。
そんな個々の内なる精霊が目覚めて、ここ小さな
森の宴は開かれていた。

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日(水)ー5日(日)
 am11時ーpm7時。
3日(金)、4日(土)午後2時~お話会
「平和の民ホピ族と精霊カチーナ」参加費1500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

# by kakiten | 2017-11-03 13:58 | Comments(0)
2017年 11月 02日

舞う・風・カチーナー最前列にして最後尾(29)

maw(まゥ)-呼気・風・ハマナスの 果実。
舞うー呼気・風・カチーナドール・・・だな。
森羅万象・精霊たちが跳んでいる。
朝目覚めて、ふっとその風景を思い浮かべ、幸せな気持ち
になった。
四半世紀ぶりの親族との再会。

 皴、皴、皴、皴、ーーカチーナドール、 
 皴、皴、皴、皴、ーーソノ”皴”を”生”のなかで出逢う”死”
 のようにわたしたちは編んで行く。皴、皴、皴、皴ーー
 カチーナドール、皴、皴、皴、・・・
 ”不図”とみると、・・・・
 「郵便ボックス」の下に蹲って居る、白いインクの一角獣

 傍点のにじみ、のような、・・・・葉書の淋しさ

四半世紀前カチーナドールと共に「石狩シーツ」を書き込んで
いた吉増剛造さんのカチーナドールが、同じ作り手の二体と再会
したのだ。
雪と豊穣の二体の精霊に囲まれている。

森羅万象の自然によって有機的に生きている人間生命。
そして民族・国家・都市という社会的存在。
人間だけの社会的存在力が今は時として、自然の中の
人間存在を希薄化している。
森羅万象自然の精霊が人・形をして宙に顕れると、世界
はmaw(まゥ)、呼気・風に溢れてくる。
世界というのは、本当はカチーナのように発する固有
のものに満ち溢れているのだ、と思える。
人はその呼気を自分の姿に擬する事で、森羅万象精霊たち
の回路を目に見えるように顕わしたのだ。
命在るすべてのものへの、敬意と愛情の結晶が生んだ英知
だろうなあ。

皴・皴・皴・皴ーーソノ”皴”を”生”のなかで出逢う”死”の
ようにわたしたちは編んで行く。皴、皴、皴、皴ーー
カチーナドール、皴、皴、皴、・・・・

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー5日
 am11時ーpm7時

テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
tel/fax011-737-5503



[PR]

# by kakiten | 2017-11-02 14:15 | Comments(0)
2017年 11月 01日

ホピ&カチーナドール展始まるー最前列にして最後尾(28)

アメリカ先住民族ホピ族の展示が始まる。
今年で三回目。
今回は出だし早々また、不思議な事があった。
24年前石狩河口に滞在し名作「石狩シーツ」制作に
集中していた吉増剛造さんの心の糧カチーナドール。
その内の一体をその折頂いた。
それから頭の羽も跳んでしまったが、円山の店から
今のテンポラリースペースでも、棚に飾っていた。
それを見たホピ展の主催者天川さんが、ホピの里で
探し今回似た作品を持って来たのだ。
並べてみると作者名が正に同じで、私のところのカチ
ーナドールは小さく、天川さんの持って来た2体は
少し大きく、間に置くとまるで両親に連れられて歩い
ている子供のようだった。
24年間一人ぽっちだった彼(彼女)は、とても
幸せそうに見えた。
この3体揃った写真は今日のF・Bに載っている。

カチーナドールは、ホピの顕す自然の精霊の姿で
私の持っていたカチーナは、病から守ってくれる
精霊だという。
両親のようなふたりのカチーナはどういう精霊なの
だろう。

紅葉した蔦の葉とともに、カチーナが舞う。

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日(水)ー5日(日)
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2017-11-01 14:36 | Comments(0)
2017年 10月 31日

往く・来るー最前列にして最後尾(27)

日曜日夕刻、菅沼緑さん岩手へ発つ。
大小十数点の作品を梱包し、車の屋根・車中に積み込む。
手伝いながら色鮮やかで軽やかに見える作品が、実に丁寧に
堅牢に仕上げられている事が手に伝わる。
色彩や曲線の形状とは違う、がっちりした堅牢な構造だ。
荒く息を吐きながら、梱包し緩みなく縛る。
丁寧緻密にして剛直、荷造り・梱包もロクさんらしい。

ロクさんに聞いた故郷鎌倉の山と湘南の海岸の話が、今も
心に残る。
山半分表は森林、裏はスパッと削ぎ落し宅地。
歴史ある風景とリゾート住宅街風景。
舞台の書き割りのように、山の裏表風景が二分される。
自然の有機的な境界が、面のように背景化・背後化する。
境は界(さかい)という空間性を喪失して、境面になる。
海岸もまた同様という。
陸と海の境は、ビーチとして整備される。
海岸はリゾートの境面。
この故郷の風景がどこかロクさんの作品構造に見える。
鮮やかな面の色彩と曲線の構造体。
そしてその立体を支える切断面繋ぎのケレン味の無い
構造。
今回の北海道の旅でロクさんが強く心に刻まれたのは、
自然と都市の間に横たわるより有機的な境界の相違だ
ったと思う。
自然的生物である人間。
社会的生物である人間。
このふたつの存在与件が激しく対峙して現在が在る。
長いこれまでの歴史が遺る歴史観光都市鎌倉は、自然
への畏怖と共存して歴史風景が在る。
一方近現代の都市鎌倉は自然を破壊し都市化が浸透し
観光リゾート化を続けている。
山地帯表裏する風景はその象徴である。
しかし鎌倉のような長い歴史ある都市と違う北海道
は、近現代そのものが海・山と向き合っている。
そこに近現代の可能性を見るか、その破綻を見るか。
歴史の感傷でもなく擁護・逃避でもなく、素で自然と
近現代社会の境界(さかい)を感じたのではないだろ
うか。
ロクさんが発った後そんなことを想っていた。

*ホピ&カチーナドール展ー11月1日(水)ー5日(日)
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

# by kakiten | 2017-10-31 14:34 | Comments(0)
2017年 10月 29日

鎮魂・癒しー最前列にして最後尾(26)

昨夜ロクさんから初めて聞いた湘南の話。
鎌倉の自然風致地区の山の裏側は、スッパリと
切断され住宅地造成が広がっている。
歴史的自然の側とその反対の裏側のギャップ。
札幌ではその境が緩く共存しているが、鎌倉
ではバッサリ切断され芝居の書き割りのようだ
という。
湘南の海岸も観光客のシーズン前には、トラク
ターがビーチ清掃に入るという。
観光・レジャーに徹底した自然管理の実態だ。
さらに夜の湘南に集まる暴走族の所業等、湘南・
鎌倉の観光レジャーの実態を聞かされる。
山裏側半分の話は、観光地売り物のイメージと
その舞台裏を象徴する話だった。
札幌でもかって三角山を全部削り宅地化する
動きがあったという。
確かに山裾の南一部は削り取られたままの状態
が今も残っている。
破壊は自然保護運動により撤回されたと聞く。
鎌倉の歴史・自然にはその事がもっと徹底して
山地半分をスパッと自然保護造成・宅地造成と
舞台の書き割りのように二分して背景化してい
るのだろう。

湘南のような南の人間が北へとあこがれる気持ち
は、手つかずの自然への憧れと重なって感じる。
私は北の人間だが、北海道でも道西に属するから
何故か道東・オホーツクへの関心があるような気
がする。
南は北へ、西は東へ。
これはある種の心の磁極・磁場なのだろうか。

ロクさんの作品の明快な立体断面でありながら、
暖かく軽やかに舞う作品群を見ながら、自然地形を
効用に拠って観光と宅地とスパッと切断する近代文明
に対する彼の心の痛みと慰撫を感じていた。
今回の作品群は彼の故郷への鎮魂と癒し・願いかも知
れないと思う。

*菅沼緑展ー10月29日(日)午後5時まで。
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2017-10-29 13:53 | Comments(0)
2017年 10月 28日

サムライ ロックー最前列にして最後尾(25)

展示最終週菅沼緑さんは、画廊を飛び出し富良野、芸術の森
北大構内等あちこちを徘徊している。
先日夜は、佐佐木方斎の家にも行ったという。
十数年ぶりの北海道長期滞在。
音威子府に移住して来た時とはまた違う北の秋を満喫して
いるようだ。
菅沼緑ー通称ロクさん。
みどりではなく、ろく、ロク、ロックさん。
繊細にして一徹頑固な人。
湘南カントリーボーイに生まれ、北・音威子府に’80年代
移住し、厳寒の地に心折れ故郷鎌倉に戻り、2000年岩手
花巻に居を移す。
学生時代より彫刻を志し、父上もまた彫刻家であったという。
そうした父子同じ彫刻への見えない葛藤が、彼の移住への
エネルギーをどこかで燃やしてしているのかも知れない。
時に感じる直截な思考・行動力は、反発し求める心の力、夢を
追うサムライのように思える。
北海道初期、夢のサムライ村橋久成や岡崎文吉等の生きた
北の風土にどこかロックさんも感応している気がする。
明治初期開墾・開拓の自然と人間の直なる対峙。
その明快さ、シンプルな風土に惹かれる彫刻家がいる。

彫刻とは何かを常に問い続けて来た。
アカデミックな回路に拠らず、自分が作品と納得する回路
を模索し続け、思う表現行為を続けて来た。
今回の展示作品も合板を張り合わせた立体に一面一色の色
を塗り大小様々な形象を壁に組み合わせたものである。
すると空間は自体がひとつの色彩・形象で刻まれた立体と
なる。
この建物自体がすべて紅葉した蔦に包(くる)まれている
から、内外呼応する色彩立体の彫刻(チョーコク)空間に
もなっている。
岩手から二十数年ぶりにここへ来るまで、こうした風景を
きっと想像もしなかっただろう。
多分音威子府に居た時とは違う時間が在る。

今週のロックさんには、作品と同様、外界と手を携えて
闊達に交感する時が流れているかのようだ。

*菅沼緑展ー10月29日まで。最終日午後5時閉廊。
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日(水)ー5日【日)。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2017-10-28 13:07 | Comments(0)