「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

凍る路面ー風曼陀羅・霜月(19)

急に凍った路面に気をつけながら少し遅れて画廊に着く。
先に入り口にたっている人がいた。
網走の佐々木恒雄さんだ。
1年ぶりかしら、久しぶりの訪問である。
今年の漁も明け、個展の打ち合わせに来たという。
年明け1月に2年ぶりの個展となる。
オホーツクの海で厳しい自然と向き合いながら感じた
何かを今回の個展に表現したいという。
海という圧倒的な自然の中、さらには国境の海で漁業と
いう生活行為を続けながら、彼は何を感じ何を絵画とし
て表わすのだろうか。
都市生活者に希薄な自然との直接対峙そして国境の海と
いう国家の対峙という日々の現場から、都市生活者が日
常見失っている現実を見せてくれるような気がする。
佐々木さんのように漁師を営みながら生活している人間
には、自然の脅威も国境の脅威も日常である。
都市生活者の自然や遠い国境の比ではない。
国家と自然はともに恐ろしいまでの敵として襲い掛かって
くる存在であるからだ。
3・11のような大災害に遭わなければ、本当の自然の
脅威からは遠い存在が都市生活者の日常なのだ。
我々は普段緩やかに飼育された自然の中で暮らしている。
真の自然と国家の境目を生きている訳ではない。

如何にエッジの感覚を保持出来得るか。
それぞれの生きる現場においてその感覚が澄んで冴えて
保てるか。
私は私の生きているこの場で、オホーツクの海とはまた
違うリアリテイを保ち得るか。
エルムゾーンの片隅で思うのである。
そんな思いから、佐々木さんには岡崎文吉の治水のヴィ
デオを見せた。
川の水と闘った治水学者の一生である。
オホーツクの海の水とはまた違うもう一つの水の生を
佐々木さんはどう感じただろうか。
何年か前共に歩いたエルムゾーンの記憶をたどりながら、
岡崎文吉の原点ともなった北大構内のエルムの大木の映像
に、大きく頷く佐々木さんがいた。
その時少しだけだが確実に彼がここを訪ねて来てくれた友
情を感じ、オホーツクと石狩の海がエッジとして触れてい
る気がしたのだ。


*吉田切羽写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-30 12:48 | Comments(0)
2013年 11月 28日

銀泥の世界ー風曼陀羅・霜月(18)

朝カーテンを開けると真っ白な世界。
一気に雪が来た。
もう自転車は乗れず、徒歩で雪泥の道を歩く。
気温が上がり、積雪が融けて銀泥の道。
画廊に着き今冬初めて入り口前の雪かきをする。
湿って重たい雪だ。

昨日東京・坪内逍遥大賞奨励賞授賞式から帰札した
山田航さんが顔を出す。
授賞式でのスピーチが好評だったという。
その内容が27日付け朝日新聞朝刊に載っている。
彼の回文が引用されて顔写真まで載ってなかなかない
掲載記事である。
無為に実家で過ごしていた変化の無い、海苔巻きのよう
な日々を揶揄した回文。

 おきまりのまいにちに いま のりまきを

そしてこのまままでは終われないと、辛い気持ちを言葉
にぶっけて生き抜き今があると歌った回文。

 せかいをくずしたいなら ないたしずくをいかせ

上から読んでも下から読んでも同じ文となるこの回文は、最初
は言葉遊びの暇つぶしのように思っていたが、この授賞式で
披露された回文には感心した。
<会場の拍手喝采を浴びた>という記事にうなづけるものがある。
スピーチ中緊張で本人は膝がガクガクしたという。
この時お祝いに頂いたシャンパンを山田さんが吉田切羽写真展に
お裾分けしてくれて、吉田氏も大喜びである。
吉田さんはもともと山田回文のフアンなのだ。

一時晴れた空がまた曇り、雪がちらついている。
本格的な冬が来る。
「札幌緑の運河エルムゾーンを守る会」の動きも本格化し来月上旬
には議会説明もある。
一方で地下歩行空間を中心とする札幌国際芸術祭の対極的な動きと
も重なって、大きなうねりが波打っている。
対極の文脈から札幌文化を考える点で、これも一種の回文状況なの
かも知れない。
  
 せかいをくずしたいなら
        ないたしずくをいかせ

*吉田切羽写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 te;/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-28 12:42 | Comments(0)
2013年 11月 27日

言葉の眼差しー風曼陀羅・霜月(17)

語りかける声の奥にその人の眼差しがあるように感じる
時がある。
昨日大きな手術を終えたばかりのRさんの電話の声にそれ
を感じた。
自らの困難を克服した後その力は暖かく他者を見詰め励ま
している。
お見舞いの言葉を発する筈のこちらが逆に励まされ勇気を
頂いている。
自分を超えて他者を見詰める眼差しがあるのだ。

人が保つそんな神のような眼差しの一瞬を今回の吉田切羽
写真展で見る事ができる。
他者へ向かって開かれた一瞬の笑顔のような視線。
その眼差しが今回の写真のすべてに共通するようにあるか
らだ。
そしてこの眼差しの奥にはこちらぬ向かって発せられる声が
ある。
微笑みの視線、眼差しの微笑。
人と人が見えない回路で繋がる視線の言葉がそこには在る。
人は色んな媒体を使って人と繋がるのだが、この眼差しと
微笑みの直接性に至る為にすべての媒体はあるのではない
だろうか。

Rさんの電話の声の奥の眼差しと吉田切羽さんの写真の眼差し
の奥の微笑みに不思議な共通性をどこか感じながら、昨日は
今村しずかさんのCD「この世界に」を聞いた。
初めて聞く吉田切羽氏がこの曲を口ずさみ喜んでいる。
吉田さんの写真の眼差しと今村さんの声の眼差しが共鳴してい
たのだ。
これもこの日の朝のRさんの声がもたらした微笑みの時間の
僥倖なのかも知れない。

*吉田切写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-27 15:30 | Comments(0)
2013年 11月 26日

強風去ってー風曼陀羅・霜月(16)

低気圧の一日が過ぎ、今朝は着物の柄のような路を走る。
黒い路面に枯葉の朽ちた色彩が鮮やかだ。
もう空よりも地に色がある。

定期検診の為H病院に行く。
血圧は正常だが腎臓は良くない。
通院後画廊に着くと電話が鳴る。
東京のRさんからで、玉のような声が響く。
入院と聞いて心配していたのだが、無事手術を終え元気
という。
声に張りがあり安心する。
逆にこちらの方を気遣ってくれて恐縮する。
大病を克服して甦った女神のような声だった。
このところ低空飛行のような気分が続いていたが、この
電話の声に随分励まされる。
春楡の精のような女性だ。
事実緑の運河エルムゾーンで生まれ育った女性である。
エルムはアイヌの神話で女性であり、創造の母でもある。
Rさんはその生まれ変わりかもしれない。
大きな病を克服した人に励まされて、こちらも元気を貰う。

次回展示の吉増展に向けて映像作家の鈴木余位さんより
来札予定の打診がある。
吉増さんの440葉の草稿を石田尚志さんとともにすべて
撮影しているので、そこからいかなる映像の小宇宙を創って
くるか楽しみである。

遠くから声が届いて新たな気力が沸く。


*吉田切羽写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
 
 
[PR]

by kakiten | 2013-11-26 14:11 | Comments(0)
2013年 11月 23日

秋の底ー風曼陀羅・霜月(15)

灰色の道に茶褐色の色彩が続いている。
卸売り市場から競馬場の道。
そして北大構内のエルムの森は天も地も朽ち葉色。
秋も最終章の底だなあ。
街の交差点には滑り止めの砂袋が設置されてきた。
何時雪が積もっても良い準備がなされている。

エルムゾーンを守る会の陳情書の市議会説明が12月に
延期されたと入院療養中の宇田川氏より連絡がある。
声帯を喪っても、心の声はお元気なようだ。
その志を受け止め、しっかりとこの運動を守り継続して
いかねばならぬ。

展示中の吉田切羽氏は急な仕事で横浜へ出張。
ふっと空いた作家留守の週末連休日、人気も無く静かな
曇天の一日が過ぎる。

*吉田切羽写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」ー12月10日(火)-1月5日(日)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-23 12:36 | Comments(0)
2013年 11月 22日

受賞続くー風曼陀羅・霜月(14)

昨夜Kさんからfaxが届く。
吉増剛造さんの文化功労賞受賞を報せる記事のコピー
である。
ちょうど来ていた山田航さんと一緒にそれを読んだ。
山田さんも明日朝東京へ坪内逍遥大賞奨励賞受賞式に
出席というから、おめでたい事が続く。
吉増さんは、先般旭日小綬賞も受賞されているから連続
受賞という事になる。
山田さんも先日現代歌人協会賞を受賞しているので、この
ふたり賞の性格こそ違えつづけさまの受賞ラッシュである。
素直におめでとうを伝えたい。

うっかり自宅の電話代が未納になっていて、電話が通じなか
った。
たまたま近くから電話したMさんが心配して自宅に寄ってくれ
分かる。
電話や電気水道と公共と名の付くインフラは、即中断という
およそ本来の公共とは正反対の公強権力である。

吉増さんから販売用の著作本が種々届く。
次回展示の費用の足しにとのお心遣いである。
「石狩シーツ」の収録された詩集「花火の家の入り口で」
エッセイ集「静かな場所」
詳細な自伝の入った「木浦通信」
映画を中心に書かれた「燃え上がる映画小屋」
の4冊である。
どれも吉増さんの記念碑的な著作本で、希少である。
添えられた朱筆のお手紙とともに、そっと会場の片隅に置いて
販売する事にする。
仏訳本「石狩シーツ」は、近々特別販売分として届くという。
こちらは出版社へ正規の金額を払うようにとのご指示だ。
色々と窮状を察しお心遣いを頂き感謝である。


*吉田切羽写真展「on the road「-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-22 13:13 | Comments(0)
2013年 11月 21日

澱まない眼ー風曼陀羅・霜月(13)

すべてが下降するような晩秋に、軽やかに旅する屈託の無い
目線の写真が百枚ほど並ぶ。
吉田切羽写真展「on the road」である。
東南アジアの飾らない庶民の姿・風景が、旅人の歩行のよう
な流れるような目線で捉えられている。
車窓から見た澱みない風景のように、遠い南方の風物が空間
にさらさらと波打って流れている。
人柄だろうなあ、この写真の保つリズムのような軽やかさは。
いろんな場所を歩くのが好きな人だ、と聞く。
深刻になにかに拘るのではなく、さらさらとあるがまま全体像
を把握する、そんな天性の正直さを保つ作家である。
多分このテンポラリースペースを選んだ動機にも、歩きながら
ふっとステーシヨンに立ち寄るように、留まってみたかったに
違いない。
吹き抜けの見上げるような深呼吸する時間を、歩きながらふっと
欲する時もあるからなのだ。
思いもかけず個展という形で今回の写真展が実現して、本人自身
が一番驚いているのかも知れない。
常に歩く歩行の人が一瞬立ち止まり、時間の質がこれを機に少し
変わっていくのかもしれないからだ。
そんな予感がする個展である。
したがって、会期中に作品の構成はさらに変化しつつ歩行の様態
すべてを自ら検証する展示ともきっとなることだろう。
最終日が今回の個展の完成ときっとなる事だろう。
会期中もまだ、この作家の歩行は続くに違いないからだ。

骨折リハビリー中の酒井博史さんが来る。
やっと吉増剛造展フライヤーの打ち合わせが出来る。
昨日の予定だったが、酒井さんの膝の痛み激しく延期になっていた。
とりあえず打ち合わせが出来ほっとする。



*吉田切羽写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-21 12:45 | Comments(0)
2013年 11月 19日

風立ち、光たちぬー風曼陀羅・霜月(12)

吉田切羽写真展始まる。
南方の風が吹く。
東南アジアの庶民の笑顔が弾けている。
画廊の外は空よりも地を覆っている黄葉が多い世界だが、
廊内は南の褐色の風が吹いているようだ。

吉増さんよりファックス来信。
次回展示の為の新たな提案がある。
窮状を察してか、種々の販売促進策を提示して頂く。
その中でひとつ大きな朗報がある。
「石狩シーツ」CD付仏訳本が上梓されたという。
この本をここでのみ特別販売しようというご提案である。
1994年に創られた長編詩「石狩シーツ」の仏訳が、20年
の歳月を経て今再び流星のようにここへ戻って来る。
素晴らしいなあ。
さらに今回新たに進行中の大草稿石田尚志・鈴木余位氏撮影の
映像作品をDVDにして特別販売しようという提案である。
どちらも来月に迫った会期中に間に合うかどうかは疑問だが、
20年の時を経て何かがまた新たな展開を見せて、泉のように
湧き上がってきている事は紛れも無い事実である。

吉田さんの南風吹くような写真の数々と吉増さんの光立つような
新たな展開と身辺が寒気とは逆に熱く蠢いている。

*吉田切羽写真展「on the road」-12月1日(日)まで。
 am11時ーpm7時;月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-19 13:48 | Comments(0)
2013年 11月 17日

現場と産地ー風曼陀羅・霜月(11)

野帳という現場の検査資料が破棄され改ざんされたと、報道が
伝えている。
JR北海道のさらなる安全検査偽装である。
高級食材のメニュー偽装と同じ構造の偽装の連鎖である。
ここに共通しているのは、産地不在と現場無視のある権威への
すり合わせである。
それはブランドという権威と安全基準という権威の線引きを得る
為の産地と現場の無視・不在に繋がる。
産地不在と現場無視の意識構造がもし社会的に広がっているなら
、それは高級レストランやJRだけの問題で済む話ではない。
社会的文化的状況の中で問われなければならない本質の問題でも
あるはずだ。
それぞれの表現者・生活者にとって、その現場とは何か。
そこから表現の、生きる事の磁場・産地は形成され得るのか。
そう問わなければならない。
少なくとも私は私の関わる小さな空間において、表現の、生きて
ゆく事の、現場であり産地であり続けたいと願う。

真にラデイカルな精神とは何か。
それは現場であり続け産地足らんとする精神の在り処そのものでは
ないのか。

作品の炎が火花を散らし、新たな可能性の光を生むような、そんな
白熱する空間の可能性を信じて、初冬の寒気の中で現場の火を燃や
していくのだ。
緑の運河エルムゾーンの小さな現場で、そう思う。


*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)
 -12月1日(火)am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-17 12:59 | Comments(0)
2013年 11月 16日

薄氷・光ー風曼陀羅・霜月(10)

隕石の塊りのような吉増剛造さんの大草稿到着と同時に吉増さん
ご本人からも故若林奮氏のドローイングが送られて来る。
こちらは私の窮状を察しての差し入れである。
購入希望者に売却せよとの、ご好意なのだ。
添えられた和紙に書かれた達筆な一文が目に沁みた。

同じ日Kさんからも封書のお手紙が届く。
こちらは、最近の札幌の文化状況への感想と今までのご自分
の仕事の思いを淡々と書き綴り私へのエールに満ちた手紙だ
った。結語に記された<、・・さんと私とは別人ですが、同じなの
です。>という一文には、ぐっときた。
この二つの封書のお手紙はしばらく私の心の支えとなる宝物
になるだろう。

空気が薄氷を張ったように冷たい日が続く。
今日は晴れて晩秋から初冬へと季節は降っている。
枯葉の数も増して裸枝が見えてきた。
時折り零れる梢の間からの日差しにこの手紙のような温もりを
感じる。
気合を入れてこの年末を走り抜けて往かねばならぬ。

*吉田切羽写真展「on the road」-11月19日(火)
 -12月1日(日)am11時ーpm7時:月曜定休。
*吉増剛造展「ノート君~神窓へ」-12月10日ー1月5日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-11-16 13:56 | Comments(0)