「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 31日

有機的な固化ー睦月(15)

「流氷と黒曜石」という言葉を対のように思い浮かべていたら、
現実には「凍結とギブス」という言葉が浮かんだ。
同じように固まっても開くものと閉じるものの違いがある。
開かれる思念と閉塞する日常。
この両者のせめぎ合いが、人生だ。
先日写真家の藤倉翼さんが、撮影した吉増剛造展の写真データを
届けてくれる。
接写した捲れるような銅板の、波打つ表面が美しい。
一昨年夏石狩河口を一緒に歩いた経験が、どこかでこの吉増剛造
「石狩河口/座ル ふたたび」展のトニカと響き合っている。
写真の視点・切り口の角度を見ていると、そんな気がする。
河口というのは、不思議な界(さかい)の空間である。
ふたつの世界の挾間(はざま)なのだ。
そこで接する異なったふたつの世界は、固定化する事なく開いて共存
する。ギブスや水道管凍結の日常とは違う。
藤倉さんの視点は、一昨年多分何気なく撮った一枚の河口の写真から
ある転位を見せている。
それは界(さかい)を写し撮る視座と思えるものだ。
ある10代後半の若い女性を連続して撮り続けている仕事にもそれが
表れている。
高校生から女子大生へ、そして札幌から東京へ。
そんな年齢と環境の変化を同じひとりの女性を撮り続けて、その変化を
見詰める目線は、人間の精神の界(さかい)を写し取っている事でもある。
その変化の界(さかい)は、固化することはなく魅力的である。

昨日やっと最初のギブスが外された。
新たにもう少し軽い指の自由なギブスになる。
手首の骨が大分固定してきたという。
2週間後に再検査がある。
こちらの固定は手首の連携を繋ぐ固定である。
手首のグリップの柔軟さが如何に指先・手先の自由を確保しているか、
有機的な身体の相互関係性は実に精妙である。
腕と手首と指、そして右手と左手。さらには右半身・左半身。
これらはみな相互に関係し合い、分別・分断されない。
界(さかい)という挾間が開かれ、関節として連係し合っているからだ。
手首ひとつもまた、偉大なる界(さかい)の世界を保っている。
有機的な身体の固化は、ギブスの固定化とは違う開かれた固化である。
それは骨が保つ、美しい柔軟性というものだ。

*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展「野傍の泉(ヌプサムメム)」ー2月14日(火)
 ー19日(日)am11時ーpm7時。
*同上清華亭外庭展ー2月13日(月)-26日(日)am9時ーpm4時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-31 14:38 | Comments(0)
2012年 01月 29日

凍結の日々ー睦月(14)

相変わらず朝の水道凍結が続く。
少し知恵が付いて、前日電気ポットに水を入れておく事にした。
翌朝それを沸かしてポットのお湯を蛇口と水道管に注ぐのである。
これで大分解凍の時間が短縮された。
灯油ストーブで部屋の温度が上がるのを待つよりは、早い。
このところ病院行き等で休む日が続き、気温の低い日も続く。
一日空けると無人の建物は一層冷え込む。
水道管凍結、左手首ギブス。
なにやら建物も体も固まってばかりである。

九州の阿部守さんより電話が来る。
来月初旬来札予定。
フライヤーの出来を楽しみにしている様子だ。
そして清華亭展示前後にオホーツクの流氷を見に行きたいという。
網走の佐々木恒雄さんを紹介した。
流氷だけではなく、佐々木さんの人と作品も阿部さんには見て欲しい
と思ったからだ。
網走の漁師画家佐々木恒雄の九州への足がかりとなると思える。
北の端から南の端へ彼の作品なら充分通用する力がある。
また逆に遠く離れた場所でこそ、その価値が見えるものもある。
さらに出来るならオホーツクの青い海の流氷は、ガラス作家の高臣さん
にも見て欲しいと思う。
流氷は自然の透明な結晶である。
溶岩の力が生んだ黒曜石の透明さに感動した高臣さんなら、流氷の
水の結晶が生む透明感にも感動がある筈と思うからだ。
鉄とガラスのふたりの作家が、期せずして水と火の力によって自然が
創った透明なふたつの固体に出会うとすれば、それはとても良い体験
となるに違いない。
鉄もガラスも火と水の力によって、最終的に固まって作品となる。
その原点のような経験を、黒曜石と流氷は見せてくれるに違いない。
泉は地中から透明な水を湧き出し、溶岩は地中から透明な黒曜石を
造りだす。
それらは冷えて固まると、透明な氷と石になる。
凍結もまたここでは自然の美である。
火も水も鉄の作家とガラスの作家にとっては、大きな自然の匠の力である。
それは今回のヌプサムメム(野傍の泉池)=清華亭庭一帯を表意するアイヌ
語地名を主題とするふたり展の基底に繋がるラデイカルな旅となると思える。

*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展「野傍の泉池(ヌプサムメム)」
 -2月14日(火)-19日(日)AM11時ーPM7時
*同上清華亭外庭展ー2月13日(月)-26日(日)
 am9時ーpm4時

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-29 13:41 | Comments(0)
2012年 01月 27日

ワインを持ってー睦月(13)

岩見沢教育大2年の瀬戸くんがワインを一本持って来た。
豪雪の続く岩見沢。そこで暇を持て余した訳でもないだろうが、休講で
札幌に出て来たという。
何も言わなかったが、私の手首骨折のお見舞いだったのかも知れない。
昨日書いたブログの阿部守×高臣大介展の案内状の話をすると、瀬戸
くんの目が輝いてムラギシさんの個展のタイトルを口にした。
「木は水を運んでいる」ですね、と言う。
瀬戸くんがここに来るようになったのは、このムラギシの追悼集を高校
時代に釧路で読んだ事が切っ掛けだった。
そうか、ここでもムラギシが出てきたなあ、と思った。
1996年の阿部守展と高臣大介展のちょうど間に位置して、しかもその時
のムラギシ展のタイトルが今度の湧泉とエルムの木を主題とするふたり展
と交響する事にあらためて気付かされたのだ。
その後瀬戸くんの持って来たワインを開けて、そっと棚に飾ってあるムラギ
シの遺影にもふたりでワインを捧げたのだ。
山田航さんや有山睦さんもそうだが、瀬戸くんも生前のムラギシに会って
はいない。
彼らはみな死後出版された遺作集を通してムラギシに親愛の情を抱き、
この場と繋がったのだ。
ある意味では彼らの方が生前の知遇より、より純粋に深い処でムラギシと繋が
っているのかも知れない。
村岸宏昭の「木は水を運んでいる」という最後の個展が、清華亭を会場とする
緑の運河エルムゾーンの泉と森の記憶を主題とした阿部守×高臣大介展の
トニカのように背後に流れているような気がしてならないのだった。
そう気付かせてくれたこの日の若い友人の瀬戸くんの訪問に感謝するのだ。

今朝ファックスが吉増剛造さんより届く。
某大新聞社の依頼で石狩河口に一日滞在が決まったと言う。
そこで新たな詩の創作を試みるという。
先月の吉増剛造「石狩河口/座ル ふたたび」展では、実現出来なかった石狩
河口行きが、こうして本当に17年ぶりに実現する事となった。
昨年暮に発火したこの火種は、今も確実に燃えさかっている。
さらに北海道立近代美術館からの告知が届き、友人の花田和治さんの個展が
来月から始るという。
佐佐木方斎さんとともに、ここテンポラリーの再建期を支えてくれた友人である。
早速お祝いの電話をする。
最近は体調を壊し会う事が少なかったが、こうして優れた作家の今までの仕事
が公的に再発見される事はとても嬉しい事だ。
そしてちょうど私が骨折した翌日で見落としていた新聞記事を、有山睦さんが先日
持参してくれた。その記事はベルリン在住の谷口顕一郎さんが、世界の若手美術
家百人のひとりにドイツの美術雑誌で選ばれたという内容だった。
今年に入って種々落ち込むような事も多かったが、こうして新旧の友人たちの
活躍と友情が大いなる励ましとなって今の自分を支えてくれる。
このところの連日の水道凍結・怪我の片手不自由などに落ち込んではいられない。

*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展ー2月14日(火)-19日(日)
 am11時ーpm7時
*同上清華亭外庭展「野傍の泉」-2月13日(月)ー26日(日)予定。
 am9時ーpm4時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503 
[PR]

by kakiten | 2012-01-27 12:47 | Comments(0)
2012年 01月 26日

活字の窪みと地形ー睦月(12)

活字印刷の酒井博史さんと次回阿部守×高臣大介展の案内状の
打ち合わせをする。
色々な発想が浮かび楽しかった。
清華亭の建つ場所の地形を表すアイヌ語地名、野傍の泉池をアイヌ
語表記カタカナと日本語訳表記をふたりに書いてもらい、その真中に泉
あるいは水のてん刻文字を配する。
このてん刻は酒井さんが彫り込み、左右の文章と一体で少し離れて
見ると、水という字にも見える趣向である。
さらにその中央横一文字にアルファベットでアイヌ語の表記が浮き文字
で印刷される。
そんな文字だけで構成された案内状の案である。
今回の見えない泉と森を主題とするふたり展に相応しいフライヤーと思える。
活字印刷そのものが、紙に凹みを印字し創られるものだから、泉の美しい
窪みを再生するコンセプトに正に合致しているのだ。
凸版印刷の様々な技法を駆使して、気持ちの良いフライヤーが出来上がる
と思う。話している内に職人酒井博史の魂に火が点いたのか、目がキラキラ
と輝いてきた。
この酒井さんのお店の4代にわたる苦労話が、今発売中のKAIという雑誌に
酒井さんの母上の話として特集されている。
活字印刷の最盛期から衰退期、そして6年前に死んだムラギシさんの最後と
なった個展のDMは活字印刷で案内状を作り、その依頼が現在の活字の魅力
再発見の切っ掛けになった事などが記されている。
当時大学4年生だったムラギシヒロアキさんの若い優れた感性が、埋もれか
けていた活字の印刷技術を甦らせたのである。
ムラギシの最後の個展は同時に、ここテンポラリースペースの再生の大事な
第一歩でもあったのだから、酒井ームラギシーテンポラリーは不思議な縁で
深く結ばれていた気持がしている。
因みにムラギシ展の一回前は高臣大介展であり、さらにその一回後は阿部守
展であったのだ。1996年の7月のムラギシ展の前後5月と9月の事である。
このふたりのフライヤーの作成の熱い語らいから、もう阿部守×高臣大介展は
始っている。
きっと、前回の吉増剛造展DMの出来上がりに負けぬ美しい案内状が出来上が
るに相違ない。
乞う、ご期待である。

*阿部守(鉄)×高見大介(ガラス)展-2月14日(火)-19日(日)
*阿部守×高臣大介展「野傍の泉」清華亭外庭ー2月13日ー26日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-26 15:06 | Comments(2)
2012年 01月 24日

湧き水ー睦月(11)

水が湧く場所を主題に、ガラスと鉄の作家がタイトルも含めて
頭を抱えているようである。
水が湧くという事は単純なようで、人間にはおいそれとは実現できない
自然の凄業である。
例えばある瞬間インスピレーシヨンが浮かぶ。
この脳中の一瞬の霊感のように、湧き水もまたあると思える。
さまざまな多くの思考の蓄積の中で、ある一点に湧き上がるものがある。
それが霊感だとすれば、そんな風に地中から一点湧きあがってくるもの
が、湧泉の場所と思える。
これは人間には成し得ない自然の妙なる場処と思える。
その妙なる場から生まれた清らかな水を命の糧として生命の源は形成
されるのだ。
そんな稀有な美しい場所の源を断つようにして我々の社会環境は時に
成立構成されている。
人間だけの生命をこの泉池は育てている訳ではない。
植物も他の多くの生物もこの湧き水によって支えられている。
メムとアイヌ語で呼ばれたこの泉池の連なりに、エルムの森が繁り札幌の
大地が広がっていた。
しかしこのゾーンはその水源を断たれ、今は暗い窪地のように忘れ去られた
裏通りとして存在している。
透明なガラスと土のように暖かな鉄の造形作家ふたりが、その泉を鎮魂し
祈りをこめて脳中の湧き水のように、霊感を高めて作品を創る。
ふたりの作品自体が見えない湧き水そのもののように、あるリアリテイーを保つ
事が出来得たならば、会場の清華亭外庭は一瞬にせよ本来のこの場に沈んだ
夢を再生する事ができるだろう。
そして湧く水はかってそうであったようにそこに止まる事無く流れて岸辺を作り、
もうひとつの会場のテンポラリースペースの見えない岸辺にも触れて流れて行く
のだ。
人間が決して為し得ない湧き水への敬虔な想いを、人間が為し得る霊感の
創造的仕事において、かって在ったであろう湧泉と森の記憶に捧げたく思う
のである。
九州の阿部守さん、洞爺の高臣大介さん。
ふたりのエンジンが次第に高まりつつある便りが今朝来る。


*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展ー2月上旬~。
 場所:清華亭外庭×テンポラリースペース。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-24 13:53 | Comments(0)
2012年 01月 22日

身体の範囲でー睦月(10)

身体に損傷があると、世界は身体の範囲に密着する。
非常に身体的な日常に世界は縛られる。
たった一本の手首にも世界は重い。
来月から始る鉄の作家阿部守×ガラス作家高臣大介展への清華亭庭
での展示、そしてここでのふたり展への深い回路が途絶えていた。

南西部の山稜地帯から伏流水となり湧き上がったメム(泉池)。
そのメムの森・植物園と伊藤邸と清華亭。
その緑の運河エルムゾーンの再生と鎮魂をテーマに雪の庭とここの
空間にふたりの造形が形象されるのだ。
清華亭の周りの喪われた泉。そしてそのメム(泉池)に添うように今も立つ
エルムの巨樹。
雪に覆われた近代の洋館と森と泉の記憶の庭に透明なガラスと土を思わせる
鉄の造形が札幌の正統な近代風土をリパブリックする。
それは自然の地形とトニカ(基奏低音)を共有していた時代への現在への奪取の
試みでもあるのだ。
喪失したものを懐古するのではない。
喪失したものを賛美するものでもない。
天に地に直線化し巨大化する都市へのアンチテーゼとして、有機的な
生命のトニカを一本の巨樹と泉の記憶に添って形象化する試みなのだ。
高層ビル群と物流の直線路の挾間に窪地のように存する清華亭と偕楽園跡地。
そこは本来豊かな泉池と森と川の地であり、同時に北東への石狩の海へと繋が
る宝石のように結晶するゾーンであった。
そこに明治の初期美しい洋館が建てられ、ある時期そこは花屋敷と呼ばれたという。
湧く水の傍には鮭が押し寄せ、鮭の孵化場ともなっていた。
その美しい窪みは今は涸れ果て、洋館と一本のエルムの巨樹のみが遺されて
いるだけだ。
周囲に立ち並ぶ高層ビル群が泉池の源を断ち、さらには高速鉄道の高架線が
風景を東西に断ち切って、さらに直線的にその窪みを狭めているのである。
自然な美しい窪みは、そこではもうただの暗い凹み、陰気な裏通りでしかない。
かってその美しい窪みに湧く湧き水を信仰して建立されたと思われる井頭龍神の祠も、
ただの小さな小汚い小屋にしか見えなく存在している。
そしてこの清華亭・偕楽園跡地に隣接する伊藤邸1万4千㎡には昨年来高層ビル化の
話が進んでいる。
さらに植物園ー北大構内と繋がる札幌緑の運河エルムゾーンは断ち切られる
危機にあるのである。
僅かふたりの鉄とガラスの作家作品が、何かをなし得るとは思えないが、
僅かでもあれその原理原則は、こうした直線化する都市の物流的暴力に
対峙し、生命の有機的な魂を表現として対置したく思うのである。
その緑の運河の流れの中にもうひとつのこの場所もまた位置して、清華亭一ヶ所に
閉じる事無く声を呼応していきたく思うのだ。

たった一本だけ残った
あの遠い森と泉の手首のような
エルムの巨樹へのエールの為にも。



*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展ー2月初旬~。
 清華亭×テンポラリースペース

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503 
[PR]

by kakiten | 2012-01-22 13:02 | Comments(0)
2012年 01月 21日

何とも・・-睦月(9)

右腕一本の不自由な日が続く。
自宅から出て地下鉄に乗り、テンポラリーへ辿り着く。
相変わらず水は凍結して、出水に時間が懸かる。
さらにシャッターも引っかかって片手では上がらない。
裏の入口から入る。
メールとかをチェックしパソコンに向かう。
来週からまた寒波到来という。
雪かきとかいう非常に日常的な事が、思いやられて憂鬱になる。
手首ひとつの日常よ。
パソコンも片手打ちである。
ハミガキブログも本当のハミガキ同様苦労する。
片手落ちとはこの事である。

*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展ー2月初旬

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-21 14:05 | Comments(0)
2012年 01月 19日

寒気緩むー睦月(8)

骨安定との事。今日の診察。
さすが仕事人の名医だ。
緩んだギブスの包帯を巻き直して、まだしばらくは左手の固定が続く。
昨日ガラス作家の高臣大介さんから電話が来る。
近くまで来ているので会おうという。
清華亭庭とテンポラリースペースの展示の打ち合わせである。
近くの喫茶店で待ち合わせタイトル・会期・主題等の話し合いを重ねた。
九州の阿部守さんからもちょうど電話が入り、三者会話を続けた。
阿部さんも大学入学試験が終わり、一段落したという。
そこへ仕事を終えた高臣さんの彼女が来た。
聞くと看護士さんという。
そして何気なく病院名を聞いて吃驚した。
なんと私が今通っている病院ではないか。
例の主治医のロシアの女スパイのような鋭い動きの先生の話をすると、
けらけら笑って大いに受けたのだ。
やはりやり手で有名な人らしい。
縁とは不思議なものである。

この日はこの後Mさんも合流して、4人でその後は四方山話をした。
水を主題とする湧泉の地をいかに鉄とガラスの作家が、そのエッセンスを
形象して行くか。
もうしばらく熟成の時が必要である。

*阿部守(鉄)×高臣大介(ガラス)展ー2月初旬~。
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-19 12:26 | Comments(0)
2012年 01月 17日

左手首骨折ー睦月(7)

先週木曜日M展見ての帰りの夜滑って左手を突く。
夜半に手が腫れてきた。
翌日整形外科に行くと、左手首の骨がめり込んで破損しているという、
この骨を引っ張り元に戻して固定しないと、手首の回転が不自由になる。
007のロシアの女スパイのような機敏そうで鋭い感じの女医さんだった。
そして処置はその感じの通り、鋭い荒業でベットの上で左手首を引っ張り
あげギブスで固定した。
それから左手を三角巾で吊り、しばらく安静にしていた。
それにしても片手の日常は不自由である。
普段脇役の左手が、いかに利き腕をサポートしているかがよく分かる。
そして両手の自由を前提にして社会的インフラツールは構成されている。
例えばハミガキのチューブひとつとっても、歯ブラシとのバランスは左右の
手で一連の動作が成立する。
右手の歯ブラシは肘でチューブを押さなければ練りハミガキも付かないのだ。
顔を洗うのも、石鹸の泡を立てるのも、両手が作動してできるのだ。
ギブスが取り外される日まで、こんな些細な事に苦労しながら一日が続く。
そんな中の日曜日、網走の佐々木恒雄さん来札して画廊で会う。
今年の展示は休み、来年まで作品を溜めるという。
尾道の船大工・彫刻家野上裕之さんも今年は奥さんの出産で個展は見送り、
網走の漁師・画家佐々木恒雄さんは充電で見送り、と少し寂しい新年である。
吉増さんの17年振りの<ふたたび>展で昨年末は暮れて、何か気が抜けた
気のする新年である。
そんな気の緩みが手首骨折になったのかも知れない。
先週までの鋭い寒気も大分体を固くしていたのだろう。
今日も水道が凍結して、まだ水が回復していない。
2月の鉄とガラスのふたり展まで、気力を回復していかねばならぬ。
清華亭庭のエルムの巨樹に会いに行かねばならぬ。

*阿部守×高臣大介展ー2月初旬~

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax-11-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-17 13:15 | Comments(0)
2012年 01月 12日

さらに冷え込むー睦月(6)

今日も水道管が凍結。
昨夜水を落として帰ったが、蛇口が回らない。
暖房を点けてしばらくしてようやく出水する。
空は晴れている。放射冷却状態か。
灯油ストーブの上の鍋の水は凍結したままである。
こうも寒気が鋭いと、部屋にいては動きが鈍る。
書類を出しては、身を震わせて集中できない。
そんな中、遠くの友人たちから便りがある。
名古屋のKさん、東京・下谷の福島泰樹氏、日本文学館の吉原洋一氏。
その瞬間ふっと心が暖まる。
北の寒気鋭い斜め通りを零下10度の風が通り抜け、白い光が射し込む。
何も無い空間に光だけ。
それは今しか見られない美しさである。
光が主役の世界だ。
窓の氷柱が伸びて、外光を溜めて結晶している。
こんな日は、外に出て歩き周ったほうが良い。


*阿部守×高臣大介展ー2月初旬。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2012-01-12 14:34 | Comments(0)