テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 14日

死、伏篭ー夏の旗(8)

女房が死んだ。晩年は疎遠であった。10日の夜死んだ。死体と知らず傍にいた。
おかしいと気付き救急車を呼んだ。すでに死んでいた。推定時刻午後10時頃。私
がその場に来たのは午後11時過ぎ。それから1時間も話し掛けたりしていた。検
死で警察がきた。色々聞かれた。明け方までかかった。死因は虚心性心因疾患。
糖尿病が長かった。克明に記された食事のカロリー計算の日記があった。7日迄
で切れていた。8、9日は日付だけ。痩せていた。冷蔵庫の製氷室が空いたままだ
った。喉が乾き氷ばかりを食べたのだろうか。嵐のように親戚、兄弟東京にいる子
供と集まり葬儀が進んだ。東京に嫁いだ娘が遺品を整理して一通の手紙を見つ
けた。現金が入っていた。宛名は息子宛だった。リストラ後遠くで働いていた。葬
儀にも来れなかった。日記の裏には切り抜きがいくつも挟んであった。旅行の案
内のそれだった。貧しい食事、旅の夢、どれもがすぐ叶えられる金額のお金があ
った。でもそれには手をつけてはいなかった。母としての子への思いの方が勝っ
ていた。私は打ちのめされた。人が人を思う。他者を自己犠牲にしてでも思う事。
そんな女性の保つ母性という心の高さに打ちのめされた。男は惨めだった。何も
してやれなかった。特に晩年はバラバラだった。俺は俺の夢に生きていた。それ
を誇りに闘っている積りだった。でもたった一人に人間に対して何もしていなかっ
た。自分の事で精一杯だった。今一人の人間の死を前にして立ちすくむ自分が
いる。自分が自分らしくなってきたと思う今が、自らの来し方によって照射される。
過去によって今が研磨される。質が問われる。今はそれに耐えねばならない。
焼き場は石狩の海に近い新しく出来た場所だった。葬儀場は菩提寺の紹介で
東の青柳ホールという所だった。着いて驚いた。伏古公園の傍だった。葬儀の
バスを降りて風が違った。伏篭川の上に続く遊歩道の公園の傍なのだ。焼き場
へ向かう告別式の朝、葬儀のバスは見えない川に沿って進んだ。丘珠の手前で
川が顕われた。何も話した事がなかったけれどそっと死者の魂は伏篭川に寄り
添ってるように感じた。最後に死んで寄り添ってくれた。そう、想う。ありがとう。
[PR]

by kakiten | 2007-06-14 11:31 | Comments(2)
Commented at 2007-06-14 13:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-06-14 14:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 弔旗、伏篭川ー夏の旗(9)      ヤシンカー感謝の森ー夏の旗(7) >>