「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

花咲こうとする時ー光陰・卯月(20)

桜の薄紅色、レンギョの勢いある黄色が点滅するように
風景を彩ってきた。
花が咲こうとする季節がやっと感じられる。
会場にも昨日小さな草花がふたりの絵から離れた周縁に
添うように点滅している。
Mさんの控え目な、気配りに満ちた早春の活花だ。
今週末にもう一度活け替えがあるという。

札幌のある時代を象徴するような八木保次・伸子の伊達と
品位。
私の知る限りそれは僅か1km程の生家の環境の相違が
生んだと思える。
同じ都心でありながら保次さんは花街に近く、伸子さんは
商店街の立ち並ぶ街の医院で生まれ育っている。
その両方の環境が保つモダニズムが、伊達と品位なのだ。
それが色彩の内に強く映し出されている。
札幌という街が生んだ稀有なふたつのモダニズム。
上品な品位と野生味ある伊達。
それが僅か1km程の町の中心に凝縮してふたりの個性を
形成したのだ。
明治以降百年に満たない時間の内に移住者が結晶させたこの
ふたつの魂の輝きは、日本の近代におけるある純粋ななにか
であると今あらためて思う。
自然から得た感動やイメージを叩きつけるように抽象化する
保次、自然から得た感動を限られたキャンバスに再構成する
具象の伸子。
このふたりの激しい表現活動は、札幌という新しい都市の自
然との闘いそのもののふたつの純粋な相克・具現化だったよ
うな気がしている。

*八木保次・伸子追悼展ー5月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-30 15:04 | Comments(0)
2014年 04月 29日

花を活けるー光陰・卯月(19)

今は無人となり誰も住んでいない八木さんの家。
華道家で俳人でもあった八木保次さんの母上敏さん
が生前建てられ、保次さんと伸子さんの3人で住ん
でいた私には思いで深い家である。
当時この山の上の八木宅の下の方に私の家もあって
よく遊びに行ったのだ。
その3人の名前が敏さんの筆で彫られた表札が残され
ていた。
無人の空き家に歳月を重ねてとり残されていたそれを、
私は遺族の方にお願いして譲って頂いた。
それを今回の八木保次・伸子追悼展にそっと添えて展示
している。
その事もあって敏さんも偲び会場に花を活けてもらおう
とお花をするMさんに頼んでいた。
今日Mさんの休みの一日お花を活けて頂く。
札幌の南に広がる豊平川の中洲中島公園近くで敏さんに
育てられた保次さんは、三岸好太郎などと同じ薄野遊郭
界隈近くに生まれたタウンボーイである。
敏さんも花街育ちの粋な方であった。
この界隈の生まれの人には、歌舞伎学の権威であった
早稲田大学名誉教授の郡司正勝さんなどもいて、粋で
モダーンな人が輩出している。
私の生まれた駅前通の文化とはまた一味違うゾーンで
あるのだ。
札幌の浮世絵の世界、歌麿的世界でもあるのかもしれ
ないと感じている。
事実八木敏さん、保次さんはそうした粋な面影を保つ
親子であった。
伸子さんの実家は私の生家にも近く都心の医師の家で
病院長のお嬢さんであった。
僅かな距離だが出生の場所の違いは、どこか肌合いの
違いとしてあったように思う。
具象でお花をよく画材にした伸子さん、抽象で色彩を
主に天衣無縫な表現の保次さん、活け花と俳句で優れた
指導者であった敏さん。
この3人を繋ぐものは風情ある竹の表札と同時に、札幌
の花でもあると私は感じていた。
今やっと花の季節を迎えようとしている今日、Mさんの
花を添えて、3人の優れた札幌人を偲ぶ縁としたい。

*八木保次・伸子追悼展ー5月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-29 13:11 | Comments(0)
2014年 04月 27日

変わり目の時ー光陰・卯月(18)

夏個展予定のS氏が来る。
これまでのS氏の作品記録と私のブログ記載のS氏展評を
CDにデータ化して持って来た。
夏個展で今までの表現のひとつの区切りを試みる積りという。
それでこれまでの作品について、S論として文章化して欲し
いという希望だった。
データCDはその為の資料である。
今回の個展では絵画だけでなく、自分の出来得る表現手段で
色んな可能性を試みたいのだという。
純粋絵画の人と思っていたが、ある社会的な契機から一歩
世界を前に見据えて現実にコミットする気持ちのようだ。
夏の個展は彼にとって転換期の変わり目の個展となるだろう。

夕方1年振りだろうか、平面作家を名乗るA君が来る。
明治の治水学者岡崎文吉の映像発掘以来、是非この映像を
見せたかったA君である。
石狩川の上流域旭川で生まれ、宮崎駿の「風立ちぬ」を絶賛
していた彼に、私は是非見て欲しかったのだ。
見終わってから最近の様子をぽつりぽつりと話す。
彼もまた才能ある人で、行動し旅をし表現する人である。
デザインから写真も手掛けそれぞれに評価されながらも、
その枠に留まらない大欲を持っている人だ。
彼もまた次回の展示へ向けて転換期にある。
自分の表現のひとつに偏らない全面展開への欲求である。
その契機は、今ある現実の生活を見詰める誠実さから発して
いて、S氏と同様に自己への問いから生じていると感じられた。

ふたりのそれぞれに共通する自己表現への希求を聞きながら
どこかほっと共感している自分がいて、ふたりの新たな展開
を期待してこの日は暮れる。

*八木保次・伸子追悼展ー5月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-27 16:17 | Comments(0)
2014年 04月 26日

気温は朱夏ー光陰・卯月(17)

京都の若い友人のKから入籍の通知がある。
お相手は赤い色の好きな、その名も南なつさんという
キューレターの女性だ。
大阪で初めてお会いした時、ふっと名前から連想して
赤い色がお好きでしょう、と聴いたらそうと答えて
くれた。
まさかその時Kと一緒になるとは思わなかったが、昨年
秋ふたりで札幌を訪れた時了解した。
何故赤い色を連想したかというと、南(朱雀)・なつ(朱夏)
と朱に縁あるお名前だったからである。
そんなふたりの熱い報告に合わせるように、気温は一気
に初夏の暑さである。
遅い春は短く、草も木も花も大急ぎで狂ったよう一勢に
咲き出す季節が来る。
この季節、女性は野山をスカートを穿いて歩いては駄目
、魔物が入ってくると、お婆ちゃんに言われたとある人
に聞いた事がある。
信州から来た彫刻家が野外で作品製作をしていた時、この
緑の勢いに驚いて気の狂ったような緑だなあと呟いていた。
福寿草が黄を点し、フキノトウが緑の葉を開き、北コブシ
が白い花を咲かせたと思う間もなく一気に緑と花が雪崩れ
る様に乱舞する。
春の長い信州の人には、この短い春の夏への一気の変貌は
正に驚異だっただろう。
長い寒気に耐えた後の燃える生命の勢いがそのままこの
時期に集中する。
白秋・玄冬の冬の年を終えて、青い春から朱の夏の年へ。

*八木保次・伸子追悼展ー5月11日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 te;/fsc011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-26 13:39 | Comments(0)
2014年 04月 25日

春一番・快晴ー光陰・卯月(16)

高気圧に覆われ暖かい風が吹く。
ふっと東京にいた初めての春を思い出していた。
雪解けの泥土の皺の間に未だ花の色彩は沈んでいる。

 牧場の若草陽炎燃えて 森には桂の新緑萌し

 雲ゆく雲雀に延齢草の 真白の花影さゆらぎて立つ

と北大寮歌に歌われた春の花に出会うのは、もう少し先の事だ。
今冬は寒気が長く、厳しい日が続いた。
昨日の報道では流氷が太平洋を漂っているという。
オホーツク海から太平洋に流氷が行くのは滅多に無い事という。
それだけ海水温度はまだ冷たいという事だ。
そういえば今年は普段見られない深海魚が網にかかつて、その
巨大な姿が話題にもなっていた。
これも水温の急激な変化の表われだったのだろう。
日本海と太平洋を挟んだふたつの隣国の話題が続いている。
ひとつは多くの修学旅行生を遭難させた韓国の海難事故であり、
もうひとつはアメリカ大統領の来日である。
日米のTPP交渉の水面下の攻防も深海魚並みの動きだが、心
痛むのは今も救出が続けられている転覆船の報道である。
過積載を大きな原因とする船の転覆で、今も未だ多くの犠牲者
が冷たい海の奥に閉じ込められている。
物流優先の大量移送構造が、人の個々の生命を如何に無視して
いるかという、現代社会共通の他人事ではない事件なのだ。
物流だけではないさまざまな分野で、この過積載状況は見て取
れる現象ではないのか。
情報においても文化芸術の現場においても、過積載の構造は
見られる。
過積載とは、メニューだけのような実を見失った現象である。
現(うつつ)であって、実(まこと)を喪失した現実である。
この現(うつつ)現象が続発した年がこの冬の出来事に多かっ
たと思う。
そしてそれらの構造的な問題は、今も氷山の一角のように謝罪
会見や転覆として顕在化せず、日々進行形の潜在的現実である
だろうと思える。

*八木保次・伸子追悼展ー5月11日(日)まで。
 am11時^pm7時:月曜定休。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-25 14:04 | Comments(0)
2014年 04月 23日

友情ー光陰・卯月(15)

古い知人であるS氏が、ノートパソコンを持参してくれた。
ウインドーズxpのサービス終了で、困っているのを知った
からだ。
ブログとメール程度しか使わないので、なんとか騙し騙し
使っていたのを見かねたのだろう。
それを心配して別の機種を届けてくれた思いがけない友情に
驚き、感謝する。
かって佐佐木方斎さんの美術ノートに優れた美術批評を
書いていたS氏である。
遠い志が静かに燃えて、私への友情の贈り物となって南の
風のように吹いてきたような気がした。
新たにパソコンを設置し使いこなすのに、今少し時間
はかかるが馴れるまでこの友情を噛みしめる。

まだ風は冷気を含んで、陽射しと青空ほど暖かくはない。
じっと座っていると足元に寒気が忍び寄る。
桜前線は青森まで来たというから、5月の連休の頃には
やっと花の便りも札幌に届く事だろう。
友情の南風が先に届いて、心は少し花が咲いている。

Aさんが作品の写真を一冊に纏めて届けてくれる。
柔らかなノーブルな作品集である。
そこへK氏も来てしばし作品論議となる。
さらに美術館のF氏も来て話が飛ぶ。
Aさんは岡崎文吉の自然工法コンクリートブロクの堤防
を茨戸河岸に新たに見つけた話をした。
明治の治水学者岡崎文吉のショートカットに因らない
自然の川の蛇行を主とした治水事業の業績は、僅かに
石狩川河口に遺されている。
先人の百年前の夢の痕跡を早く見たいと、K氏が話す。
アメリカのミシシッピー川で今も有効に利用されている
この治水工法は、若き岡崎文吉が学んだ北大のエルムの
森から生まれたものでもある。
そのエルムを描いた八木伸子さんの絵画の前で、エルム
の生命・今は見えない泉をテーマとしたガラス作品高臣大
介の<ひびきあう>が風に揺れて澄んだ音を発していた。
その音色を聞いて八木保次・伸子展初日の夜は暮れた。

*八木保次・伸子追悼展ー4月22日(火)-5月11日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-23 12:55 | Comments(0)
2014年 04月 22日

風澄んで春ー光陰・卯月(14)

東京では桜も散って新緑の季節と便りある。
こちらはやっと路上の雪も消え、冷たい北風も去って
木の芽の蕾が膨らみだしたばかりだ。

八木保次さんの黄を含んだ緑の抽象画が、フキノトウの
緑のように陽光に輝いている。
八木伸子さんの赤を含んだ美しい黄色の具象画が、福寿草
のように黄金色に煌いている。
この2点のふたりの遺作を正面にして、上から高臣大介の
透明なガラス「ひびきあう」が2房宙に浮いて吊られている。
触れると澄んだ透明な音が余韻長く鳴り響く。
左の北壁には青と白の保次さんの抽象画と北大構内の春楡の
大木を描いた伸子さんの中作が並んでいる。
そこだけはもう初夏の風が吹いているかのようだ。

吉増剛造さんから手紙が届く。
ロンドン展の便りである。
関示に関わった岡本さん、余位さんへの感謝と観客の反応
が書かれている。

 若い方々の全力の真心を引きだすこと、これが
 temporary と大兄の薫陶の賜物ー。

と、吉増さんらしいご配慮のお言葉である。
作品の素晴らしい力を抜きに、個展の成功はない。
若い人の力も観客の反応も作品の力あってこそのものである。

東京の写真家Rさんより夏予定の個展延期の通知がある。
今のスタジオ兼事務所が今夏移転しなければならず、予定し
た個展の時期と重なり延期したいという。
ご実家がエルムゾーン清華亭に近く、個展時一緒にこの地域
を歩く事を楽しみにしていたので残念である。
写真に独特の力があり、エルムゾーンを撮影してもらいたい
と密かに考えていたのだ。

陽光のあたるところは暖かくなったが、日陰の部屋はまだ寒い。
ストーブを点けて足元を暖める。
灯油もそろそろ底を尽いて微妙な時期である。

*八木保次・伸子追悼展ー4月22日(火)-5月11日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-22 15:07 | Comments(0)
2014年 04月 20日

春風吹くー光陰・卯月(13)

昨日までの冷たい北風が消えて、やっと春風が来た。
光と風が透明で穏やかだ。

隣国の海難事故の報道に心痛む。
大量輸送の物流偏重がその原因にあるように感じる。
人の命を運ぶ安全よりも多くの物を運ぶ効率の重視。
船が悲鳴を上げて堪らず転倒したかに思える。
一度に多くの物を移動させる効率的で便利なもの、
それらに囲まれて私達の社会は在る。
あらゆる大量の人・物を運ぶ交通媒体。
あらゆる大量の情報を流す通信媒体。
あらゆる消費物質を並べる店舗媒体。
すべてに大量の物流がひしめいて、個々の命の価値
を基準にはしていない偏りがある。
そんな社会構造の中で起きたかのような海難事故は、
他人事ではない同じ社会構造の問題という気がする。
大量に閉じ込められた修学旅行生を想う親達の悲鳴が
ひっくり返った巨大な船の影の波間に響いている。

巨船を高層ビルに、列車に、地下鉄にその他ありとあら
ゆる大量移送の媒体に置き換えれば、同様の構造で悲劇
は想起しうる気がするのだ。
個に根ざした文化の根もまた然りである。
その地域、そこに生きる個の生命を主軸として分野の
量的拡張などに目を眩まされてはならないのだ。
物流だけが量数を優位に置いている訳ではない。
心流もまたその構造に毒されている。
心流とは、突き詰めれば文化の根幹、個の生命に根ざす
人生の問題だ。

一本の木のようでありたいと願う。
一樹は一樹を全うし、多樹たる事を考えない。
樹は森となるが、一樹はあくまで一樹である。

*八木保次・伸子追悼展ー4月22日(火)-5月11日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-20 14:34 | Comments(0)
2014年 04月 19日

春楡が来たー光陰・卯月(12)

八木保次・伸子さんの作品を所蔵している遺族のT氏
がおふたりの作品を搬入してくれた。
事前に打ち合わせはなく、T氏の気持ちで選んで
くれた作品である。
保次さんの白と青の小品と中作。
そして伸子さんの北大構内の春楡である。
私の所蔵する伸子さんの黄色の作品と保次さんの緑
の作品と併せて展示すると、正に冬から春へのこの
北の大地の色彩があふれ出ているように感じた。
そしてなによりも嬉しかったのは、春楡の瑞々しい
緑の大木が届いた事である。
遠い冥界から伸子さんの応援の声が絵画の形をして
届いたかに思えた。
今の場所に移転して、伊藤邸高層ビル化の報道を契機に
「札幌緑の運河エルムゾーンを守る会」を結成し展開
してきた現在の闘いへのエールのように思えたのだ。
このエルムゾーンを守る会の現在の活動をT氏に伝える
とT氏も吃驚してこの偶然の作品の選択を喜んでくれた。

展示を終えると、会場には冬から一気に初夏の風が
吹き渡っているようである。
来週から時を見てMさんにお花を添えて頂き、遅い春を
花の季節へと加速させたい。


*八木保次・伸子追悼展ー4月22日(火)-5月11日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-19 12:54 | Comments(0)
2014年 04月 17日

パソコンも北風ー光陰・卯月(11)

北風冷たくまだ冬の風残る。
気温差で体調も今ひとつだ。
パソコンもウインドーズ終了の機種なので繋がりが悪い。
だましだまし使用しているが、いつまで続く事か・・・。
冬がいつまでも愚図ついて、体調もパソコンもすべてが
愚図ついている感じだ。
雪景色は消え季節は確実に春へ向かっているが、まだやっと
福寿草とフキノトウの便りが届いて、花の季節は遠い。

3回忌を迎えた八木保次・伸子さんの追悼展を遺族の方
のご協力を得て来週から展示する。
抽象と具象の絵画のふたりだが、その色彩は北の光の彩
(いろ)を追求し表現した作家である。
私の所蔵する3点の作品は、その中でも一番春を感じさ
せる作品だ。
それ故、この今の時期に毎年ふたりを偲びこの3点を軸に
色んな人のそれぞれの八木作品を持ち寄って追悼の展示を
続けている。
それぞれの八木保次・伸子が顕れていて、所有者のそれら
の作品と出会った時の人生が反映している。
今年は今は無人となった八木さんのアトリエに残された
八木家の風情ある古い表札を快くお譲り頂いたご遺族の方
の遺作収蔵品をお借りして展示をする。
そしてお譲り受けた表札もそっと会場に飾らして頂いて、
そこに彫られた八木保次さん、伸子さん、優れた華道家で
もあったご母堂の敏さんの3人を偲んでMさんにお花を活
けて頂く予定である。
この展示が始まる頃には、風も香しい春の風になって
おふたりの絵の色彩のように北の春が開くと嬉しい。

パソコンも変えたいけれど、今その余裕が無い。
どなたかご協力下さい。

*八木保次・伸子追悼展ー4月22日(火)-5月11日(日)
 qm11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め取り西向き
 yrl/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-04-17 12:41 | Comments(0)