「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 27日

医者と弁護士ー歩行(2)

都心や街中よりも少し外れた場所にいわゆる町医者的な
魅力的な医者がいる。
それを最初に感じたのは、今でも時々通う歯医者さんである。
そして初めてぎっくり腰になった時隣の喫茶店のマスターが
教えてくれた整骨医である。
どちらも円山北町時代の事だ。
この整骨医院は大きな木のある一軒家で、患者が沢山詰め掛
けていた。
待合室にいると多くのよたよやと歩いて診察室に入った患者
が、ぎやぁーと声を出しているのが聞こえる。
そしてその後スタスタと滑らかに歩きレントゲン室へ向かう。
自分の番が来て恐る恐る診察室へ入ると、古武士のような鋭い
痩せた初老の先生がいる。
先客の患者の女性が腰に沢山貼った貼り薬を剥がされている。
”なんでもべたべた貼ればいいもんじゃないよ”
そして俯きに寝かせ逆えび固めのように、ヤッと足を起こす。
途端に女性がギャ~あと声をあげた。
その後はけろりとして起き上がりレントゲン室へ向かう。
ずれた骨を元に戻す荒業である。
私も同様の手口でけろりと直ってしまった。
看護婦さんは娘さんで美人だが、化粧気のない鋭い顔で愛想
も無く先生とそっくりだった。
患部をいたずらに長引かせず、即対処する武断的な治療は儲け
本位の医者には見られないタイプだ。
大組織の病院にも手続きが重んじられて、いないだろう。
この荒業治療はぎっくり腰の質にもよるが、症状が起きて直ぐの
方が効果的だと後で聞いた。
ずれたから元に戻す。
誠に単純にして明解な治療である。
この医院も今は無く、医院の傍に立っていた巨樹だけが残って
いる。
この近くのH内科も町医者を自認し本も出している先生だった。
ここもいつも満員で多くの患者に慕われている先生だった。
この先生の診断で腎臓専門治療の必要性から今の病院長へ紹介
文を渡された。
それを1年以上もほったらかし、H医院へ2カ月一度通っていた
私にほとほと困りながら診察を続けてくれた。
内心は困惑していたと思う。
そのH内科も昨年閉院している。
昨年夏最後に会った時の首を傾げてこちらを見た時の表情が今で
も申し訳なく忘れられない。
円山北町時代の前は都心にいて、其処であった医者にはあまり個
性的な印象が無い。
遊び上手でスマートな記憶しか残っていない。
ビルのテナントだった医者が多く、経済人・都会人の印象が強い。

この時代は医者よりも弁護士との付き合いが多かった。
訴訟事件が多かった所為である。
悪徳弁護士、左翼系喧嘩弁護士はじめ色んなタイプの人がいた。
弁護士と医者は選ばねばならぬ。
そんな言葉を聞いたのもこの時だった。
共有ビルで権利者同士の争いに最初に就いた弁護士が悪徳系で
この時の訴訟の相手方の弁護士が優れていた。
そう思った私は後にこの相手方の弁護士を私達の顧問に迎えて
従来の弁護士を切ったのである。
この先生は話し合い型の苦労人で、以後無駄な訴訟沙汰は皆無
に近くなった。
弁護士は訴訟あってなんぼの世界である。
訴訟が多くなればそれだけ報酬も増えるのだ。
悪徳弁護士はそこに乗ずるのだ。
最初の弁護士は後に依頼者のお金を使い込み罰せられ消えた。
ある時期裁判所に行くと知り合いの弁護士数人に声をかけられ
る程弁護士通になっていた。
そんな環境に嫌気が差して円山へ移転した。
最後は弁護士に払う金もなく自分で法廷に立つ事で、私の弁護
士との付き合いは終わる。
円山時代たった一つの訴訟が立ち退き裁判だった。

ともに先生と呼ばれる職業の医者と弁護士。
どちらもが身体の生命と社会的生命に深く関わる職業である。
人生前半20代からは弁護士と、人生後半は医者と巡り合いその
様々な個性を見ている。
困難な時程人が良く見える。
医者と弁護士は選ばばならぬ。
そんな言葉が良く解るのは果たして幸せな事かどうかは判らない。
人生も後半に来て社会的生命から身体的生命の方に比重がある
のだろう。
どちらも最前線で出会った戦士であり、友情に近いものを感じた
話なのだ。

 振り返れば最前列で最後尾 背後には黒々と街の灯


 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-27 14:12 | Comments(0)
2015年 02月 26日

橋を渡ってー歩行(1)

月に一度の検診で中の島のJCOH病院へ行く。
路面電車で幌南小学校前まで行き、そこから南22条大橋
を渡る。
堤防に沿って歩けば病院に着く。
心電図・レントゲン・採血をして担当医の診断を受ける。
異常無しでまた一月後。
心腎一体で腎臓の治療に心臓の検査も欠かせない。
腎臓が悪い時は心臓も水が溜まり歩行も重かった。
運動した後の息絶え絶えのような感じである。
下校時の少年に”珈琲でも飲むか"と下から見上げて声をかけ
られた年末の病院へ歩いて行った時がそうだった。
気持ちはそう弱ってはいなかったが、傍目にはそういう状態
だったのだろう。
今でも時折あの時の少年のませた肩に手を掛けんばかりの姿
を思い出す。
そして病院近くで自転車で私を探していてくれた看護婦さんの
天使のような姿も思い出に残る。
中の島の病院は大きな総合病院で食堂が気に入っている。
学校の学食のような庶民的な感じで、定食が美味しい。
むら無く栄養もとれて量も丁度良い。
長い待ち時間にうんざりしながら、定食を食べて元気をつけ
川向こうの腎臓治療の病院へ向かう。
来た時とは逆に橋を渡り市電停留所から一駅の南19条を目指す。
この橋は大きな橋だが上に構造物のないフラットな構造である。
従って遠目には橋が見えない。
一度はるかに南寄りの上部が目立つ形のミュンヘン大橋を渡って
、随分遠くまで行ってしまった事がある。
地図と磁石で確認してその後は間違えなくなった。
橋を渡ると川は増水して大きな流れを見せている。
冬の終わりが水の流れに漂っている。
冬の骨が融けて肋骨のように揺れている。
皮膚よりも骨の硬質さが未だ残る冬の末の姿だ。
陽射しは小春日和だが、水も空気もまだ冬の冷たい骨だ。
季節は光から徐々に水へ空気へと及んでくるのだろう。
歩行は快調で健康時の7割くらいだろうか。
昨年末病院へ着いた時はあの院長先生に健康時を百とすれば三
だと一喝された。
本人の自覚は3でなく4割だったから、素人判断は恐い物知ら
ずである。
展覧時会中だったから気力の面もあったのだろう。
あの時声をかけてくれた少年は直感でその健気さを見抜いていた
のかも知れない。、
医者と少年と看護婦さんには感謝である。

長い橋を渡りながら大きな川の肋骨のような波を見て、命の境界
を越えて来た時間を思っていた。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-26 13:37 | Comments(0)
2015年 02月 24日

矢印とドームー道行き(32)

ぎっくり腰になったMさんが苦言を呈していた。
街を歩くと人がぶっかってくる。
みんな急ぎ足。
地下鉄や地下歩道は特にそうだという。
道東に転勤したAさんは地元の子供にも言われたという。
札幌歩きだ、と。
地下鉄停車中車内からホームを歩く人の足元だけを見て
いた事がある。
流れるのは先の尖った靴先、脚にぴったりの長い黒ソックス。
鉛筆の芯のようなファッションだ。
その鉛筆が3BやHBのような様々な太さで矢印のように
横一直線に流れて行く。
よたよたとゆっくり歩く人はほとんどいない。
たしかに下手にゆっくり歩いていると押し飛ばされそうな
勢いである。
早くより速く、それが現代の価値観の基本にあるからだろう。
その価値観はファッションにも現れている。
江戸時代までの着物の姿だったら、これは美しさとは逆の岡
引きか駕篭かきか飛脚のような職業服の衣装だろう。

速い事は良い事だという価値観は社会全体を覆っていて、先
日も新幹線の予定を前倒しする発表があった。
新幹線よりもっと速いリニアモーターもまもなく開通するという
し、日本全国速さを競う。
ただその時忘れてならないのは、速さの分だけ消去される中
間というものが生じるという事だ。
ぎっくり腰のMさんの苦言ではないが、スピードに附いて
いけない途中の弱者は邪魔者扱いされ切り捨てられる。
そうした強食の論理が潜んでいる。
そうした価値観の勝者の側にいるファッションが鉛筆の黒い
芯のような歩行と靴先である。
この矢印のような歩行の先に何があるのか。
それは多分ドームのような宙に巻き上がる構造と思う。
新幹線の後には札幌オリンピック招致があるという。
これが国家とか世界とかいうドーム構造なのだ。
世界一、日本一という上昇構造にあの横一直線の靴先は収斂
されて、個々という途中の邪魔者は大きな目標に消去される。
新幹線によって消され無視される小さな途中駅のように。

一度消えかけた路面電車が再評価されてきたように、速さだけ
ではない人間の価値観がある。
どんな小さな駅にも風景があり人が生きている。
それは正に群衆の中の個々ひとりひとりと同じである。
その個々ひとりひとりの顔が見えない世界ではなく、個々ひとり
ひとりの顔が見えるような価値観・ファッションこそが今一方で
求められる文化の問題ではないだろうか。
オリンピック選手の活躍も新幹線の車体も確かに魅力だが、日々
を可能な限りよたよた生きている無名の個々もまた素敵である。
そう言い得る歩行思想・ファッション芸術も求められている。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-24 15:02 | Comments(0)
2015年 02月 23日

調味料三種ー道行き(31)

高臣大介さんが来る。
1月の展覧会以来である。
変わらず元気そうで、彼女も一緒だ。
そしてお土産に調味料3種頂く。
オイスターソースに白だしに高級な塩。
こんな土産は初めてなので、少し吃驚。
贈る方も贈られる方も所帯染みたのか・・・。
私も少しは料理をするようになり、カレーと肉じゃがの
調理を覚えたばかり。
あまりこれらも調味料を使った事が無い。
塩は胡椒とともにたまに使うが、特に良い塩を使う訳ではない
から今回頂いた高級な塩はよく分からない。
白出汁の醤油も使った事が無い。
オイスターソースは勿論で、きっと炒め物に使うのだろう。
大体物創りをする人は料理も上手で大介さんもそう思う。
料理は材料の取り合わせと味付けが大事だから、調味料を熟知
すれば格段に美味さも増す事だろう。
私はスキヤキの市販のタレを使って肉じゃがを味付けする位だ
から、簡単なものである。
こんなに調味料を頂くとかえって悩み緊張する。
早速オイスターソースだけは使って茸を炒めてみた。
中華風な味がして新鮮だった。
いつもはオリーブオイルに塩胡椒位だったので、味に変化がある。
これに玉子焼きとソーセージ,熱く甘い紅茶にフランスパン。
そしてブロッコリーの茹でたもの。
表面が固いフランスパンにこれらを挟んで最初バリバリ、紅茶を
口に含んで一気に柔らになる感触が心地よい。
これでいつも紅茶を飲み過ぎて3、4杯空にする。
水分は控えなければならないので、飲み過ぎに気を付ける。
今回頂いた調味料はどれも塩分系なので、水分を引き付けるから
、使う量を少なめに考える。
味と食欲は密接なので、内臓のミコトの負担とならないように試行
錯誤が続くだろう。
料理も大事な命の処世術である。

晴天が続いて気温も上昇。
春めく2月だ。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fsax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-23 14:28 | Comments(0)
2015年 02月 21日

湧き水とコークー道行き(30)

晴れた日が続く。
でもまだ季節は冬。
室内は冷えて暖房無しにはいられない。
陽射しは春のようだが、気温は冬。
室内はさらに冷え込んでいる。
無人の家は尚の事。
山田航さんが某新聞連載中の札幌モノローグ紀行掲載分を
持参してくれる。
もう3年近く続いている探索した場所のエッセイとその場で
詠んだ短歌のコラム。
今回は札幌東南部の白旗山界隈を尋ねている。
この300m程の小さな山を水源とする湧き水がテーマだ。
某世界的飲料メーカーが札幌生産の飲料水にこの湧き水の
水源を使っているという。
もう何十箇所も札幌市内・近郊のこうした隠された名所を
発掘しただろうか。
私とは対照的な札幌の地形的原点ともいえる東北部の茨戸
や当別に移住した先祖を持つ山田さん。
その彼の札幌発掘はともすれば中央にばかり目の行きがち
な多くの札幌人に新鮮な驚きを与えてくれる。
月寒丘陵の緩やかな頂きの白旗山が豊かな水の源流である
事は初めて知った。
高い山脈だけが水源ではなく、低いなだらかな丘陵地帯も
また清らかな水の源なのだ。
いつも珈琲を淹れる時使っている水も南西部の500m程
の標高の藻岩山の湧き水だから、300m程の高さの白旗
山にも水が湧いても不思議ではない。
ただその山を取り巻く環境が汚染されていなければ、水は
山の高さに関係なく水を溜め時間をかけて地上へと溢れ出
てくるのだ。
白幡山の周辺はかって陸軍が駐屯し大規模に地域一体を
保管していたから、そんなに自然が損なわれていなかった
のだろう。
かって何年か前この一帯を歩いた時湿原や森が連なって
丘陵地帯独特の緩やかな起伏に高い山岳地帯にない優し
さを感じていた。
しかしその優しさが血気盛んだった若い頃には、こうした
丘陵の優しさをどこかで軽く見ていた。
山は登山するもので、高く難行で登りその結果感動をする。
そうした山岳地帯を尊び、低い丘の続く丘陵地帯はどこか
低い位置で見ていたのだ。
しかしそれは丘陵の緩やかで優しい自然を知るにつれて間
違いと気付いた。
丘陵は丘陵という独自の地形なのである。
そしてそこにはそこだけの自然がある。
植物も動物も魚も山岳地帯にはない豊かな固有性がある。
丘陵地帯の清流だけに棲む貝や魚。
高山にはない静かな起伏と景観。
そして変わらぬものは其処から湧き出る水である。
如何に都市化が加速しても、札幌は自然がまだすぐ傍に生き
ている水の都市である。
そうした都市と自然の相克を一首の歌とともに山田航さんの
紀行文は伝えてくれる。
今回の白旗山の一首
  
  結露してゆくコーク瓶そとがはの水滴だけが湧き水ち”やない

良いね、この<湧き水>感覚のひねり・・・。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-21 12:45 | Comments(0)
2015年 02月 20日

晴天続くー道行き(29)

1ヵ月程で右腕のギブスも取れて今はリストサポートを装着。
着脱が自由なので時々忘れる位に手首は回復した。
でもまだ手首を捻ると不自由である。
リストサポートが要らないと許可が出るまで今しばらくは着用
を続けなければならない。
お風呂にも自由に入れるから、ギブスの時の不自由さとは大き
な違いだ。
左腕は腎臓治療の注射、右腕は骨折ギブスと左右の腕が占領さ
れて惨々な一月だった。
この間年末からの吉増剛造展ー高臣大介展と続き気持ちは高揚
していたから、さほど困難を感じる事はなかった。
通院で展示者にはご迷惑をかけたが、友人たちの協力で無事何事
もなく終わった。
先日東京でじっとこちらの様子を見てくれているM氏から電話が
あり、これまでの展示を褒めて特にこの間の怪我や病気治療中の
プロセスを感心し励ましてくれた。
今ふっと展示が途切れて空いた時間の中にいると、これはこれで
貴重な休養の時間と感じている。
寒気も緩んで1月程寒さに悩む事もなく、ギブスも取れ楽なのだ。
しかしもっときつかった時もそんなに辛いとは感じなかったから
人はやはり心の持ち方ひとつで状況が決まると思う。
他では考えられないよ、とM氏は電話で言っていた。
友人達に感謝しなけれがいけないとM氏が結びに言った。
そう伝えてくれたM氏にも感謝しなければならないと私は思う。
遠い地からこのブログ一本だけで状況を慮り、心配してくれた
気持ちが感謝なのだ。
そして何よりもこの場所が活き活きと共有出来る作品提供者の
存在が場所を開かれたものに変える原動力だ。
場所自体はただの場所でしかない。
作品というものが在って初めて場所は共有されるCon(ともに)
という眼差しを保つのである。
場所はテンポラリーな(とりあえず)のもので、そこに作品が
介在して初めてConーtemporaryという同時代の視座が
生まれるのだ。
種子と土壌のように場と作品がある。
そして空気や水や光のように友情がある。
次なる新たなCon(ともに)がまた同時代の花を咲かせる日を
楽しみに、しばらく静養の日が続く。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel./fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-20 14:37 | Comments(0)
2015年 02月 19日

路面が出てー道行き(28)

小春日和が続いて路面のアスファルトが現れる。
東京と同じ気温だそうだが、あちらは霙混じりの冷たい雨という。
同じ気温でもこちらは春の希望を感じ、あちらでは冬を嘆く。
沖縄へ行った時も冬と夏の感受性の相違を感じた事がある。
11月冬の気配に敏感な沖縄の人は、この時期が一番良いよ、と
教えてくれた。
北海道なら5月かな。
夏の季節の到来を感じさせる暖かさの始まる時。
夏をベースに一年がある沖縄では冬の気配に敏感なのだ。
19度位でもう冬の気温として新鮮な感じで受け止めている。
人は環境の動物である。
同じ気温でもこちらでは夏の気温である。
きっと気温だけではなく、様々な環境の変化に人は合わせて
生きている。
すると苦難もまた困難や絶望ではなく、別の希望の契機とも
見えてくる。
病と闘いながら、内臓という命を司るミコトの存在を意識し
体内言語の声を聞くようになったのもそうなのかも知れない。
冬の臓器と呼ばれる身体宇宙に思いを寄せる。
冬の臓器は夏の臓器と思われる心臓と表裏一体の関係で心腎
一如ともいい、腎臓の悪化は心臓にも即影響するという。
冬と夏は一対の身体の南極・北極のような関係かも知れない。
そこで色んな対が現れる。
水分を抑える為には塩分を控えねばならない。
この関係は男女のようなものだ、と院長先生が言った。
ともに惹きあうからだ。
この院長先生はなかなかユニークな方で手術の時も竹内マリア
の歌をがんがん鳴らしながらオペをする。
この曲を聴くと調子が良いんだと言う。
患者の巡回の時も、”オッス!”と声をかけてひとりづつ容態
を聞いて回る。
小柄だがエネルギーに満ち溢れた腕の良い医者である。
こんなお医者さんは白い巨塔系の大病院ではお目にかかれない
だろう。
同じ札幌でも下町のタウンの面影が残る東屯田通りに近い地域
と中央のメイン通りでは生きる医者のタイプも違う。
交通媒体も路面電車と地下鉄の差異があって、ここでも人の在
り方が違うのだ。
環境が人を変え、人が環境を変える。
どちらが主というより、人はともに環境によって育つのだ。

沖縄の一番良い季節が冬の気配を感じる時ならば、北の一番良い
季節は夏の気配を感じるこれからの季節である。
冬の年・夏の年。
美しいと思う年の始まりのひとつがまもなく始まる。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-19 12:52 | Comments(1)
2015年 02月 17日

小春日和ー道行き(27)

新聞掲載の谷口顕一郎作品論素稿をブログに掲載したが、新聞に
載る前発表は拙いので削除する。
パソコンの原稿機能が見当たらず慣れたブログだと打ち易い。
それで素文として打ち込んでみたのだ。
メールとブログくらいしか使わないのでこういう時に苦労する。
前の機械には原稿のソフトが付いていたが、今の機械にはない
ようだ。
締め切りの時間もあるので、出来る範囲で間に合わせた。
手書きで原稿用紙に書いていた頃が懐かしい。
便利さについつい慣れて不便となる。
漢字を部分的に忘れているのは、パソコンに馴れた所為である。
手の運動も指先の打ち込み動作が主で、掌全体を使う動きとは
違う。
握るー前後左右に動かすー句読点で押さえる。
漢字やひらかな・カタカナを思い出しながら意味を籠める。
その時文字の形と意味が手で経験される。
伝達だけでなく思考もまた同時進行しているのが、書く事でも
ある。
そう判っていてもこの文もパソコンで打っている。
ペンだこ、という中指の皮膚の固い山が懐かしい。
今なら指先の打つ動作と撫でる動作だけで物事が進んでしまう。
いつか指先だけが大きくなった宇宙人のような掌になるのだろうか。


 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-17 12:16 | Comments(0)
2015年 02月 12日

小さな旅ー道行き(26)

南の遠くにある病院へ通院する為地下鉄と路面電車を乗り継ぐ。
小さな旅である。
同じ電車でもその車内の雰囲気は違う。
その差異は多分外の風景が見えるかどうかの違いと思う。
路面電車の方が車内は狭い。
人と人の接触も多いのだが、互いへの労わりが自然と見える。
何の変哲も無い外の風景が流れる、ただそれだけで人は十分に
優しくなれるのだ。
一方地下鉄は外の風景が見えない分人は自分の内に閉じ篭る。
その分閉塞的で他者に警戒的で攻撃的にもなる。
こんな小さな旅でも窓の外の風景があるかどうかで、人は変わる。
録音された自動的なメッセージが地下鉄車内に多く流れる。
人の乗降客の多い大通り駅前後には必ずご皆様乗車ありがとうご
ざいましたのメッセージが入る。
乗り降りの少ない駅で流される事はない。
路面電車では録音された停留所のアナウンスもあるが、運転手さ
んのひとりひとりへの短い挨拶がどんな停留所でも肉声で語られ
る。乗降客の多少は関係ない。
窓の外を流れる風景と運転する人との小さな結びつきが、狭い車
内の人の心に潤いを与えているのだ。
速度を重視し効率を重視した人と風景が消える乗り物は、旅という
より移動という物流に近いものと言えるかも知れない。
地下鉄車内でたまに見かける奇声を発したり大声で独り言を呟く人
を路面電車で見かけた事はない。
酔っ払って大声を出していた若者はすぐに近くのおじさんに注意さ
れていた。
旅は道連れ世は情というのがあってこそ旅といえるのだろう。
目的地へ早く着く事だけが人間の旅ではない。
途中の外を流れる街の風景、人の色んな人生が垣間見えてこその旅
である。
ふたつの車内を経験しながら、そのどちらもが人間の両側面を表して
人は鋳型で決め付ける事はできない、環境にも影響される生き物と
あらためて思った。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-12 13:52 | Comments(0)
2015年 02月 11日

冷え込んでー道行き(25)

暖気が一転強烈な寒波で凍りつく。
ツルツル路面に足元が危ない。
ドイツへ一旦帰国する谷口さんと一杯飲む積りが、この寒気で
待っている内に具合が悪くなる。
次回の滞在を待って今回は諦める連絡をした。
残念だがビールを飲む気持ちになれない。
新聞原稿校正のパソコン操作に手間取り悪戦苦闘・・疲れる。
字数制限があるので、削除や書き換えの操作が分からない。
アナログ人間には原稿用紙が相応しい。
プリンターも故障しているのでお手上げである。
そんな苛々した時間と寒さですっかり気持ちも体力も落ち込む。

ドイツに着いて1年後に書かれた長文の彩さんのシベリア旅行記
を片手にふたりの心の糸で繋がった札幌ーベルリンを思う。
凹みと呼ぶ路上や壁の亀裂を素材として彫刻作品を創り続ける谷
口さんの、もうひとつの姿は、この彩さんとの旅に象徴される継続
と共生の連続する糸の姿だ。
この事をしっかりと稚内ーサハリンーシベリアの1ヵ月のふたりの
旅の記録を通して伝えねばならない。
それは札幌という北の地に住む我々の本当は一番近い北周りの回
路でもあるからだ。
東京を経由し南周りの飛行機の道は早くて快適かもしれないが、
それ故切り捨てられ断絶する回路が本当の亀裂・凹みなのである。
土地とそこに住む人と自然との関わりを具に体験しつつドイツへ。
その大切な経験を抜きに今日の凹み彫刻は無い。
亀裂と継続の対極の視座が作品という磁場を生んでいるのだと、
私は思う。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2015-02-11 14:16 | Comments(0)