<   2016年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

音舞って、雪降ってー鉄橋(19)

朝から冷たい風吹き雪が降り出す。
鼓代弥生展最終日前日朝。
早速展示を見た客と話しが進み、太鼓の音が響く。
外では雪が舞い、中では太鼓が響く。
音も風も雪景色も絵も一体となって時が過ぎる。
会場に置いてある太鼓にも鼓代さんの絵が描かれている
から、会場に違和感はない。
そして観客は2階吹き抜けに上がり彼女の演奏を聴く。
空間全体が彼女の絵画と共に目に耳に肌に全身に響く。
空間が五感の函(はこ)となって身体も函となる。
函は閉じる箱ではない。
水が緩く流れ、淀み、函となるハコなのだ。
光も水のようにこの小さな函を流れる。
雪の日も風の日も朝・昼・夕、同じ光はない。
鼓代さんは自然に、木彫・絵画・太鼓そして射し込む光
訪ねる人とともに、鼓代の函を創っている。
きっと彼女にとって幸せな時間・個展と思う。

自らも解放され、訪れた人も解放される。
人間も五感・第六感の函だから、それを子供達が身体的に
一番先に実践している。
川を上り下る魚のように、梯子を登り、階段を駆け下り、吹き
抜け回廊を走る。
水や光や風が保つ緩急・明暗・強弱の世界に囲まれて人もまた
生きているのだから、身体の内に閉じている函性を意識的に
回復すべきなのだ。
閉じた箱(ボックス)から、開いた淀み流れる函(世界)へ。

そんな身体函の脈拍・鼓動を聴きながら最終日前日が過ぎてゆく。

*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー5月1日まで。

 テンポラリースペース札幌市帰宅北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-30 13:35 | Comments(0)
2016年 04月 29日

女性パワー鉄橋(18)

作品にも日常にも通じるすべての行動力において
女性パワーを感じる。
それはやはり全身力とでもいえる統一性だろうか。
絵画なら絵画だけに収まりきれないなにかである。
またそういう人が多く来る。
筋肉言語を主体とする男性性とは違う内臓言語の逞しさ
でもあるのだろう。
内側から溢れ出るのだろう、一つの回路が開くと女性の
身体回路は全方位的に外へ放射される。
今回の鼓代弥生展も単純に絵画だけの展示ではない。
木板に彫りこむ事と色彩を施す事を同時にして作品化する。
さらに会場に太鼓を持ち込み音も空間に叩き込む。
訪れた人もなんらかの形で同時進行する。
絵を見ているのか、太鼓を叩き楽しむのか、どちらも同時に
感受し行為している。
一感ではなく多感なのである。
その多感性をあえて身体性と呼び女性性と思う。
女性性というのは区別・差別で言うのではない。
人間の保つ全身力の意味である。
筋肉が内臓抜きに成り立たないように、全身力としての女性性
の意味だ。

フラメンコをしている女性が来る。
彼女もまた美術からフラメンコに入ったという。
この身体性を保った同時回路の進化・深化。
あまり男性には見られない文化の保水力である。
二股とか言う単純なものではない。
無理なく同時多発・一本化なのだ。
話しているとよく分かる。
男は大体筋肉言語から発するので、同時多発的ではない。
どちらが良いと言うわけではない。
総合的に全人間的なのだ。

時代はそうした全人間的力を必要としている。
舌の筋肉、目の筋肉、耳の筋肉といった外への筋肉重視
に偏らず、内臓の内なるパワーこそが底力を発揮すべき
時代と思う。
そしてそれがじわじわとながら、迫り上がって来ている予感
がする。

+鼓代弥生木彫平面作品展ー5月b1日(日)まで。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-29 13:29 | Comments(0)
2016年 04月 28日

鼓代弥生木彫平面作品展初日ー鉄橋(17)^

壁に釘打ち、木彫の絵画、太鼓・・と打つパワー溢れる。
前夜祭のイベントへ。
舞踏・太鼓ふたりと3人のパフォーマンスが吹き抜け、1階
超満員で始まる。
私は原稿書きをその前に終わらせ、メールに添付して
送信し終えた。
無事着信したとの連絡も来て、ほっと一息である。
多くの来場者の中今まで遠かった人とも今回の再会が切っ掛け
で親しくなる。
鼓代さんのパワーのおかげだなあ。
ふたりの子持ちバツイチで、この漲るパワーはどこからくるのか。
作品自体も開花した桜のようである。
そうか開花するエネルギーだなあ。
苦労というか陰の部分を乗り越える外へのエネルギーが創造の源
なのだと思える。
内へ沈む深さより今は打刻する外への放射。
それが木彫平面絵画となり、ジャンベ太鼓打楽となる。
地下の根への関心はきっとこれからだろう。
根の世界もまた透明な水という光を求めて、地に枝を伸ばしている。
彼女は今、光という水を求めて空に根を張るように梢を振っている。

酒井博史さんが来て、写真家の吉田君が来る。
初対面ながらすぐ話が通じる。
特にプロレスのリングアナをサイドビジネスで吉田君がしていると聞いて
酒井君の目の色が変わる。
小さい頃から相撲とプロレスに親しんでいる酒井君は、半端でない通である。
ふたりの話は盛り上がる。
会場では吉田君が連れてきた女性と鼓代さんが盛り上がっている。
なんと、二度離婚の3人子持ちの写真家の女性だった。
そりゃ、、盛り上がるよなあ。
だんだん雰囲気が格闘技の熱気に似てきた。
私は退散して打ちかけのパソコンに向かう。
会場に置いてある太鼓を叩き会場で絵も楽しんでいる。
そして話が奥の談話屋、会場と盛り上がっている。
写真家の女性が連れてきた子供が、梯子を昇り、裏の階段を下り
興奮して楽しんでいる。
だんだん実況中継のようになってきた。

*鼓代弥生木彫平面作品展ー5月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503、
[PR]

by kakiten | 2016-04-28 18:16 | Comments(0)
2016年 04月 26日

鼓代弥生展「駅」展示ー鉄橋(16)

鼓代弥生木彫平面作品展「駅」展示ほぼ終わる。
自由奔放な感のある人だが、そういう力のある女性だ。
最近そういう女性と会う。
写真家でケラケラと明るい人が二度離婚して3人の子持ちとか
聞いて驚いた。
鼓代さんもそういう系統の強い女性である。
こういう人が木彫をし、太鼓も叩き、絵も描き、会場で壁に釘を打つ
と迫力がある。
手伝っているジャンクアートのF氏も話すと私と同病と聞き親近感
を感じた。
ムーミンに出てくる飄々とした人物に似ている。
展示はうまく進んでいる。
展示終了後夜は太鼓と舞踏の前夜祭である。

合間をみて締め切りが昨日過ぎた吉增剛造展への文章仕上げる。
当初久しぶりに原稿用紙に万年筆で郵送しようと思っていたが、字数
制限と内容未消化で遅れた。
電送するしかない。

*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー4月27日(火)-5月1日(日)
 am11時ーpm7時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503、
[PR]

by kakiten | 2016-04-26 16:35 | Comments(0)
2016年 04月 24日

コカコーラの瓶ー鉄橋(15)

もう10年以上前教育大生のN君が学校のグランドを掘り起こす
「モグラプロジェクト」というパフォーマンスを試みた事があった。
5,6mも地下へ掘り込んで、その途中出土したものを展示した。
一番最後に出たのは、コカコーラのガラス瓶だったという。
石狩川河岸に近くかって河川敷だったような地形なので、地上の
歴史もコカコーラの時代までという証である。
いわば戦後近代の根が、コーラのクラシックガラス瓶ともいえる。
この後ペットボトルとなり、ガラス瓶は牛乳瓶と同様プラステックや
紙パックに変わっていくのだ。
明治以降の西洋的近代化とアメリカ占領下戦後のアメリカ化近代
の原点とは、珈琲とコーラの違いかも知れない。
しかしその容器を思えば、ガラス瓶とペットボトルでは、廃棄後の
在りようが決定的に違う。
大量販売の大量消費。
それがアメリカ式物質主義の流れだとすれば、プラステック瓶は
まさにぴったりの瓶なのだ。
ガラス瓶との相違は、運搬の利便さ、空瓶の手軽さ、すべてにおいて
勝っている。
しかしそれは自然に戻らぬ産業廃棄物の最たるものとして、ガラス
瓶とは一線を画す。
コーラ瓶のペットボトルとガラス瓶の差異は、それなりに近現代の根
の差異として大きな位相を占めている。
この話にペットボトル世代の歌人と呼ばれた山田航さんが反応して
いた。
実際に藍の里地区に実家のある彼は、いわばこのコーラの近代を
生まれ育った時代の申し子なのだ。
第二歌集「水に沈む羊」展では是非また今は尾道で船大工をして
いるN君にもまた作品を創ってもらいたい。
ガラス瓶とペットボトルの対話。
その界(さかい)には、近代と現代の大きな境界が横たわる;
有機物の自然に還るガラス素材と石油から原発に至る現代の
エネルギー源の境目のエッジだ。
近代と現代の界<さかい)の両岸の対話だ。

*それぞれの八木保次・伸子展ー4月24日(日)まで。
*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー4月27日(水)ー5月1日(日)
:ライブ・太鼓×ダンスー4・26午後7時~&5・1午後2時~。
 1500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

 
[PR]

by kakiten | 2016-04-24 13:01 | Comments(0)
2016年 04月 21日

不調ー鉄橋(14)

友人のS君の好意でパソコンを替えた。
さらに縦型が良いかといってモニターも持って来てくれた。
ノート型パソコンの横にモニターを設置する為それまで使用
していたウインドウズXPを外した。
その際配線を間違えたらしく、電話もパソコンも作動しなくなる。
この地域は光回線なので、すべて不通なのだ。
先週金曜日の事で、土日はNTTのオペレーターとも繋がらず
月曜日は定休日と通院なので火曜日に修理を頼んだ。
ちょうど休みで顔を出したMさんがNTTに電話し回線ミスを
正し配線コードを繋いでくれた。
光回線以前のコードを使っていたり、そこから配線が混乱して
いたようだ。
日曜日にはS君も来て、種々試みたがルーターの故障かも
という結論だった。
ルーターを作業中落下させていたから、その可能性もあると
思っていたりした。
とにかく電子機器は当たり前だが正しい接続が前提である。
一回路開通。
これって一種の電子ファシズムだなあ。

今日は体調優れず昨晩の透析治療効き過ぎかな、と感じる。
ライトウエイトを超えて終わったのだが、少しふらつくのだ。
地下鉄通路で急に視界が薄れ倒れる。
すぐ立ち上がったが、乗り換えの電車は乗り損ない次の
電車で目的地に着いて地上に上がっても道端でしばし休む。

パソコンだけでなく体の回路も配線ミスかな・・・。
水分を控え減量を維持するドライウエイトの目標はオーバー
したが、少しオーバーワークかも知れない。

*それぞれの八木保次・伸子展ー4月23日(土)まで。
*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー4月26日ー5月1日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-21 16:03 | Comments(0)
2016年 04月 14日

絵の同窓会ー鉄橋(13)

作家がその時々心魂込めて描いた絵。
それは時間の経過とともに人の手に、あるいは作家自身の
アトリエの片隅にと姿を消す。
そして作品も記憶の倉庫に収納される。
そうした様々な収納庫から、まるで同窓会でもするように
一つに集まると、時が消え作品が甦り、新たな出会いが
生まれるようだ。
「それぞれの八木保次・伸子展」は、作品自身がそんな
感じで並んでいる。
嫁いだものもあり、遺族の実家に保管されているものもある。
生まれたその時代時代の顔が、新鮮な今を笑顔で迎えている。
テンポラリー・コンテンポラリーだなあ。
それぞれの在る場所(temporaryーとりあえず)が、今共に(con)
同じである連続性ー人生を浮き出している。
夫婦の生涯ともに追求してきた故郷の彩り。
今度の展示は特に八木保次・伸子ふたりの絵画人生という同時代
性をを強く感じさせる。
そして吹き抜け2階回廊から暖かく見守るように展示したのは、
八木さん夫婦に憧れ絵画の道に進んだ上野憲男の版画「海の外側に
沿って」5点。
生前親しかった私の恩師でもある故菱川善夫先生の奥様和子さんの
花の絵。
さらに円山北町時代の建物を設計施工した倉本龍彦氏がお祝いに
くれたゴッホの版画。
そして前回「記憶と現在」展で一緒に並べた村岸宏明の18歳の作品。
藤木正則の「界川遊行」に後藤和子さんの青の作品。
私なりの基準で八木さん達を取り囲む自然と時代を感じさせる作品を
配した積もりである。
ゴッホの版画は足元を力強くスコップで掘り起こす図で、足元を耕す
カルチヴェートの意志を感じて飾った。
村岸の絵は時代・社会という足元の同時代性を感じている。
菱川和子さンの花の絵はご主人の善夫さんとの親交もあり同時に
伸子さんの主要なモチーフである花を意識した。
藤木、後藤さんの作品は、札幌の川を意識し飾った。
そして川の流れ行く先海を上野さんの作品で配した。
最後に八木さんのアトリエ自宅玄関にあった竹の表札を入り口右の
コーナーに置いた。
これはこの家がいづれ解体されると聞いたのでご遺族の了解を取り
戴いたものである。
切った竹にご母堂の敏さんが3人の名を揮毫し彫り込んだ思い出深い
表札である。

*それぞれの八木保次・伸子展ー4月21日(木)まで。
 am11時ーpm7時・月曜定休。
*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー4月26日ー5月1日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-14 14:00 | Comments(0)
2016年 04月 13日

時を超えてー鉄橋(12)

「それぞれの八木保次・伸子」展展示完了。
ご遺族の高橋均氏所蔵の2点、友人の小杉山竜一氏所蔵の4点、
それに私所蔵の2点計8点の構成である。
作品の大きさも様々だが、制作年も様々である。
古くは今回初めて見る高橋氏提供の2点で、八木伸子1961年
制作の大作がある。
すでに絵の具が剥落しかけているが 紫を基調の吸い込まれるよう
な画面を保っている。
同時に八木保次さんの少し伸子さんの絵より小さめの縦の大きな
作品も、魅力的な大作である。、
小杉山氏の大作は八木保次さんのもので、これは桜満開のような
華やかな抽象である。
どれも北の風土が生んだ光の彩(いろ)を感じる。
それぞれ制作年代の違う作品たちが、今同一場所でそれぞれの作品
宇宙を編み込み、場を創出している。
作品を選んだ持ち主の世界がこの宇宙の横糸となり、作家の制作の
横糸に編み込まれているからだ。
おふたりの生前には決して見る事が出来なかった風景かもしれない。
しかし作品は、ふたりが生涯懸けて追求したこの北の地の光彩を見事に
留め顕在化している。
この地の風土が季節・季節一瞬燦めきのように見せる光・彩。
囲繞された有限の額の宇宙に無限の光彩を保っている。
吹き抜けの上の西窓から注ぐ日々の光の軌道は、撫でるように今優しく
光の彩(いろ)を顕在させてくれる。
そこには光の色彩の呼吸がある。

それぞれの所蔵作品を快く提供してくれたおふたり、高橋氏小杉山氏に
は、心から感謝する。
それぞれの八木保次・伸子。
作品を通して世界は紡がれる。
作品は生きている。

*それぞれの八木保次・伸子展ー4月22日(金)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休(水・金のみ午後3時まで。)
*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー4月26日(火)ー5月1日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel.fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-13 14:18 | Comments(0)
2016年 04月 08日

ふたつの近代化ー鉄橋(11)

大野一雄と吉本隆明。
このふたりの巨人を軸にふたつの近代を吉増剛造の「怪物君」に見る。
そんな視角で吉増論を書いている。
石狩河口舞踏公演と日時計編の存在を、吉増さんの「怪物君」
草稿に感じるからだ。
1994年「石狩河口/座ル」と2010年「石狩河口/座ルふたたび」
キーとしてこのふたりの作品があるからだ。
自分の立ち位置で気張らず素直にと思うけれど、時に主題が拡大
し、手に負えなくなる。
主題が大きすぎて足元を掬われるのだ。
6月吉増剛造展へ向け私なりの参上・苦闘は続く。

それにしても新しいパソコン操作との指先の苦労も併せて続く。
機械を操作するという掌ならぬ、指先・小手先の指示の時代だ。
大野先生は晩年寝たきりでも指だけで踊っていた。
吉本隆明も船大工の血統だろうか、手の動きが思索の根元に
感じられる。
ふたりの巨人の、たなごころー掌。
どちらも操作という小手先ではない。
私は操作の小手先も、開いた掌(たなごころ)の魂も、両方足りない。
せめて、小さな掌(てのひら)で、小手先に陥らぬよう頑張ろう。

*「記憶と現在」展ー4月10日まで。
*それぞれの八木保次・伸子展ー4月12日(日)ー22日(金)
*鼓代弥生木彫平面作品展ー4月26日(火)ー5月1日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-08 15:05 | Comments(0)
2016年 04月 05日

体内言語・宇宙ー鉄橋(10)

5時間の透析治療を終え帰宅すると11時過ぎている。
それから着替えて、布団やら整えご飯。
お腹が満たされると、一気に疲れが出る。
先日着替え用のズボンを忘れて、外着用のズボンを
はいてベッドに入った。
重くて暑いので毛布の中で脱いだが、治療終了後
体重を計るのが決まりなので、そのまま白い股引で
測定した。
重量も考えたからである。
黒いズボンを片手に股引をさり気なく隠しながら
体重計に向かう時恥ずかしかったなあ。

内臓を日々意識しながら治療生活を重ねるように
なって、真実内臓が生命を維持し、頭脳という遅れて
後から育つ6番目の内臓が人間の社会生活を支配し
て来た事に気付くのだ。
内臓は外部世界から食糧という生命の素を取り入れ、
吸収し分解し、体内隅々まで伝達する。
頭脳は外部からの情報を吸収し分析し蓄積する。
そして判断が形成され外部に働きかけ、社会や文化・
文明を造る。
五臓六腑と頭脳の体内と体外の役割分担がある。
しかし頭脳といえども、内臓という胴体に在る生命の素・
栄養素の供給がその活動を支えているのだ。
最近の研究で腸が大脳に言葉を送っている、という情報
を耳にした。
内臓言語というものもきっと在るに違いない。
胸に沁みる言葉。
心底から発する声。
これから死ぬまで体内宇宙の言語と向き合う日々だろうなあ。

*「記憶と現在」ー4月10日まで。
*それぞれの八木保次・伸子展ー4月12日(火)ー22日(菌)
*鼓代弥生木彫平面作品展「駅」ー4月26日(火)ー5月1日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-04-05 14:27 | Comments(0)