「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 28日

ゴールデンバットー一角獣・如月(16)

ひもじくなっていつのまにかキャスターからゴールデンバット
に変わっている。
吸うタバコの話である。
もともとゴールデンバットを吸っている人には申し訳ない話だが
、値段が半分以下なのだ。
最安値のこのタバコはどこにでも置いている訳ではなく、場所
によっては置いていないのである。
高級住宅街のコンビニ・スーパーには置いていない。
そんな高級住宅街が多い円山地区のスーパーでたまに買い物を
していると、大声で喚いている人がいた。
このスーパーは、地下鉄に連動したビルの地下にあり、普段から
多くの人が集まっている。
早足でびゅ~んという感じで店内を駆け回っている。
どこか上から目線の強欲そうな買い物客が多いのだ。
そこで何かに苛立ち大声を上げている人がいる。
大量に物が並び欲望が刺激される場所で、買い物客の視線の先端
が鋭く尖って店を駆け巡っている。
これは少し離れた場末の市場のようなスーパーにはみられない雰
囲気である。
お買い物をするというゆったりとした雰囲気がここには少なく、
街の矢印のような尖った視線の延長で買い物があるようだ。
そんな尖った視線に傷つき苛立つように誰かが大声を上げている。
かってこの円山地区は森と山に近い神宮のある静かな地域だった。
産地を繋ぐ琴似街道が通って市場が連なる地域だった。
その市場は今消えて大手のスーパーが高層マンシヨンとともに
進出している。
小さなパン屋さんもいつのまにか大手の不動産屋のセンターに
代わり、かって夕日がトマトのように見えた事からトマトムーン
と名づけたカフエも夕日が見えなくなって撤退してしまった。
近年では郊外の趣きある風情は消えて矢印歩きの黒いブーツが
高い靴音を立てて獰猛に徘徊している。
優雅とは程遠いナチス親衛隊か北朝鮮の兵士のような歩行である。
それらの矢印が、商品に群がるように突進して歩き回っている。
地下歩行空間や駅を歩くリズムがそのままこの郊外にも続いて
いるのだ。
あの悲鳴のような大声はいつまでも脳裏に残り、外に出た夜の
闇をさらに深くして響いていた。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-28 13:42 | Comments(0)
2014年 02月 27日

雪緩むー一角獣・如月(15)

日中気温がプラスとなって雪緩む。
路面が顔を出し灰色の道。
福寿草やふきのとうも顔を出すといいなあ。
それには未だ早い晩冬。
ゆっくりと季節は動いているが、街は変わらず早足の
ショートカットの流れ。
人も物も文字も横に流れて直線だ。
気が付けば縦に書かれた文字がほとんど無いのだ。
横へ横へと道も人も文字も流れている風景が続く。
佇む事や振り返ることの垂心の行為はここにない。
噛み付くような獰猛な歩行が男女を問わず突っ走って
先の尖った黒いブーツが矢印のように飛んでいる。
道は通過する為の修飾された管のようにスムースだ。
立ち止まる装置はボックスと並列に展示された500m
アート壁。
横に流れる地下通路に目の引越しセンターのように
美術が並んでいる。
これが本当のアート引越しセンターというものである。
移動軸だけでそこに留まる<住>と<民>の根が見えない。
美術・芸術とは深い垂心の所為ではないのか。
縦軸の垂心が横軸の物流に執って変わられている。

未だ見えない福寿草やふきのとうの黄色緑色の春色。
光と水の天地への命の垂心がこの色を生む。
葉は光を求め、根は水を求め天地に深く触れる。
そして花開く広がりを生む。
最初から植物の生命は横軸ではない。
人間は動物であるが、本質的に植物に学ぶべきである。
人類は遠い先祖の時代から移動を繰り返し世界に散らばって
動いてきた。
しかし同時にその地に定住しその地の文化をも生んできたのだ。
移動は移住に、移住は移民になって国を生む。
現代の物理的インフラの発達は、ひたすらこの移動だけを主体に
走り続けている気がする。
スタートもゴールも断念も出立も見えない闇雲な移動の連鎖である。

街の時間に身を置いてそんな事を感じていた。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-27 13:05 | Comments(0)
2014年 02月 26日

余韻・ひびきあうー一角獣・如月(14)

二本だけ置いていったガラスの房が揺れて澄んだ音を
響かせている。
揺れが伝わり、しばらくの間音色が絶える事はない。
最終日深夜まで飲み明かし語り明かした余韻のように
高臣大介の置き土産が響いている。
百三本の内の貴重な二本を記念に寄贈してくれた気持ち
を嬉しく感じていた。
ここから10年かけて千本まで、この響きあうガラスの
作品を創り続けると語っていた大事な一本一本である。
純粋無垢な純度の高い透明な骨のようなガラス。
器でもなくそれ自体は用のものではない透明な骨。
それらが吊られ触れあう事で光と音を奏でて、視覚聴覚
をひとつにした透明な小宇宙が顕われる。
透過する光が増殖し触れる音が増殖して、冬の光の万華鏡
のような世界が浮き上がってくるのだ。
これが千本となり、春・夏・秋の風景の内に置かれる時
それはまたどんな世界をそこに包含し顕れるのだろうか。
今はただひたすら冬の精を取り込み白く煌めく光と響きの
世界なのだが・・・。
かって冬に負けそうになった南からの移住者は、今はその
冬を美に囲繞し音と光の作品化を達成しつつある。
移住者は新たな価値を創る、新たな移民の歴史を刻みつつ
あるのだと思う。
この北の地に来なければ創り得なかったものを創り、
この北の地で再発見した冬の白い光と透明な音を育む。
そんな新鮮な出発の契機を今回の作品は孕んでいる。

北海道が、札幌が、他の地域に無い固有の光と音を保って
その違いが際立つように輝くならば、その時初めてこの北の
地は真に国際性を保った発信地となるだろう。

そんな期待を感じさせる余韻が響く高臣大介展の置き土産で
ある。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-26 12:28 | Comments(0)
2014年 02月 24日

最終日の夜ー一角獣・如月(13)

最終日夜打ち上げ。
3つの流れとなる。
最初は親しい友人達が集まり乾杯し歓談。
その後恒例の酒井博史さんの弾き語りライブ。
久しぶりに胸打つヒロシの熱唱を聞く。
ライブハウス出番前に時間を割いてこの夜の打ち上げの為に
参上してくれた酒井さんの歌が終わった後、美術記者のI氏
が仕事を終えて来る。
示唆に満ちた優れた展覧会評を載せてくれた人である。
そしてさらに昨年末の美術館で今度の高臣作品展示を企画
展示してくれた学芸員のF氏も出張から帰って千歳空港から
直行して合流する。
美術を専門とする練達のふたりが揃い、ここからまた新たな
打ち上げモードとなつて、深夜2時近くまで話は深まった。
話せば話すほど共通の知人や話題が湧き出て、当初午後9時
頃でお開きの予定が大幅に伸びてしまったのだ。
最終日連日会場に詰めていて疲れているはずの高臣さんが、
一番ハイテンシヨンで話が止まらない。
作家にとって真に嬉しい打ち上げの一夜となったようだ。
親しい友人達、作品をきちっと見てくれた美術の批評家、
そして工房の仲間に囲まれて心が解き放たれていたのだろう。
この3段ロケットのような打ち上げの勢いは熱い流れとなって
夜の深いしじまに渦巻いていたのだ。

千葉から北海道に移住して12年。
<あふれでる>ー<ひびきあう>高臣大介である。
記念すべきライフワークの起点ともなった今回の個展。、
おめでとう!
そしてこれからも頑張ろう!

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503。
[PR]

by kakiten | 2014-02-24 15:36 | Comments(0)
2014年 02月 23日

晴れた!最終日-一角獣・如月(12)

最終日の朝、快晴。
少し遅れて着くと、もう先に大介が来ている。
彼女さんも一緒で流し場も部屋も綺麗になって暖かい。
なにか良いものだなあ。
冷えた部屋でなくて暖かい部屋が用意されているのは・・。
その後最初に来たお客さんが、ガラスの房の音を鳴らして
歓声を上げる。
子連れの夫婦で、小さなお子さんが早速音を鳴らし
吹き抜けを駆け上がって大喜びである。
子供は怖さと冒険が大好きなのだ。
作品と一体化して空間に溶け込んでいる。
一度楽しさを知るともう止まらない。
太陽の煌めく光がガラスに溜まり散って、幼児が声立てて
ガラスの澄んだ音が空間を音と光のメリーゴーランドにする。

朝から賑やかな足音・声・鳴り響くガラス音が廊内を満たして
高臣大介展最終日。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月23日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-23 12:13 | Comments(0)
2014年 02月 22日

耕すー一角獣・如月(11)

人が来る度にガラスに触れて音が響く。
音が空気を耕している。
南窓から朝の光が射し込み、光も空間を耕す。
同じ時間はない。
高臣大介個展「ひびきあう」最終日前日。
今朝も昨夜来の大雪で光が眩しい。
今回の展示についてフェースブックやツイター
、ブログ等で多くの高い評価が綴られている。
これを機に作者はさらにこのガラスの房を将来千本
まで増やしたいと語る。
現在は百三本だからすごい量に将来なるだろう。
3年前清華亭庭の泉の記憶をテーマに庭の樹の梢に
ぶら下げたこのガラスの房が数を増やして昨年の
「あふれでる」という展示となり、今年はさらに
「ひびきあう」という展示となって豊かに増殖してきた。
源流の一滴でもあったかのような、滴のひとつひとつが
重なり増えて大きな溢れ出る宇宙を創ってきている。
耕す・耕作するーcultivate抜きに文化ーcultureはない。
メニュー(献立)ばかりが先行する芸術祭に真の産地は
不在と思う。
耕す垂直な時間を抜きに文化は生まれず、横軸のグローバ
リズムは物流の移動軸・増殖に過ぎないのだ。
ここで生まれ、ここから発する根を下ろした表現の梢、表現
の根毛。
その自耕する時を保ってこそ、作品という花も実も開いて
世界に根ざすのである。
産地と献立は一体でなければならぬ。
メニューだけがひとり歩きする、現場と産地から離れた
cultivateなきcultureはいらないのだ。

高臣大介は10年の歳月を経て、千葉から移動・移住を為し、
根を下ろした移民の次元へと世界を創りつつある。
もうその生き様はただの移動軸にはない。
<住>と<民>という根を張ったフイジカル・メタフイジカル
な移動のカルチヴェートを作品としても証明しつつあるのだ。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月23日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-22 14:34 | Comments(0)
2014年 02月 21日

雪積もるー一角獣・如月(10)

今日も朝から雪が降る。
雪の反射が廊内を満たしガラスの透明な輝きと白い空気
が光のハーモニーを奏でている。

東京に出張前に駆けつけてくれた美術館学芸員のF氏。
”自然光はやはり良いなあ~”と呟く。
昨年末の美術館での展示では、閉じた館内でライトによる
照明の展示だったから、この自然光の変幻は見る事ができ
なかったからだ。
ガラスに触れ音を響かせても、音と光の小宇宙の広がりが
違うのだ。
展示の美しさを前にして喜ぶ反面、浮かぬ顔をした作者が
いる。
悪天候が災いして人の出足が今いちなのだ。
もっともっと多くの人に見てもらいたい。
それが作家の偽らざる心境なのだろう。
この量と質の相対する矛盾は作品表現の結果に対していつも
ある宿命のようなものである。
優れた作品がいつも多くの人の目に触れるわけではない。
時を経て輝きを増す場合がほとんどである。
慰めにもならないが、浮かぬ顔をしている作者にそっとそう
語りかけていた。

 Tokio他にNakamoriさんとこのyukiの丸山が
 移住して来たみたいなイジョーの年であります。

と、吉増剛造さんからお葉書が来ていた。
関東も大雪と聞く。
洪水や森林火災や大雪と異常気象が地球規模で広がっている。
大きな地球規模の天変地異にはなにもできぬ無力な人間だが、
せめて人として出来得る夢の形象だけは大切にしたいと思える。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月23日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-21 16:17 | Comments(0)
2014年 02月 20日

光燦々、音燦々ー一角獣・如月(9)

今朝は久しぶりに晴れて、光と音が廊内に溢れる。
高臣大介ガラス展「ひびきあう」3日目の朝。
外の路面の雪に反射した白い光が、波打つ透明なガラスの
飛沫を柔らかく抱擁している。
身体に触れるこの透明な飛沫が澄んだ音を響かせる。
光響燦々と満ちて、光の函世界。
そこへ須佐之男命のような髪をした高臣大介が現れる。
溢れる光と音の中、天の岩戸が開いて天照大神の世界の
ようである。

高臣大介さんの個展が始まってもう10年。
冬の今の時期にそれは始まった。
ガラスは夏のものという先入感を破る事が最初からの
我々の意思だった。
千葉から移住して間もない当時の高臣さんは、北海道の
初めての冬にスタッフも去り辛い時期だったのである。
その冬を逆手にとって、彼独特の透明なガラスを雪と氷柱
とコラボする。
そんな意気込みで集中的に吊りの一輪挿しや器を数多く
一気に制作し展示したのだ。
当時円山にあった大きな窓の開いた2階のギヤラリーは
この時雪と氷柱と光と透明なガラスの鮮やかな共演を生み
展示は成功裡に終わったのだ。
それから厳冬のこの時期雪と氷柱とガラスの光の共演は
毎年の恒例の挑戦となっている。
冬に多くのスタッフが去り一度は負けそうになった冬を克服
して、高臣大介さんの無色透明なガラスの制作行為はより
一層強靭になったと思う。
ある環境的な困難を克服し、さらに制作の主題となるテーマ
性を「野傍の泉池」展の清華亭庭等で試みる事で作家として
も大きな飛躍を遂げてきた。
その象徴的な仕事が今回の主題ともなった「ひびきあう」の
起点になった昨年暮れの道立近代美術館での展示である。
雪と氷柱とガラスの視覚的表現から音という響きを加えた新
たな表現領域へと彼のガラス世界は広がってきたのだ。
それが今回「ひびきあう」というテーマに結実して、響く音が
一層透明なガラスの世界を広げ、光が音に触れ音が光に触れる
世界を創出している。

:高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月23日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-20 14:06 | Comments(0)
2014年 02月 19日

ガラスの瀑布ー一角獣・如月(8)

高臣大介展「ひびきあう」に入ると、先ず目の前に簾のように
ガラスの房が左右にぶら下っている。
真ん中が開いてそこから奥へと入る訳だが、自然と身体が
ガラスに触れて音を立てる。
この音の洗礼を受けて中に入ると、中央に上下に波打つ
ようにガラスの房が踊っている。
これもまた軽く触れると互いのガラスがぶつかりあって
様々な音色を響かせる。
入り口の簾のように横一列に吊られたガラスの音色と中央
の上下縦に吊られたガラスの音色とは共鳴の響きが違う。
朝の雪の白い反射光に浮かぶ透明な飛沫のようなガラスの
房は澄んだ音を立て、光と音の透明な瀑布のようである。
この作品は、あふれでるーひびきあうーと3年の時をかけて
続けてきた泉の記憶を主題とした作品のひとつの結晶と思う。
吹雪の日、晴れた日、朝の光、午後の光、夕暮れの光、夜
の照明だけの光の中と、光の飛沫は煌めきながら澄んだ音と
共に会場を遠い泉の記憶で埋める。

「札幌緑の運河エルムゾーンを守る会」の運動が、ひとつ
の転換期を迎えている。
<守る>だけでは進展しない状況を迎えているからだ。
新たに「札幌原風景研究市民センター」としてより本質的な
運動として展開しようという動きが出ている。
エルムゾーンに眠る遺跡や文化財を重点的に調査保存する文化
運動としてより積極的に行動する動きである。
遠い泉池の記憶が札幌のエルムの森の記憶を蘇らせ、そこに
生きた先人たちの原風景を今に活かす文化運動は幻想としての
美術作品とともに現実的な闘いとしても胎動し続けている。

新幹線や高層マンシヨンの都市化の大きな動きと対峙しつつ、
この小さな泉を主題とする文化運動はさらにラディカルな局面
を迎えつつあるのだ。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月23日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fac011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-19 13:02 | Comments(0)
2014年 02月 18日

ひびきあうー一角獣・如月(7)

一昨年の「野傍の泉池ー清鼻亭」展に始まった高臣大介の
ガラスの作品は、昨年の「あふれでる」展で源泉のような
百一本の透明な光の飛沫となり、さらにこの作品は昨年暮れ
の道立近代美術館の展示で、重なるガラスの房が触れる澄んだ
音の共鳴体としてもうひとつの魅力を発していた。
今回のテンポラリースペースでの展示は、正にそうした流れ
の集大成としてあるような気がする。
百本余の房のような透明なガラス体があたかも見えない水脈の
泉から湧き出る水房のように入り口から会場中央にかけて吊られ
ている。
入場者は自然とこの水滴のようなガラスに触れ、廊内に音が響き
木霊するようになるのである。
分散し吊られたこれらの透明なガラスの房たちは、「あふれ」「ひび
く」泉の水脈の口のようにある。
あふれでるーひびきあうーが、合体して、<わきあがる>へと
作品群は昇華し、会場全体を白く透明な光と音の泉の曼陀羅のよう
な世界へと変貌させている。
銀白の雪の反射光がさらにこの世界を澄んだ光で満たしているからだ。

伏流水が湧き出る泉となりエルムの森を形成していた遠い札幌の記憶。
その記憶の跡を「緑の運河エルムゾーン」として、植物園ー伊藤邸
ー偕楽園緑地ー清華亭ー北大構内に広がる地域を自然文化遺産として
守る運動を進めている中で企画された「野傍の泉池」展の高臣大介の
作品は3年目の今回の展示である見事な結実を見せている。
小さな一滴の水滴が幾重にも重なって束となり湧き上がるものとなり
<あふれで>て<ひびきあ>っている。
そしてそれらはあたかも実際の泉のように見えない流れを形成して
エルムの森の野に溢れ、響きあっているかのようである。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月23日(日)まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-02-18 13:09 | Comments(0)