<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 24日

境界への敬意ー星霜・水無月(12)

ビールとつまみを持参して、谷口顕一郎夫妻が来る。
写真家の吉田氏も合流して、ささやかな谷口さんの受賞を
祝う宴が始まった。
本人も余程嬉しかったのだろう。
報告と同時に何よりも一杯一緒に飲みたかったに違いない。
そこへ初の個人写真集「意識の素粒子」を出版した竹本英樹
さんが出来立てのその本を持って来てくれる。
短いライナーノートを私が書いて、それが印刷されている。
英文と仏文にも翻訳されて掲載されているのが、少し気恥ず
かしい気がする。
以前この通信にも試論として載せているものだが、こうして
あらためて印刷されると、もう少し長く書けば良かったかなと
いう気もしてくる。
しかしこの日偶然受賞と初出版のお祝いが重なり、初対面の
竹本氏と谷口さんたちはすぐに打ち解けてそれぞれの作品を
めぐり話は飛んでいった。

表現方法も表現手段も違うが、ふたりの表現に共通するもの
は、境界への敬意という事である。
谷口さんは路上の亀裂を素材にその形象を彫刻化して作品とする。
竹本氏は写真を通して、人と物との間の空気感そのものを作品と
して視覚化しようと試みている。
共通しているのは分別・整理され得ない間(あいだ)の世界、
境界への敬意とその境界という世界への飽くなき執着である。
野生としての自然に対して人はその中間に緩衝地帯としての
境界のような世界を創ってきた。
故郷というのはその総称としてあったものと思われる。
風景として残る田畑や里山、防風林は、その界(さかい)という
世界そのものと思われる。
そして風景だけではなく、人はそこに自然から得た様々な文化も
生んできたのだ。
現代はその境界という界(さかい)の世界への敬意が薄れている
時代である。
境界という世界をショートカットして切捨て、一方的な人間社会
のエゴを自然に対して行為する。
その結果故郷は消え都市化が蔓延していく。
原発の建設もまた都市化の延長線上の中にある出来事だ。
界(さかい)という境界への敬意を喪った現代に、境界の傷痕を
主題として作品を創り続けるふたりがこの日出会ったのは、偶然
ではないのかも知れない。

*谷口顕一郎展ー7月19日ー27日
*斉藤周展ー8月1日ー10日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-24 14:04 | Comments(0)
2014年 06月 22日

界川の亀裂ー星霜・水無月(11)

すっかりリタイヤーして自宅に沈没していた。
そこへドイツから帰国中の次回展示者谷口顕一郎さんの
本郷新賞受賞の連絡がある。
今回帰国の用件札幌国際芸術祭参加と本郷新賞ノミネート
の内一つは受賞で目的を達した事になる。
昨年秋界川ー琴似川合流部の暗渠路上を案内し見つけた
路上の亀裂を作品化したものが、今回受賞対象作品となっ
たようで嬉しい事である。
この道は卸売市場と競馬場が続く環状線沿いの道で、川を
埋め立て環状線にした為地盤の下のズレが川の流れのように
顕在化している場所なのだ。
川の水は見えないけれど、秋には蜻蛉が対で風に乗り小さな
水溜りに尾を揺らしている、そんな場所である。
川の水は見えなくとも風は流れ、蜻蛉が飛ぶ。
西南の源流の山並みが遠くに見渡せて、水の流れが車の流れ
になった以外はきっと変わらぬものがあるのだろう。
舗装された路面も時間の経過とともに地盤の下の暗渠の川の
地層のズレが顕在化して、路面に亀裂を生じさせ水の流れの
ような曲線を路面に刻んでいるのだ。
その中のひとつの亀裂を谷口さんは気に入って作品化したのが
今回の受賞作品のモチーフとなった。
川という自然と都市という社会構造との境を、作品という美で
境界の回路を創る事は、芸術文化の大きな役割である。
札幌国際芸術祭のテーマである「都市と自然」に先立って、札幌
彫刻美術館の本郷新賞にこの作品が選ばれた事はその意味でも
大きな意義がある事と思う。
都市化とは自然に対して破壊という事でもあり、同時に自然とは
都市に対して危険という事と同義でもある。
問題はその境を如何に聖なる回路として創造させ得るかが、いつ
の時代も問われている芸術・文化の本質なのだ。

次回ここで展示予定の明治の治水学者岡崎文吉の遺した茨戸護岸
工事の遺跡を作品化したものにも、同じ自然と人間の界(さかい)が
主題として大きな意味を保つと考えている。
ここでも谷口さんは水の炎のような岡崎文吉のコンクリートマット
レスの亀裂を採取し作品化したという。
百年前に川の蛇行を原点に考えた自然工法で治水工事を行った岡崎
が唯一遺した遺跡に水の炎を見るとは、今からとても楽しみな個展
ではないか。


*谷口顕一郎展ー7月19日ー27日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-22 14:12 | Comments(0)
2014年 06月 15日

パンクー星霜・水無月(10)

競馬場を越えた辺りでパーンと音を立てて自転車
の後輪が揺れる。パンクだ。
朝から雨模様で少し迷ってのだが、えーいと今日も
自転車に乗ってきたのだが、嫌な予感が当たった感じだ。
体調も良くないので、文字通りリタイヤーである。
佐佐木方斎展も最終日、リタイヤーで終わる。
方斎氏は正反対に元気で昨日は未明まで飲み、その日も
朝からビールそして夜は居酒屋へと連日連夜元気である。
一頃とは立場が逆転してしまったようだ。

次回谷口顕一郎展まで少し英気を養って休養せねばならない。

*谷口顕一郎展ー7月15日(火)-27日(日)
*斉藤周展ー8月1日ー10日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-15 14:42 | Comments(0)
2014年 06月 13日

危険と安全ー星霜・水無月(9)

Y氏より熊の木彫りを纏めた本のお披露目の案内が来る。
明治時代スイスから輸入された熊の木彫りは、武士の内職
として冬の時期に広まり、北海道の土産物として定着して
いく。
初期のパターン化しない手彫りの熊は驚くほど独創的であり
貴重な文化遺産である。
それらを時代や場所と仕分けしつつ系統的に収集し纏めた
のが今回のY氏の仕事である。
彼のアトリエは大小の熊の木彫りで埋もれている。
そんな時宮の森の住宅街、中学校の周囲に熊出没のニュース
が流れる。
熊木彫りの本場スイスではもうとっくに森が消え熊も生息
していないらしいが、ここ札幌ではまだ熊も健在なのだ。
毎年熊出没の報道はあって、そのたびに警戒が高まり安全
が叫ばれる。
自然に近い事とは危険と同義で、対する都市とは安全の事
でもあるだろう。
札幌国際芸術祭のメインテーマは「都市と自然」という事
のようだが、それは安全と危険という主題とも捉えられる
ものだ。
自然という野生は一方で危険に満ちた都市と対峙する存在
で、油断すれば人間を滅ぼすものですらある。
その自然・野生と境を置いて木彫りの熊にしたり、防風林
を植えたり、里山を造ったりと人はその調和に心を砕いて
きたのだ。
私達が安全と感じるような自然とは、そうした都市化した
自然の一部でしかない。
この界(さかい)の意識を喪失して自然に接してはいけな
いものと思う。
境界(さかい)にあたる入り口のような処には、祠や石仏
といった象徴的な何かが祀られていたのである。
その装置を忘れて都市と自然という主題は本来成立しない
のだ。
剥き出しの自然は危険に変わってくる筈である。

*佐佐木方斎展ー6月15日(日)まで。am11時ーpm7時
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 yrl/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-13 13:47 | Comments(0)
2014年 06月 12日

不調ー星霜・水無月(8)

方斎の作品に影響された訳でもあるまいが、体調不良である。
体内で亀裂が生じているのかも知れない。
佐佐木展が終わったら病院へ行こう。

吉増剛造さんより浦上玉堂のシンポジュームの本が送られて
くる。
今一番傾倒している作家という。
大草稿「怪物君」を書き続けている吉増さんの作品宇宙と
多分この巨人はどこかで激しく交叉してあるのかも知れない。
西洋近代化以前の文化の根として呼応し逢っている。

現実という翻訳言語より、浮き世という言葉の方がより界の
空気感を伝えてくれるように、埋もれた文化の根をもっと見
詰める必要がある。
特権化されない日常性が生きた言語があった筈である。
何でもギヤラリーというより、桟敷と呼んでも良い場合も
あるだろう。
翻訳語がある日常性を駆逐し特権化する例をアートやギヤラ
リーという言葉の氾濫に感じる時がある。

*佐佐木方斎展ー6月15日(日)まで。am11時ーpm7時。
*谷口顕一郎展ー7月15日ー27日
*斉藤周展ー8月1日ー10日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-12 13:44 | Comments(0)
2014年 06月 10日

作品という空ー星霜・水無月(7)

作品の中に作者の生も死も内包されてある。
佐佐木方斎の今回の作品にそれを感じている。
昨年の復活「自由群」は、その色彩といい、伸びやかな
筆致といい、描ける喜びが溢れていた。
今年の百号2点は、生きてきた傷だらけの人生を象徴し
死と隣り合わせの生の一点を凝視するかのように見える。
その意味では今までに無い独白的な作品である。
純粋抽象の作家がふっと到達した人生を吐露するような
無数の亀裂の入った青と赤の大作。
中心にそれぞれ一点方形の燃える点が印象的である。
青い血のような亀裂の入った画面。
赤茶けた血のような亀裂の入った画面。
これらは死のイメージで、そこに一点中央に方形の灯り
が灯っている。
無数の死の亀裂に対峙する命の象徴のように思われる。
絵で再生し、絵で死を見詰めている。
長い潜伏期間を経て今ここに自らの生と死を対自化し表現
したのだ。
それは優れて作家の業というものであるだろう。

*佐佐木方斎展ー6月15日(日)まで。am11時ーpm7時
 月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-10 13:15 | Comments(0)
2014年 06月 08日

お酒でハイジャックー星霜・水無月(6)

昨日も飲み仲間が来て飲み出したら止まらない。
夕方まで飲み続けてその後居酒屋へ直行したようだ。
1階会場奥の談話室はこのところ完全にお酒でハイジャック。
私は体調不良で酒には加わらず2階事務所にいる。

居酒屋へ主役が消えた後残ったY君とぼそぼそと話込んで
いたら、方斎フアンのY女史が来る。
今回の展示を楽しみにしていたひとりである。
公的な立場の人だが、感性は若々しく体制的な権力志向の
ない純粋な人だ。
お酒仲間も良いけれど、こういう人の訪問を大事にしなけれ
ばいけない。
かって「美術ノート」「現代作家展」と人的な広がりを多く
育んでいた人脈が真に作品を介さず人間関係だけの癒着で
あったから、今に繋がらず酒だけのお仲間に堕しているのだ。
まあ、美味い酒が飲めるなら、それはそれで幸せというもの
で余計なお世話と言われればそれまでの事である。

今回の版画集「部分群」の自費出版、そして百号2点の新作
制作と、かっての全盛期に匹敵する活動を見てそう思うので
ある。
もっと作品に添って人と関わるべきだと。
Y君やY女史のように純粋に作品を見て方斎と関わる人たち
をもっともっと大切にしなければいけない。
そこに利用するだけの人間関係は希薄だからである。
作家が個展で作品勝負する事が大事である。
群れてグループを作れば良いというものではない。

佐佐木方斎展も1週目を終え後半戦へ。
来週はまたお酒とそれ以外の如何なる出会いが生まれるか、
楽しみでもありそうでないものもある。

*佐佐木方斎展ー6月15日(日)まで。am11時ーpm7時
 月曜定休。
*谷口顕一郎展ー7月15日ー27日
*斉藤周展ー8月1日ー10日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-08 12:29 | Comments(0)
2014年 06月 07日

どこか似てるふたりー星霜・水無月(5)

欧州で活動し帰国中のKが来る。
奥さんのAさんも一緒で、佐佐木展を見に来たのだ。
何故かこのふたり世代差はあるけど、気が合うようだ。
やんちゃで無頼なところが似ている所為だろうか。
新旧無頼派である。
それを言うと、Kが”冗談じゃない!”と上品な仕草で
両手を前にして否定して見せた。
でも目は笑っている。
傍で奥さんのAさんが声を立てて笑っている。

それから鴨々堂のIさんが川俣正の三笠展のチラシを持って
来たり川俣のテトラハウス時代を知るKさんがっ来たりと
話があちこちに飛び火する。
方斎氏この日も元気で閉廊後ひとりで居酒屋へ。
私は風邪と体調今一で、咳き込みながら自転車で帰宅。
途中交差点で強風に会い一瞬にして転倒する。
こんな事はあまりないので大分弱っているのかも知れない。

*佐佐木方斎展ー6月3日(火)ー15日(日)am11時ーpm7時
 月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-07 11:53 | Comments(0)
2014年 06月 06日

風立つー星霜・水無月(4)

猛暑が去って、秋風のような風が吹いている。
この気温差でさっぱり風邪気が抜けない。
熱は無いようだが吐き気と咳が止まらなくなる時がある。
それでも毎朝自転車で通勤しているが、街を歩くより地
下鉄に乗るより楽である。
歩きスマホや自転車スマホ、暴走する肉食系の自転車等
に気をつければ気持ち良い走行となる。
Y君も車を止めて新たに自転車を購入し感激していた。
資金が足りなくて真剣に競馬に賭けて稼いだという。
毎日乗って、なんと健康的な乗り物なのかと語っている。
ただ問題は冬の半年で、そのハンデイをどう補えるかである。

佐佐木展も中盤に入り、少し中弛み。
私も疲れが出て一日2階事務所に篭っていた。
方斎さんも退屈したのか、熊のように会場を歩き回り
酒をひとり飲み続けている。
その足音と時折トイレに入る音だけが響いていたが、この日
通常より少し早めに帰宅すると帰って行った。
彼と同時代を疾走した多くの美術家たちは、今それぞれに社会
的地位もある教授やアーテイストになっているが、失われた
’90年代の没交渉の時間は今も続き新作発表の今日に馳せ
参じる気配も無い。
大向こうを意識した国際芸術祭よりも、もっと大切な地元の
花を見据えるナシヨナルな視座を無くしてなにがインターナショ
ナルなのか。
新幹線とさらなる冬の五輪への道筋を感じる時、芸術もスポーツ
もグローカルな一極集中の資本の論理内で存在している。

*佐佐木方斎展ー6月3日(火)-15日(日):月曜定休。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-06 12:00 | Comments(0)
2014年 06月 05日

無頼の人ー星霜・水無月(3)

役人さんやら記者さんやらミュージシアンやら色んな職種
の人が集まって作品を肴に話が弾む。
暑さに比例して冷えたビールの差し入れが多く、酒好きの
方斎さんには堪らなく良い時間である。
朝開廊と同時に来て閉廊時まで飲み続け、その後居酒屋へ
行く、これがほぼ日課である。
話といえばユーカラの口承のようにいつも同じ武勇伝を
繰り返し語っていて、Y君などはもうすっかり暗記して
しまうくらい繰り返し聞かされている。
昨日も山菜からオオイタドリを乾燥したタバコの話をして、
それは合法ですか?と突っ込まれて絶句していた。
今は美術家もアーテイストなどと上品な社会的地位にあって
あまり無頼の人は見当たらないが、ある時代まで間違いも無く
どこか胡散臭く酒好きで助兵衛で常識的でない人たちが芸術
家と呼ばれる人たちの固有の匂いだった。
しかし私生活は乱脈でも、作品はどこか凛とした品位があって
一途だった。
前回まで追悼で展示していた八木保次さんもまたそうした作家
のひとりだった。
方斎さんが八木さんにある種共感して語る<熱い抽象>という
言葉にもその事を感じるのだ。
今回の新作百号2点も画面表面に陶芸の貫入のように刻まれた
ひび割れはその熱い抽象の末の果てのようにも思われる。
そして赤と青の二色で構成されたそれぞれの色彩が、赤黒い血
と青い血のように煮詰まった熱い抽象の果てを感じさせるので
ある。
しかししてそれは決して下品なものではなく、最終章の感傷に
陥って在る訳でもない。
昨年制作された「自由群」の新作が復活の瑞々しい鮮やかな色彩
に満ち溢れていた事、それを今回版として再構成され製本された
「部分群」とを併せて見る時、この百号2点の保つある凛とした
境地を素直に受け止める事が出来る。
可能な限り時代と真摯に向き合い、飾らずあるがまま全力で生き
抜いた無頼の人の辿り着いた熱い静寂。
それが今回の2点の赤と青の貫入を支配している境地でもある
だろう。

*佐佐木方斎展ー6月3日(火)-15日(日)am11時ー
 pm7時:月曜定休。
*谷口顕一郎展ー7月15日ー27日
*斉藤周展ー8月1日ー10日
*小谷俊太郎写真展ー8月26日ー9月7日
*秋元さなえ展ー10月28日ー11月9日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-06-05 12:59 | Comments(0)