<   2014年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 31日

帰る日ー水系・文月(16)

ドイツへ帰国前日、谷口さんが訪ねて来る。
今回の札幌でのすべての仕事を終え、充実感いっぱい
と語る。
来年は本郷新賞作品の地下歩行空間設置と札幌彫刻美術
館での個展が予定されている。
その為今年末から9カ月程来年は札幌に滞在するという。
その為の色んな準備が今回の滞在で整ってきたのだ。

今回の2カ月にわたる帰郷で得た多くのものをビールを
飲みながら語り合った。
私は先日岡崎文吉の資料の中に見つけた論文集に若き日の
岡崎文吉が藻岩山から石狩河口を見ている事を彼に伝えた。
そして河岸の植生維持の為に<ポプラァー>を植えている
石狩河口の開拓者を賞賛している事を伝え、かって茨戸周
辺を歩いた時に撮影した2本のポプラの写真を見せた。
農場の草地の向こうにすっと立つ背の高い2本のポプラの樹。
これが非常に印象的だったので撮影したのである。
これこそが岡崎が語っている当時の植えられたポプラの子孫
ではないだろうか。
その写真を見せながら、藻岩山ー石狩河口ーポプラとひとつ
の目線が今回の谷口さんの滞在で繋がってきた時空の裏打ち
の話をしたのだ。
百年前の視線に支えられて今というランド(故郷)を見る。
それが明年の谷口顕一郎に与えられたワークである。
そんな話をして、じゃあまた、と言って別れた。

気持ちの良い夕暮れの時間だった。

*斉藤周展「日々の形状」-8月1日(金)-10日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*及川恒平×山田航ライブ「声」-8月16日午後5時~
 2500円。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-31 12:50 | Comments(0)
2014年 07月 30日

渦巻く最終日ー水系・文月(15)

谷口顕一郎展最終日、幾つもの人の渦が出来る。
遠く尾道から帰省の野上君家族、二人目のお子さん
を抱いてサプライズ帰郷。
さらに京都の新婚さん橘内夫婦が来廊。
さらにライブ旅行中のS君が飛び入りで2階吹き抜け
回廊で演奏を始める。
そこへ写真家の藤倉氏夫妻や建築家の真鍋氏や市環境局
のYさんやA氏、シンガーソングライターの今村さん等
が来る。
その他にも人が集まって、話し込む人、谷口さんの映像
を見る人、初対面で挨拶を交わす人と、種々の人の渦が
巻き上がる。
今回札幌滞在中3点の作品製作モチーフを見つけ、来年の
札幌彫刻美術館での初個展へ向けて大きなスタートを切
った帰国であった。
集中的に札幌で採取し作品化される4点の作品は、谷口
顕一郎の新たな故郷札幌再発見の礎となるだろう。
明年如何に自らの故郷を再構築し得るか。
その大きな<ランド>再生の仕事を作品を通して、Re
publicするのである。
最終日に結集した様々な人の渦は、その背中を押す
見えない期待の友情の証でもあると思う。

百年前藻岩山山頂から石狩を見詰めた治水学者岡崎文吉
の遠い眼差しが、谷口さんの帰国前最後に見つけた藻岩山
登山道に遺された亀裂・凹みであった事とも重なってくる。
時空を超えた百年の熱い渦が、渦巻いてもいる。
そう私は感じている。

*斉藤周展「日々の形状」-8月1日(金)-10日(日)
 am11時^pm7時:月曜定休。
*及川恒平×山田航ライブ「声」-8月16日(土)午後5時
 2500円
*小谷俊太郎展ー作家の事情で8月展示延期。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-30 13:25 | Comments(0)
2014年 07月 26日

人・言葉・物ー水系・文月(14)

多様な人が来てとても濃い時間を提供してくれる。
連日作家は嬉しい悲鳴を上げている。
作品も伏見稲荷参道石段に続き、さらに奥の登山道
脇にあった米軍占領時のスキー場リフト跡の土台壁の
亀裂・凹み跡を新たにトレースした透明なビニール布
を会場に展示した。
参道石段の黄色いプラステイックの石段凹みの前に
占領時の記憶の痕跡が透けている。
このリフト跡の傍の沢は、界川の源流で伏見稲荷の
石段の山裾へと流れは繋がっているのだ。
その界川の流れは、今展示の最初の作品琴似川暗渠
の作品採集地で合流し琴似川水系となる。
その琴似川はさらに海へと流れ伏古川と合流し茨戸
で石狩川河口へと繋がってゆく。
都市化によって喪われた河川の水脈が、路上の亀裂・
凹みの再生によって沈黙の言葉を紡ぎ出している。
その事に刺激され、見た人もまた多くの言葉を発する。
色んな発想や意見が発せられて、作家はそこに新たな
発見があり、刺激を受けている。
第一回本郷新賞を受賞して来年札幌彫刻美術館で個展
を開く流れの中、これらの多くの人の示唆・意見は様々な
展示プランの刺激ともなっているようだ。
ここでの個展も残りあと二日。
一日一日が濃く充実してさらなる展開へと繋がっている
気がする。

*谷口顕一郎展ー7月27日(日)まで。am11時ーpm7時
*斉藤周展「日々の行状」-8月1日(金)-10日(日)
*小谷俊太郎写真展ー88月26日ー9月7日予定。
*及川恒平ライブー8月16日夕刻
+中嶋幸治展ー9月23日ー10月5日
+秋元さなえ展ー10月28日ー11月9日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-26 11:59 | Comments(0)
2014年 07月 24日

知と遊ー水系・文月(13)

昨日の道新夕刊に4段抜きのトップ記事で谷口顕一郎の
作家と作品紹介が載っている。
札幌国際芸術祭作家と作品紹介の一環ではあるが、内容
的には500m美術館展示作品以外に、今回の琴似川を
主題とする試行作業全般を考察し紹介してくれている。
面白かったのは、「場所性」という知的考察に対し一方
で好奇心いっぱいの遊び心を併せ持っている人物像を紹
介している事だ。
路面や壁の亀裂や破損箇所を凹みとして見詰め再生する
彫刻家という名の変な人。
その一面を「知」だけではなく、「遊」の側からもアプロー
チしている。
偶然出会った路上や壁の亀裂が純粋に面白いと思う感性は
遊び心の為す目線なのだ。
その場所がどういう由来の場とかいう知的なものは後から
の理論付けであって、最初は単純にその形態の面白さ・美
しさに惹かれる遊び心が優先するのである。
そうした芸術家の放逸で快楽的な側面をこの紹介記事は
さりげなく触れているのだ。
サハリン・シベリア経由で約10年前渡欧した谷口顕一郎
が、もし変化し変わったものといえば、この遊の心と同時に
知的好奇心もまた成長して来た事であるだろう。
故郷・札幌への俯瞰する視線を視座として今獲得しつつある
事にその側面を見る事が出来るからだ。
知と遊。
この両方のエネルギーをエンジンに作家はさらなる成長を
きっと成し遂げる事だろう。

*谷口顕一郎展ー7月27日(日)まで。am11時ーpm7時
*斉藤周展「日々の行状」-8月1日(金)-19日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-24 13:12 | Comments(0)
2014年 07月 23日

蔦の移動ー水系・文月(12)

藻のように壁一面に茂った蔦が身を震わせ種子を
散らし始めた。
薄緑の種子が地上に散乱している。
移動の季節なのだ。
風に乗り他の物に付着して、新たな天地へと命が
動く。
そしてその内の幾つかが移住を成し遂げ、新たな
生活の場を生むのだ。
移動から移住へ、移住から移民へと植物もまた人間
と同じように世界を広げて生きている。
移動という横軸の変化は、移住という縦軸の発酵の
時を深めやがてその地に生のランド(故里)を創る。
蔦の壁は蔦の小さな森であり、蔦の村、故郷でも
あるのだろう。
人間も人類発生以来きっとそうして生きてきた。
移動と移住と移民を成し遂げ国家や都市を形成し、
また動いてきた。
移動とは、<住>という根を張る場を得る為の行為
であって、移動そのものが自己目的化されるものでは
無いはずだ。

電力会社へ支払いに行って、そのビルへと続く長い
地下通路を歩き感じた事は、移動が主体の構造として
街が構成されているという事だ。
そこへ至る地下鉄そして地下通路そして電気という
移動エネルギーの帝国。
そこに<住>の垂直軸はなく、<動>が途切れる時に
多分死に近い断絶が訪れるような空間なのだ。
常に移送し動いて生きるもの。
海のある種の魚のように、止まった時は死の時である
、そんな世界が都市の中にはある。
生物の多様性として移動を主に生きるジプシーのような
民族も存在を否定されるべきとは思わないが、多くの
植物のように移動→移住→移民という横軸から縦軸の
流れの中で芸術・文化の固有の森を考えたいと
私は思う。

*谷口顕一郎展ー7月27日(日)まで。am11時ーpm7時
*斉藤周展「日々の行状」-8月1日(金)-10日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-23 12:41 | Comments(0)
2014年 07月 22日

通路の時間ー水位・文月(11)

遅延していた電気料金を支払いに北海道電力本社まで
朝支払いに行く。
ばっさりと電気を消されては敵わないので、開廊前に
いつもより早く家を出た。
支払いを終え、長い地下通路を歩くと途中に500m
美術館の展示が並んでいる。
まだ時間が早いので遮断された展示も多い中、入り口
近くのガラスケースの仕切りのある展示物では作品を
見る事ができた。
出口側はガラスの間仕切りが無いので、布のような物
で遮断しているようだ。
深夜の通行人の悪戯から守る為と思われる。
ガラスの間仕切りのある場所の展示物に谷口顕一郎さん
の琴似川凹み作品が原寸大と折り畳んだ状態で展示され
ていた。その隣に近い場所に中嶋幸治さんの故郷をテーマ
とする作品も並んでいた。
贔屓目かもしれないがこのふたりの作品が断トツである。
そう感じながらも、足は自然と前へ進んで作品を通過して
通路を進んでいた。
開廊前で時間も気になっていた事もあるが、この長い地下
通路では落ち着いて作品と語り合うような気持ちにもなれ
ないのだ。
棒状に真っ直ぐ前・後ろしかない直線の殺風景な通路壁に
アートが並んで、作品という垂直な時が壁に嵌め込まれて
いる。
そこで立ち止まり、時に添い寝までして寛ぐ時が訪れる訳
も無い。
壁から正面に一面的に視座は固定されているから、本来この
場所は宣伝媒体の並ぶ壁空間に過ぎない訳で、美術作品とい
う垂直軸の佇む天地の時間には合致しないものと思われる。
壁の奥行きが均等であり、作品はいつも正面を向いている。
見る方も正面が基本で歩きつつ若干斜めから眺めて、前へと
移動する。
風景の見えない本来は暗闇の地下空間であるから、照明と
直線の通路の無言の圧迫感が支配している。
作品世界が齎す垂直な時間とは異質の横軸の支配する移動
の為の空間であるからだ。

そこに移動から深化する移住・移民の文化の土壌は無い。


*谷口顕一郎展ー7月27日(日)まで。am11時ーpm7時
*斉藤周展「日々の行状」-8月1日(金)-10日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-22 12:10 | Comments(1)
2014年 07月 20日

展示初日ー水系・文月(10)

伏見稲荷の参道石段の作品も運ばれて、初日朝展示が完成する。
琴似川暗渠の路面凹み作品と共に源流域の護岸・石段の作品が広
がっている。
吹き抜け上部の石狩河口・茨戸護岸の岡崎式コンクリートマッ
トレスと3点が揃って旧琴似川扇状地の骨格が連携して凹みマ
ップが浮かび上がってきた。
これで谷口さんの札幌へのひとつの回路が作品として開かれた
個展となった気がする。
昼から人と食べ物が次々と来場して夜まで続いた。

札幌国際芸術祭の初日と同じ初日だったが、規模は別にして
内容は少しも遜色が無いものと思う。
主題と作品の回路の深度においては、むしろ谷口展の方がより
鮮烈で濃密であるかも知れない。

*谷口顕一郎展ー7月27日(日)まで。am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-20 12:27 | Comments(0)
2014年 07月 18日

添い寝の前夜祭ー水系・文月(9)

ほぼ展示が完了し、ふっと友人たちが集ってきた。
今展示の主役琴似川流域の凹み発見に同行した山田航さん
、その凹み採取後プラステイックで成型した作品原型を
もう一度現場の窪みに嵌め込み撮影するのに立ち会った
中嶋幸治さんが来て、自然とお酒となる。
湿度の高い暑い日でビールが美味い。
凹みの彫刻を現場に嵌め込んだ写真の前に、その形体を
蝶番で折り畳み変形したヴァリエーシヨンの立体が4点
床に置かれている。
吹き抜けの2階へと立ち上るような一点を囲み、ぎゅっと
凝縮したような作品や舟のように横へと伸びる作品が囲炉
裏の中のように集っている。
みんなはその周りに思い思いの姿で寝転がり、駄弁って
いた。
2階吹き抜けの上には、石狩河口茨戸で採取された岡崎
文吉のコンクリートマットレスから採られた格子状の稲妻
のような凹みが吊られている。
後は伏見稲荷の石段の作品が完成すれば、今回の琴似川水
系を主題とする展示プランは完成という事になる。
ほぼ先が見えほっとしたのか、ケンとアヤさんは酔いが
深く眠り出す。
他のふたりも床に転がり、全員が作品と添い寝のような
無言の時が流れた。
もう帰りたくないなあ、と呟いていた中嶋君が9月中旬
からの5年ぶりの個展をすると宣言した。
谷口さんの今回の展示に深くインスパイヤーされたもの
と思う。

今回の展示作品の立ち上がりから深く関わったふたりの
友人たちに添い寝されて、作品たちもきっと喜んでいたか
と思う。
幸せな初日前夜の集まりだった。

:谷口顕一郎展ー7月19日(土)-27日(日)am11時
 -pm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-18 14:26 | Comments(0)
2014年 07月 16日

展示中ー水系・文月(8)

谷口顕一郎展の展示が進んでいる。
札幌国際芸術祭500m美術館での展示を終え、こちらの
個展展示に本腰が入ってきた。
奥さんの彩さんは奥の談話室を整理整頓して綺麗に片付け
てくれた。
乱雑だった物たちが整理されてなにか室内の風通しが良く
なった気がする。
整理整頓というより、これはもうひとつの編集能力である。
棚の使い方、資料の纏める位置。
床が床として床であり、壁が壁として壁である。
そんな風に空間が生き返ってくる。
ケン(顕)とアヤ(彩)はまことに絶妙のコンビだ。
アヤさんの編集能力とケンの創造力が遠い欧州でも、また
そこへ向かったシベリア経由の旅にも十分に発揮され
今がある気がする。
10年ほど前欧州を目指す彼らに、稚内からサハリンを経由
して北回りで行く事を勧めたのは私で、ふたりはその通りに
デルスウザーラの世界を経験しつつシベリア鉄道で欧州へ
入ったのだ。
その時の旅の写真やアヤさんの書いた日記が今も手元にある。
飛行機を乗り継ぎ南回りで欧州に行くのではなく、札幌から
北回りで陸を踏締めて行く。
その半年近いふたりの行程が今もふたりの絶妙のコンビの原
動力になっているのだと思う。
そして10年。
故郷札幌での新たな出発の時である。

*谷口顕一郎展ー7月19日(土)-27日(日)am11時ーpm7時
 :月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 yrl/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-16 13:30 | Comments(0)
2014年 07月 15日

川俣正来るー水系・文月(7)

故郷三笠での滞在を終えフランスへ帰る川俣正さんが、
先日の返礼でもないだろうが、ここに寄ってくれる。
ちょうど今週末から展示の谷口顕一郎さんの作品が2点
置かれていたので彼の資料とともに紹介した。
同じヨーロッパで活躍している共通項もあったのだろうが
すぐ作品に川俣さんは反応して、芳名録にサインし感想を
書いていた。
こういう作家がいたんだと呟いて、個展のリーフレットを
多めに持っていくと言う。
谷口さんはこの日札幌国際芸術祭の展示で留守だったが、
後でこの話を聞いてとても感激し喜んでいた。
奥の談話室で1時間ほど話し込み、川俣さんは空港へと
向かった。

今回の私の三笠プロジェクト訪問と川俣さんのテンポラリー
訪問を通して、何かが新たに動き出している予感がある。
30年の歳月を経て深化し変わらぬもの、そして新たな地平
を予感させる確かな伏流水のような流れである。
それがどういう形となって顕れるかはまだ見えないけれど、
それぞれの故郷というものへのより本質的で普遍的な部分で
ともに同じ方向を見つめる仕事が出来るかもしれないという
予感がするのである。
第二のテトラハウスプロジェクトでもなく、第二の三笠プロ
ジェクトでもない何かである。
しかし本質的にはこのふたつのプロジェクトの底流を包含し
たラデイカルな視座である。

人と人の出会いとは不思議なものだ。
時を経てより深まり、より濃くなる。
会った回数ではなく、それぞれが生きてきた時間の深み・深処
で泉のように湧いて出会うのだ。
古からの山の斜面の護岸・参道の石段と、近代治水工法の川の
蛇行を基本とした岡崎文吉のコンクリートマットレスの護岸・
単衝ブロックが、護岸という構造において対自然において共通
するように、山間部の三笠と扇状地の札幌は故里という構造体
において共有する時代への視座を同じ方向として見据えている
のだ。

ふたつの場所の相互訪問にはそんな深い底流が流れている。
そんな気がしている。

*谷口顕一郎展ー7月19日(土)-27日(日)am11時
ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-15 12:55 | Comments(0)