テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 27日

生活の根ー栃木・足利の旅(1)

吉増剛造展最終日前日茨木空港に着く。
翌クリスマスイブの日曜日「札幌の古・水・道(フシコ・ワッカ・ル)」
と題されたトークセッション出席の為だ。
南那須大桶在住の鈴木余位さんが空港まで迎えに来てくれた。
そして2時間かけて足利市立美術館へ。
途中の風景が大きな心の根を感じさせる。
初めての北関東。
山並み・大地・風・光が新鮮だ。
小さな町・村の天地に根付いた家並みに心惹かれる。
この第一歩から何度も往復したこの東北道沿いの経験が、私には
大きな心の肥やしとなって、足利・吉増展のトークに深い磁場を
与えてくれた気がする。
東北・北関東を回路とする、東京・近代への道。
少し時間をかけて綴りたい。

*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日:am11時ーpm7時
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

by kakiten | 2017-12-27 14:59 | Comments(0)


<< 垣根のような山並みー栃木・足利...      高野圭吾詞画展終わるー最前列に... >>