テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 01月 31日

赤と白の透明な冬ー頬杖・睦月(13)

昨日はプラス8度、今日は零下と気温差が10度以上ある。
すっかり調子が狂う。
でもまだ1月である。
プラスの方がおかしいのだ。
そして明日から2月。
一年で一番短く寒い月だ。

流氷の海へ帰った佐々木恒雄さん夫妻。
「And Yet meet」というふたりの愛を物語る
ような美しく激しく爽やかな作品を見せてくれた。
この作品は、帰郷し5年を経て獲得したオホーツクへの愛
そのものでもあったのだろう。
この寒気の中で今懐かしくも思い出すのである。
あの対座するふたりの間に飛んでいた赤い描線は多くの友人
をも呼び寄せ、今までの個展で一番の多くの人を招き寄せた。
遠い冥界の友人さえも・・だ。
そんな気がする。

次回展示は洞爺のガラス作家高臣大介の個展である。
少し間が空くが2月中旬より「ひびきあう」を主題に展示される。
昨年の個展で発表された百一個のガラスを束ねた「あふれでる」
を近代美術館に展示した後再びここで「ひびきあう」として新たな
展開を試みるようだ。
百一個のガラスが共鳴して、その音が奏でる澄んだ響きと透明な
ガラスの光はさらなる白い冬の光の内に冴え渡る事だろう。
流氷のオホーツクから届いた真っ赤な描線の名作。
そして凍てつく冬の光の精のような硝子の透明な光と音の作品。
北の冬に対照的なふたつの燃えるものがこの1月2月に結晶する。
そうだ、このふたつの作品はともに<ひびきあう>という点で同じ
構造を保つ作品である。
赤い透明な情念と白い透き通ったガラスの音・情念だ。
透明な炎のように燃える冬の命の純粋な結晶である。

いつの日かふたりの作品の出会いを楽しみにしている自分がいる。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月18日(火)-23日(日)
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-01-31 13:11 | Comments(0)
2014年 01月 29日

佐々木恒雄展終わるー頬杖・睦月(12)

畳一畳程の大きさの大作を完成させて佐々木展終わる。
最終日前日画家への夢を持つYちゃんがじっと見つめる中
佐々木さんは一心に筆を走らせていた。
一番緊張したと後で語っている。

最終日は佐々木さんの札幌時代のデザイン仲間や音楽系の
友人達が途切れなく訪れ上も下も人で一杯となる。
DJやミュージシアンも多く、その内のひとりは故村岸宏昭
と演奏を共にした人だった。
その人が2階吹き抜けの回廊に陣取り演奏を始めた。
この場所で演奏をしたのは、正に2006年の7月の村岸展
以来ではないだろうか。
その半月後ムラギシは四国の高知の川で遭難死する。
それから1年後に追悼展をし、さらに1年後追悼の本を出版
し、その中に収録された彼の作曲した楽曲は今も時々演奏され
ている。
生前のムラギシを知らない人たちが彼の曲を演奏した録音を
このムラギシの友人に聞かせた。
「撓む指は羽根」のジャズアレンジの演奏である。
この曲をかってムラギシとともに演奏したことのあるこの友人
は、目をむいて感動していた。
ちょうど遺稿集を出版・編集したかりん舎の二人も見えていて
その偶然を心から喜んでいる。
遺稿集の表紙デザインは佐々木恒雄さんで、今回の会場撮影を
した写真家のクスミエリカさんは、ムラギシの遺品を遺作集に
撮影提供している。
佐々木展最終日はどこかムラギシの日のようでもあった。
ムラギシさんの実家のようだね、と誰かが呟く様に言った。

5年前網走に帰り漁師となり絵画を続けている佐々木さんの
3年ぶりのここでの個展はこうして懐かしい人たちとの多くの
再会を幾つも果たして盛会の内に終わる。
作品が作家を勇気付け、作品が黄泉の国の友人を招き寄せ小さな
女の子の夢を励ます。
そして作品が新旧の新たな出会いをも生んだ豊かな時間を創って
くれたと思う。
もう流氷が接岸するというオホーツクの海へ帰った佐々木さんは
その胸にきっと熱い燃えるような個展の想いを抱いて海をみている
に相違ない。

*高臣大介ガラス展「ひびきあう」-2月18日(火)~23日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-01-29 13:56 | Comments(0)
2014年 01月 25日

朝歩くー頬杖・睦月(11)

昨夜から暖かくなり、路面が溶け出す。
流し台で、ぼそっと音がして、ふっと見ると水が引いている。
配水管の地下の凍結した部分が溶けて水が流れ出したよう
だった。
蛇口を開け水を流すと、スムースに水が流れた。

今朝も暖かいようなので、歩いて出勤する。
歩行の速度が鈍っている。
1時間半ほど歩いて到着。
以前より1・5倍ほど遅い気がした。
金も無く体力も無い。
無い事だらけだな。

開いて間もなくT氏が娘さんのYちゃんと来る。
Yちゃんは今中学1年生だ。
T氏が頼んであった岡崎文吉のヴィデオをDVDに録画して
持参してくれた。
そのデスク盤を渡す時一緒に横からYちゃんが一通の封書を
手渡してくれる。
見るとコピーが入っている。
小学校の卒業アルバムに書いた将来の夢の文章のコピーだった。
卒業時このアルバムに収められた文を読み、嬉しくていつかコピ
ーが欲しいとお願いしていたのだ。
以下その抜粋である。


 私の将来の夢は、旅をしながら絵を描いてその作品を、楽しく、
 私のアイディアであふれる小さな美術館で展示することです。
 今後、有名になり外国の有名な美術館に展示してほしいとたの
 まれても私は、小さい美術館で初めての展覧会を開くと意地
 をはっているはずです。
 私が小さい美術館にこだわる理由は、大きい美術館より面白い
 からです。
 確かに大きい美術館のほうが展示できる量もだんぜん多いです。
 しかし大きい美術館に展示されている作品は、もう有名な人や
 亡くなってしまった人の作品がほとんどです。
 ですが、小さい美術館は、これから有名になろうと希望をもって
 いる人の作品が展示されます。
 小さい美術館に展示されている作品を見ると、アイディアがたく
 さん浮かんだり、私の夢がふくらみ、「ぜったい画家になってやる 
 っっっ。」と何度も何度も思わせてくれます。だからこそ、そこで
 展示したいのです。

小学校低学年の頃から何度もお父さんと来てくれたYちゃんの小学校
卒業時の夢が、小さい美術館という表現で記録された事に深い感動を
覚えた。
夢は夢として将来変わる事はあるものであるだろう。
しかしこの時点でそう思っていた事は間違いも無い事実である。
自分自身のその頃の事を思い出して、そう思うのである。
しかも今回本人自身が手渡しでコピーを届けてくれた事にも感慨を
覚えたのだ。
無い無い尽くしの自分だが、この幼い夢に励まされまだまだ凹んで
はいられない。と感じた次第である。

Yちゃん、ありがとう!

*佐々木恒雄展「And Yet」ー1月26日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*高臣大介ガラス展ー2月18日(火)~23日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



 
[PR]

by kakiten | 2014-01-25 17:23 | Comments(0)
2014年 01月 24日

オホーツクの赤ー頬杖・睦月(10)

故郷網走に帰り漁師の家業を継ぐと決めた札幌展会場
で制作された佐々木さんの作品は、朱色だった。
「朱雀」と題されたこの作品は、オホーツクの海に
生きると決意した燃える魂の色だったのだろう。
そのオホーツクの海で生きて5年、今回展示された
「And Yet meet」と題された大作は
再び赤が印象的である。
向き合った男女が激しくも美しい青、緑、赤の
描線の中に在る。
他者を媒介にして炎のように立ち昇る赤。
この赤はかって出立の時に顕れた個の内面に燃えた
赤とは違う、外界に、他者へと触れる赤である。
オホーツクの海に戻って数年。
画家の故郷への愛が迸るような作品だ。
赤は画家の命そのものと思える。
昨年猛吹雪で道に迷い娘を抱き締め守りながら命絶えた
父子を画いた作品にもこの赤がある。
助かった小さな女の子の姿も炎のような赤で描かれている。
この赤とは何かを想起させる一文が、ふっと想い浮かんだ。

 ・・ここでは白は赤をへずして、いきなり青色となる。
 それはすでにこの地が人間が介在すべきでない空間で
 あることを意味しないか。

      (「南半球舟行-2008」早川禎治)

青・赤・白・黒の古代の4原色に象徴される赤とは生命の色である。
佐々木恒雄の勝負色とも言うべき赤色とは、正にこの生命の炎を
顕す色彩と思える。
流氷の押し寄せる故郷オホーツクの海で、画家として彼が掴んだ
色とはこの赤であり、他者への愛であったと感じさせる作品であ
ると私は思う。

*佐々木恒雄展「And Yet」-1月26日まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503 
[PR]

by kakiten | 2014-01-24 16:12 | Comments(0)
2014年 01月 22日

すれ違いー頬杖・睦月(9)

佐々木恒雄展初日、肝心の本人は番屋の新年会が札幌で
ある為夕方から出かける。
行き違いにK氏、N君、Mさんが来る。
個展初日にお酒持参でお祝いに来てくれたが本人不在で
、落胆の様子。
札幌時代の友人とも交際範囲が広いので、この後も人の
訪問は絶えないだろう。
会期中滞在制作が進行するかどうか微妙な様子である。

東京多摩美大の青山・石田・吉増・鈴木4人のトークシ
ョウの様子が伝わってくる。
鈴木余位さん送別会の気配も漂い、テンポラリー「怪物君」
展打ち上げのようでもあったという。
3月から1年間ニューヨーク、トルコへ海外留学する鈴木
余位さんへのはなむけのような後輩先輩友人達の想いが立
ち上げた会だからだろう。
映像作家石田尚志氏をサポートし、詩人吉増剛造氏をサポー
トし、映画監督青山真治氏をサポートする余位さんを後から
見ていた後輩達が今回は余位さんを後から盛り立てる。
そんな会だったようだ。
それにしても、今最前線で輝いている3人に伍して送られる
とは、出国前最高の送る会となったと思える。

佐々木さんは人が居ても構わず作品製作を始める。
何とか会期末までに作品完成がみられそうだ。
乞う、ご期待!

*佐々木恒雄展「And Yet」ー1月26日(日)まで。
 am11時ーpm7時。
*高臣大介ガラス展ー2月18日(火)~23日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
 
[PR]

by kakiten | 2014-01-22 12:47 | Comments(0)
2014年 01月 21日

佐々木恒雄展始まるー頬杖・睦月(8)

大小30点の作品を集めて展示が始まる、
札幌を引き払い故郷の網走へ戻って数年。
その生活と自然が作品に深く根を下ろしている。
圧巻は1階正面の大作「And Yet meet」と
題された作品である。
ふたりの男女が向き合っている「網走その愛」とでも題し
たいような激しく美しい作品である。
他にも小品ながら昨年冬の猛吹雪で子供を守りながら凍死
した父子を題材にした作品にもその愛を感じる。
網走の海で漁師をしながら生きている今への愛と自然が色濃く
全ての作品を貫いて溢れている。
強く真っ直ぐな北の海に生きる男の絵画だ。

会期中滞在製作を試みもう一点大作を描きあげる予定。
最終日の今週末に会場に如何なる作品がこの場で現れるか、
楽しみである。

*佐々木恒雄展「And Yet」-1月26日(日)まで。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
 
[PR]

by kakiten | 2014-01-21 16:25 | Comments(0)
2014年 01月 20日

剛沈・・・?頬杖・睦月(7)

久しぶりにパソコンに向かう。
疲れが溜まって自宅で沈没。
沈没というより<剛沈>とでも言おうか・・。
吉増さんより無事あの大草稿到着のfaxが届いて
いた。
併せて今年の師走展示予約の記載もある。

今日から網走・佐々木恒雄さんの個展展示。
しばらく休んだので、流し台の排水口が凍てつき
流れない水が氷の板となって流し台を覆っている。
予備のペットボトルの水を沸かし水道管を温める。
寒気で固まった廊内と心身を緩め、再起動に備える。
後2時間程で到着と、網走からこちらへ向かう佐々木
さんから電話ある。

*佐々木恒雄展「And YET」-1月21日(火)-26日(日)
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-01-20 11:32 | Comments(0)
2014年 01月 14日

氷点下は続くー頬杖・睦月(6)

急な寒さで体調悪く左の胸辺りが動くと痛む。
左手を上げると付け根から心臓の筋肉が痛む。
寝返りもままならない時がある。
じっとしている大丈夫だが、咳をすると痛む。
肋骨の近くの筋肉が縮んでいる。
なんとか筋が弱っているのだろうか・・。
最近は運動不足で、身体が固まっている。
このところの厳しい寒気も関係あるのかもしれない。
朝晩の自転車漕ぎ1時間もなくなっているから。

連休明けてやっと「怪物君」関係の梱包荷物7個
発送する。
吉増大草稿はこの後ロンドン行きである。
鈴木余位さんはこの後青山・石田・吉増さんたちと
留学前最後のトークショーに後輩達の後押しで参加
し、その後すぐタマ・フイルムに多磨美最後の作品
を出品するようだ。
札幌からY君、Hさんが見に行くという。

2日間休んだので廊内は凍り付いている。
今日も水道管の凍結を部屋を暖め通水を試みる。
小一時間後やっと水が出る。
身体も凍り付いて固いから、暖めなければならない。
これからはなるべく地下鉄通勤をやめ、歩く事にする。
まだまだこんな事で凹む訳にはいかぬ。
 And Yet!・・だ。

*佐々木恒雄展「And Yet」-1月21日(火)-26日(日)
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-01-14 12:54 | Comments(0)
2014年 01月 11日

水道凍結ー頬杖・睦月(5)

世間は成人の日をはさんで3連休に入る。
その前に疲れて1日休む。
寒波の日。
翌日出勤すると、水道が凍結している。
今年初めての水道管凍結。
石油ストーブに火を点けて部屋を暖める。
通水するまで暖めなければならない。

寒気に震えながらパソコンに向かう。
頭に何も浮かばない。
お湯が沸かせないので珈琲も飲めない。
毛布で膝を包み部屋の暖まるのを待つ。

生活体温が少し消えると、建物全体が一気に
冷え込む。
一日といえども留守するとこの寒気で家全体が
冷却されて水も空気も寒気に張り付く。
うかうかと休んでもいられない。

部屋が暖まりやっと水が出る。
しかし今度は排水溝が凍っているのか、水が流れない。
北の場末の木造一軒家は、寒気の季節苦労が絶えない。


*佐々木恒雄展「And Yet」-1月21(火)~26日(日)
*高臣大介展ー2月18(火)~23日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-01-11 13:55 | Comments(0)
2014年 01月 09日

搬出作業完了・出立ー頬杖・睦月(4)

鈴木余位さんが到着して、一日搬出作業。
専門的な映像機材が多いから、こちらは傍で見ている
だけ。
余位さんひとりで手際良く、実にきっちりと片付ける。
作業開始直前に最後のお客さんが来て、もう一度全映像
を観賞していった。
その為梱包開始は2時間ほど遅れたが、それから午後8時
頃までに片付け作業を終わらせた。
東京から着いて直ぐにお疲れと思い、その後居酒屋ゆかり
へ行く。
後から来たY君、Mさん、最後の観客となったHさんも
合流して、3月からニューヨーク・トルコへ一年間留学す
る余位さんの送別会と今回の展示の打ち上げを兼ねて飲む。
4年前目黒美術館で偶然お会いしてから、、石田尚志・吉増
剛造さんを媒介にして深まった友情が、今回の展示にも繋が
っている。
人の出会いとは不思議なものである。
映像作家として出発の忘れられないこの一年と思う。
3月以降はニューヨークからヨーロッパと世界にはばたく
訳で、そのスタートラインのひとつが今回の展示参加でも
あったのだ。
彼もまた何年か後には、「怪物君」となって映像の世界を
徘徊しているのかも知れない。
そうした期待を抱かせる逸材である。

5人で飲んだ一夜はそんなみんなの熱い想いを底に秘めながら、
さらさらと渓流のように時が流れた気持ちの良い良い時間だった。

そして今日。
昼過ぎに再び東京へ発つ時が来た。
握手して別れ際に、1年後に帰国したら初の個展をここでしたいと
余位さんが呟く様に言った。
その言葉が時間を置いて、今胸に沁みる。
出立のもうひとつの確認のようにそれは響いた。

余位さん、またあえる日を楽しみに札幌で待っているよ。



*佐々木恒雄展[And Yet」-1月21日ー26日
*高臣大介ガラス個展ー2月中旬予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-01-09 12:22 | Comments(0)