「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 30日

動・住・民ー戸口・神無月(16)

移動し移住し移民する。
それは人類の長い歴史そのものでもあるだろう。
個人のレベルにおいても、それは結婚・就職といった形で
為される事だ。
北海道に生まれた我々はその意味では最も近い過去の移民
を経験している人間のひとりである。
現代は移動の<移>が現象的には当たり前のように一般化
しているが、その分本質的な根の部分にあたる<住>と<民>
が<移>の方に吸収され希薄化している現実がある。
<移る>自体は結果現象であって、本質的には動くという意志
に住むという生活行為が加わって<移る>は完結するのだ。
秋元さなえさんが、江別という生まれた土地から「橋を渡って」
川向こうの異郷を見詰める視線と行為はそうした<動>と<住>の
意識を深く溜め込んでいる所為と思える。
ただ単に移動するだけなら、橋を渡ってしまえばそれで済む事で
あるからだ。
飛行機でも車でも徒歩でも移動の手段は幾らでもあるのが現代
である。
そうした世界をグローバルに繋ぐ回路ではない固有の回路をどう
獲得するかという葛藤は、表現者固有のものと思われる。
そしてその欲求はより本質的な生きる行為の回復への願望にも
裏付けられていると思う。

作家自身が生まれ故郷江別の地名、<イ・プツーその・入り口>という
アイヌ語の意味を実践しようとしているのかも知れない。
そしてこれから掴むだろう新たな<住>の行く末を作品とともに見守っ
ていきたいと思う。

*秋元さなえ展「橋を渡って」-10初28日(火)-11月8日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*山里稔と木彫りの熊展ー11月18日ー30日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-30 12:58 | Comments(0)
2014年 10月 29日

「橋を渡って」-戸口・神無月(15)

作家の生まれ育った江別という土地は、石狩川河口に近く
開けた場所である。
かっては大河石狩川を外輪船が行き来し、夕張鉄道と国鉄
が乗り入れ水運・陸運の要として栄えた所だ。
地名の元となった江別もアイヌ語でイ・プツ」からきたと
いう説もある。イ・プツとは(それの・入り口)即ち大事な
ところへの入り口を意味していると語られている。
そうした地形上の特色と近代における水運・陸運の要地とし
てあった江別市だが、今は札幌の郊外住宅地としてかっての
面影はもうない。
前回の秋元さなえ展では、この江別の地に移住してきた明治
の記憶をこの地にある飛鳥山という地名に求めて移住者の故郷
である東京・北区の同名の小山を尋ねその相互訪問を主題とし
て作品化した。
これは・・からの移住者の視座<immigrant>の追体験
であり、同時に・・への移住者であるemigrantの確認でも
あっただろう。
今回の「橋を渡って」はその行為がより具体的で鮮明な百葉近い
葉書の形をして具現化されている。
大河石狩川に架かる大橋を渡って対岸の異郷に渡るただそれだけ
のプロセスが一葉一葉の葉書に橋桁のように記されているからだ。
前展と違うのはこの移住者の<・・・から><・・・への>さらなる
比重の変化である。
人は何処から来て何処へ行くのか。
そんな根源的な問いを、橋ひとつ超える事にも深い意味があるように
移動を移住を見詰めている。
ここには<移>だけが肥大した時間とは違う時間が流れている。
自らの生まれ育った場所の地形や地名に拘って、そこからもう一度
自己自身を再構成し解き放っていく、そんな純粋な作品行為を
葉書一葉一葉の精神の端桁として感じるのだ。
そして手造りの黒い台座となる机にもその架橋の強い意志を思う
のである。

*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日(火)-11月8日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*山里稔と木彫りの熊展ー11月18日ー30日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-29 15:22 | Comments(0)
2014年 10月 27日

秋元さなえ展展示中ー戸口・神無月(14)

朱色の蔦が家屋全てを包み、緋色の燃える炎のようになった晩秋
その中で静かに柔らかな展示作業が続く。
百葉近い手書きの葉書をこれまで送ってくれた「橋を渡って」を
テーマとする今回の展示、その集大成である。
一枚一枚描かれた葉書を繋げると、そこにひとつの触れるものが
見えてくる。
この葉書自体がひとつの橋桁でもあるのだ。
それは時に指先であったり、足であったりもする。
生まれ育った傍を流れる大河を渡って異郷を見詰める、
その行為を徹底的に意識化する事、それが実に柔らかい感性で
直向に表現されようとしている。
ここでは3度目の展示だが、さいしょの3人展では鳥がテーマ
で、その遠くを俯瞰する基本姿勢は変わらず、今回の「橋を渡っ
て」という主題にもつながっているだろう。
鳥よりもより地に足をつけた身体性を保って。

夏と冬の間を紅葉という真っ赤な橋が渡っている。
その赤い橋に負けず鮮やかな秋元さなえの橋が生まれる。
そんな期待を感じさせる展示である。

*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日(火)-11月8日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-27 12:19 | Comments(0)
2014年 10月 19日

メタ佐藤展最終日ー戸口・神無月(13)

前夜、中嶋幸治夫妻に藤倉翼さんも集って静かだが濃い
打ち上げの宴となった。
作品を通して深まったメタさんと中嶋君の友情が中嶋君の
搬出時の入れ替え時と同じ様に交差したからだ。
このふたりに刺激されたのか、藤倉翼さんもこの日3回も
顔を出してくれる。
最終日の今日、午後からよろよろと小春日和の温かさの中
画廊に顔を出す。
韋駄天ももうその面影すらない無残な遅速である。
息が切れ足が重い。

メタさんの作品よりも自分の身体の調子ばかりを書いている。
従ってこのところギヤラリーオーナーとしては、資格喪失で
ある。健康を取り戻さねばならぬ。

*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日(火)-11月9日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*山里稔展「木彫りの熊コレクシヨン」-11月18日ー30日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-19 15:12 | Comments(0)
2014年 10月 18日

不調なる日ー戸口・神無月(12)

体調悪くダウンする。
メタ佐藤さん展示中の為本来休む訳にはいかぬ。
そこで中嶋幸治さんが留守番役を買って出てくれ
他にも協力を求めてくれた。
お陰で一日ゆっくり休養できる。
すると自宅に灯油一缶持ってK氏が見舞いに来た。
この時は何かの勧誘かと思い無視して引き籠っていた。
ドアーの外に灯油を見つけたのは後になってからである。
一日仕事を休めばその分人に迷惑を掛けてしまう。
心と身体が交差する難しい問題だ。

それにしてもみんな優しいなあ。
こんなアップアップの貧爺をサポートしてくれる。
感謝である。

*メタ佐藤写真展「光景」-10月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日(火)-11月9日(日)
*山里稔展「木彫りの熊コレクシヨン」-11月18日ー30日
*吉増剛造展「水機ヲル日、」ー12月9日ー1月11日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-18 15:16 | Comments(0)
2014年 10月 16日

Bocketの発刊ー戸口・神無月(11)

鴨々川ノスタルジアを主題に山田航責任編集で「Bocket」
第1号が発刊された。
ボケ~っとどころか中身の濃い内容である。
あらためて薄野界隈の様々な深度を感じる。
薄野は歓楽街と同時に寺町でもあり、隣接する中島公園は
神社町でもある。
神と仏が共存する不思議な界隈でもあるのだ。
快楽と神・仏が共存し人の欲望が渦巻く処。
そこでは他の場所には無い濃い文化も生まれたのだ。
この本では特集されてはいないが、この地から生まれた
ダンディーな文化がある。
画家の三岸好太郎や八木保次のモダニズム、歌舞伎の権威
郡司正勝の粋に詩人の薩川益秋のモダニズム、さらに大島龍
の存在等がそうである。
共通するのはこれらの人たちがみなどこかダンデイーで粋な
感じを保っている事だ。
それが薄野界隈が保っている文化の血統というものと思える。
聖と俗が激しく混合する街。
そうした場所にこそ文化・芸術の根が育つのではないだろうか。
そうした側面からも薄野という特性を探って見て欲しいと思う、

*メタ佐藤写真展「光景」-10月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
+秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日ー11月9日
*山里稔展「熊の木彫りコレクシヨン」-11月18日ー30日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel.fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-16 16:11 | Comments(0)
2014年 10月 15日

風和らいでー戸口・神無月(10)

台風抜けて柔らかな光が満ちる。
紅葉が進み壁の蔦も真っ赤に染まる。

足が浮腫んで息切れがする。
腎臓の不調によるものだ。
毒が溜まって抜けていない。
K氏から電話が来る。
不義理を重ねていてこちらから連絡すべきところを
優しく諭すように話してくれる。
まるで今日の柔らかな日差しのようなK氏と毒を
溜めてる自分を見るようだった。

*メタ佐藤写真展「光景」-10月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時
*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日(火)-11月9日(日)
*山里稔展「木彫りの熊コレクシヨン」-11月18日ー30日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel.fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-15 13:59 | Comments(0)
2014年 10月 14日

台風近づくー戸口・神無月(9)

暗く曇って寒い朝。
人の気配も少なく雨が降る。
体調優れず土曜日早目に帰り、日曜日と月曜日休んだ。
メタ佐藤さんに会場はお任せして。
その間6本の留守録が立て続けに入っていた。
吉増さんからで、東北の旅の熱い報告だった。
録音音声が良くなく今ひとつ意味不明な部分が多かったが
今朝の電話でやっと通じる。
今回の展示への執着心を今までに無いものとして感じる。
これからは一種勝負だなあ、
気合を入れて勝負しないと、こちらが食われてぼろぼろに
なってしまうだろう。

*メタ佐藤写真展「光景」-10月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時
*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日ー11月9日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-14 12:55 | Comments(0)
2014年 10月 11日

雪虫飛んで風強くー戸口・神無月(8)

自転車置いて地下鉄に乗る。
あれっ、いつの間にか10円値上がりしている。
以前は240円だったが、250円になっている。
消費税アップの影響だろうか。
往復乗れば一日500円の出費だ。
冬に向かって寒気とともに出費が増えるなあ。
腎臓の調子も良くないから、かっての韋駄天も形無し
で足が軽快ではない。
今年の冬は体力低下で正念場となるだろう。
「水機ヲル日」とは柔軟性をなくした骨ヲル日かもしれない。

*メタ佐藤写真展「光景」-10月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-11 13:21 | Comments(0)
2014年 10月 10日

木枯らし吹くー戸口・神無月(7)

紅葉も進んでエルムの森は木枯らしの道。
木枯らしの道は風の道。
ごうごうと風が鳴る。
強い向かい風に蛇行しながら、ゼイゼイ、ハア~ハア~
しながらやっと到着。
もう自転車は無理かなあ、・・。
午後からさらに風雨強くなりそうだ。

*メタ佐藤写真展「光景」-10月19日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*秋元さなえ展「橋を渡って」-10月28日ー11月9日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fac011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-10-10 12:54 | Comments(0)