テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

24軒と二四軒ー湿地帯(12)

酒井博史さんがF・Bで書いている。
自宅の日章堂印房のある住所地名の事だ。
西区二十四軒の地名が24軒と表記されていると
その違いを苛立っている。
これは場所に対する想いが言わせる苛立ちだ。
私にも同じ思いで感じた事がある。
四丁目というある界隈性を保った場所の呼び名が、
ある時4丁目プラザと一ショッピングビルの名と
なった時だ。
街を構成する通りと界隈性がこの時消去されたと
感じた。
祖父の時代の停車場通り、父母の時代の駅前通り
それらの通りがショッピングビルへとパックされ
四丁目が只の数字表記4となって通りと界隈性と
いう根を喪失してきたのだ。
四日市と4日市は違う。
20歳と二十歳も違う。
指示する数字は同じだが、<はたち>と聞けば
他の数字にはない想いが籠もるだろう。
土地の地名も同じである。
八軒、十二軒、二十四軒、十軒とは、最初の集落が
出来た時の住民の軒数に由来する地名だ。
数字一つにも人には想いという心の有機的な根がある。
人口が増え、記憶や想いが風化し、数字は只の数字
となってゆくのも時の流れだが、そうした個々の
小さな根のような根毛が無い世界とは空しい世界と
思う。
個々の想いではなく、立派な記念碑や看板があれば良い
という問題ではない。
個々に共有される記憶の根こそが、土地の豊かさを育ん
でいる筈だ。
故郷の郷たる故(ゆえ)である。
酒井さんの自宅周辺からの指摘・ぼやきは、数字デー
ター全盛の量の利に走る時代に、個々の料の理から
発する広い料見なのだ。

24軒があれば、隣は25軒でその前は23軒。。?
そういう数字ではない。
原野にできた新たな集落を記念した数字なのだ。
数字一つにも人は想いの根を張る事がある。
その小さな人の根こそが、故郷を創り故里を創る。
その根が社会構造からも個人からも、空洞化しつつある。

*中嶋幸治展「分母第二号販売展:特集メタ佐藤ーその包み直される
 風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)am11時ーpm7時
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月初旬~予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-28 14:54 | Comments(0)
2017年 02月 26日

濡れて、凍ってー湿地帯(11)

濡れた雪が糠道となって足を奪う。
翌日濡れた路面が凍って足を滑らす。
しかし顔を刺すような冷気はなくなった。
今は火の消えた朝の室内が屋外より冷えている。
ギャラリーに入りストーブに点火し暖める。
そんな繰り返しで、季節は進んでいる。

F・Bを見ていてふっと目にとまった名前。
以前体調を悪くしていると聞いていたKさん
の名前。
どうしているかなあ、と思い友達申請をする。
するとすぐ返答のメッセージが入った。
ちょうど川とかの事を考えていて想い出して
いた時と言う。
そして入院は斜め向かいの北大病院12階の
病室で下界にテンポラリースペースが見え、
雪掻きしてる姿、路上の紫陽花が咲き出した
様子などを見ていたという。
斜めの通りを川に見立てたりしていたとも
書かれていた。
かって精力的に活躍していた美術家のKさん。
心臓病で長い療養生活を送っていたようだ。
私は腎臓なので、すぐ返事を書いた。
以前心腎一体と、医者から聞いた事がある。
内臓は有機的にそれぞれが深く関わり合って
いる。
体重・水分管理は、心臓との関係によって
コントロールされる。
ドライウエイトと呼ばれるものだ。
知らぬ間に12階の天上から心臓を病む
Kさんに私は見守られていたのだ。
界川暗渠流域をテーマとする’89アートイ
ヴェントの時、東京の美術家保科豊己をサ
ポートし、制作を旧プラハ建物で手伝って
いたKさん。
時の伏流水は長いビットウイーンを経て
湧き上がっていた。
ここで心臓と腎臓が呼び合うように再会した。
サクラ咲く頃、かりん舎のTさんと訪ねたい、と
メッセージの返事は終わっていた。

雪泥が足を奪い、その雪泥が凍(しば)れ、
また融ける。
そんな繰り返しの時の経過に似て、人と人の間
にも雪泥や凍雪の時があるのだろう。
そして福寿草のように黄(喜)の花が雪泥の
間から再会の花を咲かす時もある。
そんなメールの時間だった。

*中嶋幸治展「分母第二号販売展:特集メタ佐藤ーその包み直される
 風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)am11時ーpm7時
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月4日ー27日予定

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-26 14:39 | Comments(0)
2017年 02月 24日

時の耕土ー湿地帯(10)

20数年ぶりだろうか。
今は岩手県にいる菅沼氏と近年交流が復活し今年
秋個展を開いてくれる事になった。
鎌倉生まれで父上も彫刻家の彼は、一時音威子府
に移住して来た事があった。
その頃画家熊谷榧さんの紹介で知り合った。
1,2年後音威子府を去り、今の岩手県に住まい
を変える。
その後花巻市土澤町のアート@つちざわ、土澤
まちてくギャラリー等の企画主宰に関わり土地
に根差した独自の活動を続けている。
その間彼の作品活動も見る事なく、寂しく想って
いたから思い切って札幌での展示を誘ってみた。
快く快諾を今日戴き、とても嬉しい。
ロクさんの愛称で呼ばれる菅沼緑氏。
鎌倉から厳寒の音威子府、そして岩手県花巻へ。
あの頃の純粋で直向きな切れ長なロクさんの眼差
しを想い出す。

秋田の民芸の三浦正宏さんといい、菅沼さんと
いい長い時を経て、変わらぬ時間もある。
不在というビットウイーンの時間。
それぞれが個々の場で生きていた時間なのだが、
ふっと心の目が合えばたちまち伏流水のように時
の泉が湧き上がる。
逢わなかった時間が蒸発せず、活きて流れている。

冬の間自転車通勤を止めていて地下鉄・街路で感じ
る事は、この中間のビットウイーンの時間が切り捨
てられているように感じる事が多い事だ。
スマホ担いだ飛脚歩行か、ヨタヨタ俯く千鳥足歩行
の二種類に分別される気がする。
中間が除去される気がする
季候も寒暖差が激しく、中間の季節感が薄れている。
一日毎にも寒暖差があり、夏冬も極端になりつつある。
ビットウイーンの豊かさが、自然からも人間社会から
も希薄になりつつある時代に、ロクさんとの再会、彼
の作品を見る時間は、自分が自分らしくほっと息を吐
きそうな気がして、今からとても楽しみなのだ。

+中嶋幸治展「分母第二号販売展:特集メタ佐藤ーその包み直される
 風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-24 14:16 | Comments(0)
2017年 02月 22日

月裏の男ー湿地帯(9)

裏付け、裏打ちという言葉がある。
真実、本物、という意味で使う。
千葉県から北海道洞爺月浦に移住して約15年。
ガラス作家高臣大介の今を想う。
「冬光」の円盤状のガラス作品と「野傍の泉池」の
ガラス房が照明の光影を映して触れて響く音と共に
壁に浮かんだ今回の展示。
その試みが彼の今の生の証しだった気がしている。
祖母・父母・結婚と親子三代、今月浦に住まい、
作品もまた、志と成熟を保ち始めたからだ。
透明な円盤状のガラス板。
水滴のようなガラス棒の房。
「冬光」「野傍の泉池」と名付けられたふたつの
作品が光を透過し壁に映し出しす光影。
普段見えない表面上の起伏の影をも意識化した
今回の「奏であう」展は、正に生きる場の裏打ち
という言葉の顕れだった気がするのだ。

厳冬の寒気廊。
アラジンの大型ストーブ。
上昇する暖気風。
揺れる冬・光、泉・水。・・・響き。
透明な影という、淵・澱み・波紋。

洞爺・月浦。
ガラス制作を通して、真にこの地に根付きだした作品
と私は感じる。

最終日当夜・月の裏も輝いていたから。


*中嶋幸治展ー「分母第二号販売展:特集メタ佐藤ーその包み直される
 風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)。
 am11時ーpm7時。
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月4日ー23日。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-22 14:28 | Comments(0)
2017年 02月 21日

「奏であう」最終日ー湿地帯(8)

高臣大介展「奏であう」最終日夜。
自然と10人ほど人が集まる。
アコーデイオン奏者八木さんが久し振りに来て演奏。
程なく大介展最終日に欠かせない酒井博史さんも来る。
やがて大介の歌声が八木さん、酒井さんの伴奏で響き
酒杯が廻る。
円いガラス板「冬光」とガラス房「野傍ノ泉池」がアラジン
ストーブの暖気で揺れて光の影と音を出す。
壁に揺れるガラスの影。
人も空気も揺れる影の中。
声、楽器、揺れて鳴るガラス音・・光と影と響きが廊内を
満たしていた。

千本を目指す、と101本から始まった「野傍の泉池」のガ
ラス展。
今年4回目は400本の筈だったが、昨年暮れに死去した
音楽家太田ヒロさんへの強い追悼の想いから、本数から離れ
て今回「奏であう」展があった。
その展示への素直な気持ちを高臣大介が今日のブログに記し
ている。
敬愛した死者への深い心が、展示の試行錯誤を通して、溢れ
出るように書かれている。
様々な高低・列・凝集で展示されるガラス作品が、触れると
美しい響きを放つ事はすでに知っていた、
しかし今回初めてその響き・透す光の影と併せて作品の全存在
に近づけた気がする。
照明を通した吹きガラスの揺れる影、そしてガラスが触れ響く音。
それは高臣大介の友人の死への深い思いがもたらした、新たな
ガラス創造空間と思える。

<奏であう>展は、友人の死を風に揺れる音と透んだ影に馳せ、
作品の秘めた宇宙を触発し、閉じた。

+中嶋幸治展「分母第二号販売展・特集メタ佐藤ー包み直される
 風気おと呼び水」ー3月4日(土)5日(日)am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-21 15:47 | Comments(0)
2017年 02月 19日

光と影と揺れる音ー湿地帯(7)

最終日当日、前日ともに晴れ。
光燦々・・・。
ガラス作品、滴のような房に光が溜まっている。
午前、南西からの光の房。
午後、西南の光と変わる。
そして夕日が落ちて電気の光だけの時、小樽
の橋本洋輔氏が来る。
彼は、今回高臣大介展のテーマ「奏であう」に
深く関わる昨年末死去した太田ヒロさんの親友
である。
ミュージシアンである橋本氏はすぐに揺れる
ガラスの音とライトに映された影のハーモニー
に注目しスマホを翳し録画していた。
下に置かれたアラジン型の石油ストーブの上昇
気流で自然に揺れふれあって響くガラス音。
そして太田ヒロさんの此処での最後の演奏に使
われた円盤状の楽器を思い起こさせる円盤状の
ガラス板。
そこに充てられた照明の光が壁に微妙な凹凸の
影を浮かばせている。
この音と影の競演が深く橋本さんの心を捉えた
ようだ。
普段は見えないガラス表面の微妙な凹凸。
そして風に揺れ響く音。
視覚・聴覚・皮膚に触れる空間。
”これは飽きないなあ^と橋本氏が呟く。
太田ヒロの死を悼み懐かしむ気持ちが新たな
ガラス表現の可能性を拓いた気がする。
人の動きや風によって自然に生まれる音と光の
空間。
その中に、ただただ飽きずに立ち会っている。
そんな展示方法がイメージされた。

ガラス自体が自然に発する音と影で生まれる
新たな展示。
太田ヒロを哀悼する気持ちが音も加わり生まれる。
昨晩は冥界よりヒロも加わってくれたなあ、
そんな夜だった。

*高臣大介ガラス展「奏であう」ー2月19日(日)まで。
*中嶋幸治展「分母第二号販売展・特集メタ佐藤ー包み直さ
 れる風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)ー4月予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-19 16:54 | Comments(0)
2017年 02月 18日

それぞれの飛翔ー湿地帯(6)

昨年末13年ぶりの里帰り個展をした京都在住の
橘内光則さんから連絡がある。
その後ドイツ・ハンブルグでの展示で9組13点の
作品中8組が売れたという。
私が札幌に残したかった大野一雄を思わせるキャン
ドルと燭台の作品も売れたという。
これを機会に新たに作品図録を再編集したいので作
品論を書いてくれないかという。
正式には奥さんのナッツさんから依頼があるまで未
定だが、嬉しい事だ。
13年前札幌を離れ単身京都へ旅立ち仕事と画業を
続けてきた橘内光則。
札幌生まれの彼には京都も日本の親しい異国だった
だろう。
同じ頃親友の谷口顕一郎さんはサハリン経由でベル
リンへと旅立ち、その後欧州で活躍し、昨年夏札幌
彫刻美術館でも個展を開いた。
ふたりの旅立ちの方向は当時全く正反対だったが、
踵(かかと)のような故郷札幌でふたりの成果を今
見ている。

今朝会場に顔を出した高臣大介さんが、開口一番”俺、
イタリアの映画に出るよ!”と話す。
”え・・?、”と聞くと、イタリアの映画監督がカンヌ
参加作品に日本の食と文化をテーマに撮影し、その中
でガラスの制作風景を撮るシーンを考えたという。
食と器と文化という事だろうか。
高臣さんは来年フランスで窯場を借りて制作し個展を
予定している。
彼にまた新たなヨーロッパの関係が生まれるようだ。
今年1月初めてパリ郊外展示に始まり、様々な可能性が
開きつつある。
多分親友の谷口顕一郎のヨーロッパでの活躍を横目で見な
がら、何時か俺も・・・と思っていたであろう高臣大介。
その密かな気概が段々現実の仕事として見えてきた気がする。

ドイツ・フランス・イタリア・・・3人の作品とともに
拡がる世界は、心温まる春一番の風のようだ。

*高臣大介ガラス展「奏であう」ー2月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*中嶋幸治展「分母第二号販売展・特集メタ佐藤ーその包み直される
 風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月予定

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-18 12:38 | Comments(0)
2017年 02月 17日

掌の耕地ー湿地帯(5)

旧友工藤正広氏が今北海道文学館展示中の「”手仕事の
日本”と民芸の思想」展で出版された「民芸との遭遇」
という小冊子を届けてくれた。
主催者である三浦正宏、工藤正広、平原一良の3人が
寄稿している。
その中で心惹かれた工藤氏の一文。

 比喩で言うと、わたしは洋紙ではない。手製の和紙
 といったところか。精密な機械で織る布ではない。
 手織り。電気ミシンで縫うのではない。一針一針手で
 縫うような、綴れ織りのようなことだ。
 ぼろを継ぎはぎする綴れ織り。そんなふうに思うと、
 おや、民芸のコンセプトと、方言で表現する仕事が
 同じことだというふうに思われてくる。
 ・・・・
 たとえば、今展で見られる津軽の「こぎん刺し」の
 きものについていえば、これは言語表現に置き換えれ
 ば、見事な方言詩の言語体、文体と譬えてゆるされる
 だろう。

ロシア文学者・詩人で今展の企画者でもある工藤正広なら
ではの優れて鋭い指摘である。
方言の保つ言葉の響きも含めた総体的な言語の手触りが、
手仕事の掌(たなごころ)と見事に木魂している。
この通底するラデイカルな木魂力が、北海道立文学館で異例
の民芸展を企画させたエネルギーだろうと感じる。
前日このブログで触れた高臣大介のコップへの想いとも、どこ
か木魂しながらこちらも読んでいたのだ。
カルチャーの原義が耕土という事が忘れられる現代。
本当に触れるという事が開墾する真実。
そこを基点として拓かれた風土・感性の響き・手触り。
耕土・風土が空洞化しつつある時代に見事に対峙する
文章と思う。

*高臣大介ガラス展「奏であう」ー2月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*中嶋幸治展ー「分母第二号販売展・特集メタ佐藤ーその包み
 直される風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



 
[PR]

by kakiten | 2017-02-17 13:53 | Comments(0)
2017年 02月 16日

透徹する掌ー湿地帯(4)

初日の夜高臣大介さんから先月訪れたフランスの話を聞いた。
ガラス作品の評価は相対的に低いという。
いわゆる工芸的な評価位置なのだろう。
現代美術、ファインアートとしては評価されていない。
その事に触れて高臣大介は、究極のガラス作品として
ガラスコップを考えているという。
何の変哲もないガラスのコップ。
そこに全てを籠める。
そして実際に一点作品が展示されている。
掌に収まるシンプルなガラスのコップ。
その掌の中に固有の個が息付いている。
究極の掌創り。
三浦正宏さんの民芸思想の精神に通じる。
人間の掌(てのひら)がひとりづつ固有であるように
その掌の(たなごころ)も固有なのだ。
コップひとつにその固有性を賭け顕在を志す。
究極の掌(たなごころ)コップだ。

高臣大介さんの話を聞きながら、掌の復権という人間
の原点のような今最もラデイカルなテーマを思っていた。
掌を離れて小手先・指先操作の機械増幅力で繁栄する社会。
掌(たなごころ)が抱擁する掌(てのひら)の宇宙。
その最もシンプルな造形形象のひとつコップを、究極の
ガラス作品として創りたい。
これは今ガラス作家高臣大介が到達したある透徹した志向
であると私は思う。
その究極の手・掌が、透明な一個のガラスコップとなって
顕在化するのは、永遠の挑戦となるかも知れない。
しかしその永遠性こそが究極の人類の掌(たなごころ)の
魂なのだ。

その想いで創られた透明なコップが一点、白い壁と白い棚
の上に置かれている。

掌が合わさって、合掌。
奏であう・・・・握手。
これも究極の掌だ・・・。

*高臣大介ガラス展「奏であう」ー2月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時
*中嶋幸治展「分母第二号販売展・特集メタ佐藤ーその包み
 直される風景と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-02-16 12:44 | Comments(0)
2017年 02月 14日

「奏であう」初日ー湿地帯(3)

入って正面左側に吊された「野傍の泉池」十数本の
ガラス房の固まりが先ず目を引く。
中心部に光が宿っている。
天井を見るが、当たっている照明燈は見あたらない。
よく傍で見ると一房がそれ自体光を発している。
そして会場西のコーナーに数本のガラス房が吊され
下に大きなアラジン型の石油ストーブが置かれている。
そのストーブの熱の上昇気流がこのガラス房を微かに
揺らし音を立てている。
背後の白い壁に円いガラスが浮き、楕円の照明が注がれ
ていた。
あとは南窓に横一列にランダムな高さで野傍の泉池が
並ぶ。
光と奏で、灯りと奏で、風と奏でる。
午後昨年暮れ亡くなった太田ヒロさんの奥様が訪れる。
この時今回の展示<奏であう>が、鎮魂の詩を孕んで
いる感じを強くもった。
陽光の反射する雪明かり、気流の風が揺らすガラスの音、
内から発する灯りの灯籠。
これらが陽が落ちる夜、常夜灯のように奏であう刻(とき)
を刻んでいく。

高臣大介の千本を目指す「野傍の泉池」ー<奏であう>展。
鎮魂の優しい淵。
そんな展示と思う。

*高臣大介ガラス展「奏であう」ー2月14日(火)ー19日(日)
 am11時ーpm7時。
*中嶋幸治展「分母第二号販売展・特集メタ佐藤・包み直される風景
 と呼び水」ー3月4日(土)5日(日)
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー4月予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-02-14 16:42 | Comments(0)