テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 29日

人間化した自然ー栃木・足利の旅’(3)

遠く垣根のような山並みを見ながら、私の住む
北の大地との差を思っていた。
垣根の内側の村落。
この山と大地の人間化した調和。
これらは一夕にして創られたものではない。
長い時間の人の営み・耕土がある。
北海道内陸は僅々百五十年前は野生自然が主で
先住民族アイヌが自然と共生し生きていた世界である。
そこに本州から明治維新以降移住して来た人々が住み、
国家は西洋近代を移植し新天地としたのだ。
自然はまだ人間化せず、荒々しく野生であった。
先住民が夏の年・冬の年と数えたような過酷な自然。
自然は馴染むものより、対峙する、戦うものとして
あったと思う。
そんな北の国から来た人間には、あの人懐(なっ)こい
山並みの姿と耕野。
そして苗字の付いた店名の多い2階建てを基本とする
商店街の足利市に新鮮な想いを抱いたのだ。
リットル東京とも呼ばれた札幌の今昔・近代とは質が
違うと思った。
そして現在の札幌は、新幹線・オリンピック・芸術祭
と増々トウキョーと呼応している。
しかし近代以前が縄文・野生自然しかない北海道・札幌
だからこそ、近代そのものに立脚して、その本質を磁場
としなければならないのだ。
あの直売所に見た農作物の多様さ、そして住む人の創っ
たさり気ない工芸品の可愛さ。
あれこそ、ファインアートのファインたる原点だ。
自然の恵み多種多様な農産物の片隅に、ふっと可愛く、
無邪気に添えられた手作り工芸品・調理品の数々。
そして足利の歴史的建築物と肩を並べ、同じ高さで
建ち並んでいた洋風・和風の商店街通りの街。
あの近代は直売所の工芸品・調理品と同じ空気の中にいる。
背後には民衆の幾代も続いた生活・住の時間が籠っている。
戦後アメリカ近代化のうわっら都市化現象と静かに対峙す
る民の住む根が仄かにまだ息づいている気がしたのだ。
着慣れぬ夜会服を身に纏い舞踏会をする鹿鳴館のコスプレ
から始まった明治の近代化。
その歪み・分裂を昭和の尊王攘夷・鬼畜米英で破綻した
国家の歴史よりも丘陵を農土に、低い山並みを村落の生垣
に変え野生の山を遠ざけた住民の長い時を掛けた知恵を私は
尊く思うのだ。

*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き




[PR]

by kakiten | 2017-12-29 14:49 | Comments(0)
2017年 12月 28日

垣根のような山並みー栃木・足利の旅(2)

遠く或いは近くに立つ山並みが、人懐(なつ)こい。
拡がる大地は人家と田畑で豊穣な感じがする。
中にぽっりと小さな丘のような小山があり、神社が
祀られている。
鎮守の森だ。
余位さんの実家近くのホテルに宿をとり、何度か
足利まで往復した。
そしてその度に風景が趣を変えた。
さらに途中幾軒かの直売所に立ち寄った。
生産者が自主的に開いている生産物の販売所である。
お馴染みの野菜・根菜にそれを食材にした調理品。
そして手作りの人形などの工芸品も置いている。
午前中にほぼ売り切れると聞く。
品物にはそれぞれの生産者の名前が貼ってあり、多い
のは3人ほど違う生産者の名があった。
今の時期だけという大きな頭ほどの梨が一個あって、
抽選でおまけになっていた。
そんな直売所がそれぞれの産物を個性的に寄り合う場所
のようにあって、物と人の幸せなサロンのようにも存在
している。
かき餅の製作所もお店を兼業していて、沢山並ぶかき餅
を試食しながら袋物の商品を選ぶことができる。
余位さんの案内で何軒も廻りながら、小さなワンダーラン
ドにいる気がした。
そして足利へ向かいながら、東京へ通じる東北道沿いに
大地が垣根のような山並みに近づき、長いトンネルを抜け
山並みの底のような凝縮した大地に足利市がある。
ここはこの辺りでは都会と、余位さんが言う。
2階建てを基本とする街並みは、空がここでも広く個々の
建物が心優しい。
洋館風な建物も、可愛く無邪気な感じがする。
こんな近代が良いなあ、と思う。
足利学校など歴史的な建造物も西洋風な建物も同じ時代
同じ時間を共有して豊かなのだ。
果実・野菜・根菜の豊かな実りと西洋近代・歴史的建造
物が違和感なく根付いて、今を形象してある。
その道の向こうに都・江戸・東京がある。
摩天楼を見切ったアメリカ現代は、ショッピングモール
を新たに造り、その特色をヒューマンスケールと定義した。
しかしショッピングモールには人の<住>という根はない。
栃木・足利の道には、産地・街に<住>の根が感じられる。
近代も前近代の伝統も、無邪気に、あどけなく自然に
息づいている。
こうした回路に都・江戸・東京があった事。
それは私には深く心を打つなにかであった。
北関東から東北にかけて、こうした文化圏は続いている
気がしている。
ミヤコはこうした陸のミナトの往還回路に本来在ったの
ではないだろうか。
住んでいる人たちの数珠のような村・町・生産畑・鎮守の
杜・・・。
その数珠の糸の繋がりの結び目のように国があり、都
(ミヤコ)があり、街がある。
広がる空がどこでもあったように、空を狭くする吸い上げ
る空間では無いのだ。
札幌の5月のような風景の中で足利の街に着き、舗道に
面したクレープの店でクレープを買った。
食べながら歩く。
夜は屋台珈琲の店で美味しい珈琲を飲んだ。
2階建ての多いこの街並みは、田園地帯の直販所と同じ
空の下にある。
これが日本のショッピングモール。
こうした近代があって良い。
決して鬼畜米英などに至らぬ幸せな近代ではないか。

*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日:am11時ーpm7時
*高臣大介ガラス展「紡ぎあう」-1月30日ー2月11日

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-12-28 14:50 | Comments(0)
2017年 12月 27日

生活の根ー栃木・足利の旅(1)

吉増剛造展最終日前日茨木空港に着く。
翌クリスマスイブの日曜日「札幌の古・水・道(フシコ・ワッカ・ル)」
と題されたトークセッション出席の為だ。
南那須大桶在住の鈴木余位さんが空港まで迎えに来てくれた。
そして2時間かけて足利市立美術館へ。
途中の風景が大きな心の根を感じさせる。
初めての北関東。
山並み・大地・風・光が新鮮だ。
小さな町・村の天地に根付いた家並みに心惹かれる。
この第一歩から何度も往復したこの東北道沿いの経験が、私には
大きな心の肥やしとなって、足利・吉増展のトークに深い磁場を
与えてくれた気がする。
東北・北関東を回路とする、東京・近代への道。
少し時間をかけて綴りたい。

*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日:am11時ーpm7時
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

by kakiten | 2017-12-27 14:59 | Comments(0)
2017年 12月 20日

高野圭吾詞画展終わるー最前列にして最後尾(41)

最終日は高野圭吾の命日だった。
竹本秀樹さんのパリ滞在中の数多くの小さな写真が、
高野圭吾のシャンソン訳詞とジャケット絵画の間に
跳ぶように浮かんで、2005年2月新橋・高野圭吾
最後の独唱会録音の歌声が流れた。
メロディーはシャンソンだが、唄われる詞は、彼の
生まれた北の街の空気が息づいている。
冬・短い春が立ち上がっている。
身も心も・・・。
身で感じる体温が、言葉の詞の中から立ち上がっている。
高野の描いた油彩画水中のオフエリアの姿が、春を待つ
冬の女神に見え、死の予感には見えない。
高野圭吾には冬の年のトニカが似合う。
札幌のシャンソン・・・。
その精神が垣間見えた。
日本の近代は、こんなところにも独自に根を下ろし
根を張ろうとしていたのだ。
まだ浅い苗木のように・・・だ。

短い会期だったが、高野圭吾の命日に合わせ果敢に
この展示を実行した峰艶二郎さんさんの実行力に
敬意を表したい。
私は今まで未知だったシャンソンという日本の近代
とともにひっそりと根付こうとしていた先人の札幌
人の存在を知った。
心より感謝している。

*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日
*高臣大介ガラス展「紡ぎあう」-1月30日ー12日

  テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-12-20 14:22 | Comments(0)
2017年 12月 17日

高野圭吾詞画展始まるー最前列にして最後尾(40)

シャンソンを愛する峰艶二郎さんの企画で
札幌出身のシャンソン歌手にして訳詞家の
高野圭吾の詞画展が始まった。
来週19日火曜日には午後から峰さんの
ギャラリートークも予定されている。
高野圭吾についてはほとんど知らなかったが、
1934年札幌で生まれ、東京銀巴里で歌手
デビュー、自身のレパートリー、他の歌手の
依頼で、150曲以上のシャンソン訳詞。
美輪明宏、金子由香里、仲マサコ等に提供。
また画家としては武蔵野美術大学入学、卒業後
東郷青児に師事し二科会特選も受賞。
2005年逝去。
今回主題となっているのは、高野圭吾の精神
母胎である札幌という近代都市の風景・風土
である。
彼の産まれた1934年(昭和9年)から
成人の20年間とは戦争ー敗戦ー戦後復興を
跨ぐ大きな変化の時代であり、札幌も戦後の
大きな波動の中で都市風景も大きく変貌した
時代である。
日本の近代を問う中で特に大きな時代なのだ。
札幌という都市もまた黒澤明が戦後間もない
昭和20年代映画「白痴」の舞台を札幌にし
後年「影武者」撮影で訪れた時、”ここはもう
私の知る札幌ではない!”と怒った時間にある。
その中でシャンソンという日本に根付いた近代
が札幌という精神風土とともに、高野圭吾の内
部でどのように変わりかつ根付いているかを、
この展示は問い掛けてもいる。

そいて何時か2006年亡くなった翻訳家石田
喜彦の事を私は思い出していた。
彼は晩年テンポラリーで「ホップソングを訳す」
というカルチャーライブをしていた。
ビョーク、シンデイーローパ、ブルーススプリン
グステイン、ロバートジョンソン、ビリーホリデ
イー等を自らの訳詞で、解説した。
その結果CDに添付された訳詞とは違う、歌い
手の生きた時代・社会が浮き彫りになって立ち
上がり、曲の印象がより鮮明になり、旋律や声
だけで受け止めていた印象がより歌い手の人生、
時代・社会背景に裏打ちされて感受されたのだ。

私は高野圭吾にも、きっと同じシャンソン訳経験
・声表現が潜んでいると感じている。
その喪われつつある札幌近代土壌を、高野圭吾
の唄う歌、訳詞、絵画に見てみたいと思った。

今年5月初めて見た八木伸子さんの晩年80余歳に
描かれた「大通り風景」のリラ、そして大通り公園
の札幌モダニズム。
今考えられない風景なのだ。
どこか異国を思わせる札幌近代の風土。
それは異国のエキゾシズムの単なる模倣ではない
ポプラやリラのように根付いていたモダ―ニズムの
心の根の風景なのだ。
明治以降150年の欧米化ー近代化は、二度の転換
を経て今がある。
その明治維新ー敗戦という亀裂を経てなおも生きる
今という時代の縁を彩る真のモダニズムとは何か。
その心の風土を札幌という近代以前は野生自然しか
ない純粋近代都市で見つめてみたいと思う。

*「高野圭吾詞画展ー歌ことに生きて」-12月19日まで。
 am12時ーpm7時:月曜定休。
 19日午後1時~ギャラリートーク 峰艶二郎
*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日(火)ー7日(日)

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503




[PR]

by kakiten | 2017-12-17 14:02 | Comments(0)
2017年 12月 14日

小さな泉ー最前列にして最後尾(39)

高臣大介さん第一子誕生との報ある。
女の子という。
昨年結婚し、今年はフランス滞在制作・展示、
続いてアメリカ滞在制作・展示。
そして今日は女の子誕生とドラマが続いている。
明年1月末始まるここでの展示タイトルは、「紡
ぎあう」と聞く。
2012年2月鉄の造形作家阿部守と清華亭と
テンポラリーで展示した「野傍ノ泉池」展以来
ライフワークとなったガラス作品テーマがここ
にきて公私に結実してきたかに思える。
十数年前千葉県から洞爺湖町に移住して来た
ひとりの男の地に根を指した生き様を見る気が
するのだ。
湧きだす水の一滴のようなガラスの一房が百一本
となり、毎年増えて今年は四百本、さらに千本を
目指すと宣言したが、彼の人生もまたそのように
湧き出て流れ世界と合流し広がる。
若い友人とのそれぞれのこの十数年を想い、湧き
出る一滴の、継続し触れて広がる志の力を思う。

*「歌ごとに生きてー高野圭吾詞画展」-12月16日ー19日
 19日13時~ ギャラリートーク 日本のシャンソン研究家
 峰 艶二郎
*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-12-14 17:28 | Comments(0)
2017年 12月 12日

栃木・足利へー最前列にして最後尾(38)

カテーテル検査やシャント手術やらで、一日入院が
2度も続き急な寒気もあって体調を崩していた。
週に3度の透析治療も加わって、体力が落ちている。
そして今月24日の足利市立美術館での吉増展の招待
トークセッションに備えねばならぬ。
ひとりの偉大な作家の大きな節目。
何時の間にかそこに立ち会い、添っていた。
私は百十余年の祖父・父から継承した札幌の地を、自分
なりに自分の時代の底で掘り下げて根付く努力をして
いただけに過ぎない。
1981年都心の父祖の地を離れ、円山郊外に職場と居
を移動し、そこで発見した札幌という身体の血管のよう
に感じた暗渠の川ー界川を辿り、源流へ河口へと自耕した。
それは自分の産まれた地の再構築、カルチべートの試み
だったと思う。
その試行の中で出会ったひとりが、吉増剛造だった。
彼は彼の生まれた地から、奥多摩、福生、横田基地等を経て
1991年石狩河口「石狩 みちゆき 大野一雄」公演で出
会ったのだ。
そして翌年ブラジル滞在。
ある深い悩みを抱き2年後帰国。
1994年「石狩河口/坐ル」ー長編詩「石狩シーツ」誕生。
2011年「石狩河口/坐ル ふたたび」ー3・11以降を
模索する制作。「怪物君」「火の刺繍」・・・。
この2度重ねられた<石狩河口/坐ル>に吉増剛造の真摯な
生の起点が宿っており、私はその過程のほんの一部に立ち会
っているに過ぎない。
今回招かれ用意されたトークセッションのテーマ「札幌の
古・水・道(フシコ・ワッカ・ル)」は、正に私自身の基点
を指している。

大きな宇宙を包含する銀河のような吉増剛造と名もなき
暗渠の見えない川界川のような私とが何故栃木県足利市
立美術館個展最終日に出会うのか。
それは節目節目に立ち会ってきた友への、友情の要請と
私は思う。
多分ある大きな節目、多分ある大きな旅立ち、その宇宙に
立ち会うように呼ばれている。

私は私の素のままに。
私は私の少しだけ抱けた自分の故郷の宇宙を胸に。
そこできっと少年のように、それぞれ多摩川、界川で見
つけた宝物の小石を見せ合うように出会うのだろう。
そんな予感がする。
剛ちゃんの伏古(籠)・水・道の宝物と僕のそれとが・・・。

*高野圭吾詞画展「歌ごとに生きて」-12月16日(土)-19日(火)
 19日午後1時~ギャラリートーク 峰艶二郎(日本のシャンソン研究家)
*岡田綾子展ー1月2日ー7日

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

by kakiten | 2017-12-12 15:38 | Comments(0)
2017年 12月 02日

凍結乾燥ー最前列にして最後尾(37)

11月の寒気日数105年ぶりという。
明治45年ー大正元年以来という事。
寒気・暖気の両振りが大きい昨今だ。
地球温暖化というけど、温暖化と寒冷化が大きく
先鋭化している気がする。

暫くお逢いしていなかった小林重予さんが死去
との報が届く。
心臓を患いテンポラリースペースの見える北大
病院13階に入院して、そこからここを時々
観察していたと一時退院した折メールをくれた。
彼女の散文を朗読した集まりの映像を今年送って
くれたのが最後の便りとなった。
明るく強い向日葵のような人だった。
最近では新しく建設される札幌市の文化公共建築
施設の展示作品候補にノミネートされ張り切って
いたが選ばれず、その悔しさをFBに堂々と載せ
ていたのが、重予さんらしく小気味良かった。
元々は工芸系の人だったが、美術家保科豊巳と
交流し美術へその本領を顕した。
代表作のひとつに札幌ドーム野外作品アートグロー
ブ展示作品がある。
私はアートグローブ企画自体を批判していたので
この頃から彼女とは縁遠くなった。
しかし今の場所に引っ越して彼女が北大病院13階
からいつもここを見下ろし、冬の雪かきやリラの花
が咲く路上を見ていたとメールを戴いた時、素直に
嬉しかったのだ。
そしていつか折りを見てかりん舎の坪井さんと一緒に
テンポラリーを訪ねるのが楽しみとも書いてあった。
もうそれも叶わぬ夢となった。

彼女は女性の太陽のような明るく強い側面を体現す
る人だった。
その強さはある時には自らを主にする余り、敵を
自ら生んでいた気もする。
作品への自負心が強烈にあって、明るい少女のよう
な向日性があった。
病名は「拡張型心筋症」
心臓もきっと太陽のような人だったのだろう。
今は病院の13階ではなく、本当の空からここを
見ていてくれるのかしらね・・・、重予さん。

寒気廊ー
寒さに凍える手を撫でながら、擦り合わせる掌(て
のひら)の微かな暖かさに、重予さんの明るさ強さ
を思い出していた。

*岡田綾子展「metamorphosis~あいだの時間」
 ー1月2日ー7日am11時ーpm7時
*高臣大介ガラス展ー前期1月30日ー2月4日
 後期2月6日ー11日
*鈴木余位+村上仁美展ー2月中旬

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-12-02 11:33 | Comments(0)