テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 20日

高野圭吾詞画展終わるー最前列にして最後尾(41)

最終日は高野圭吾の命日だった。
竹本秀樹さんのパリ滞在中の数多くの小さな写真が、
高野圭吾のシャンソン訳詞とジャケット絵画の間に
跳ぶように浮かんで、2005年2月新橋・高野圭吾
最後の独唱会録音の歌声が流れた。
メロディーはシャンソンだが、唄われる詞は、彼の
生まれた北の街の空気が息づいている。
冬・短い春が立ち上がっている。
身も心も・・・。
身で感じる体温が、言葉の詞の中から立ち上がっている。
高野の描いた油彩画水中のオフエリアの姿が、春を待つ
冬の女神に見え、死の予感には見えない。
高野圭吾には冬の年のトニカが似合う。
札幌のシャンソン・・・。
その精神が垣間見えた。
日本の近代は、こんなところにも独自に根を下ろし
根を張ろうとしていたのだ。
まだ浅い苗木のように・・・だ。

短い会期だったが、高野圭吾の命日に合わせ果敢に
この展示を実行した峰艶二郎さんさんの実行力に
敬意を表したい。
私は今まで未知だったシャンソンという日本の近代
とともにひっそりと根付こうとしていた先人の札幌
人の存在を知った。
心より感謝している。

*岡田綾子展「metamorphosis-あいだの部屋」
 1月2日ー7日
*高臣大介ガラス展「紡ぎあう」-1月30日ー12日

  テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-12-20 14:22 | Comments(0)


<< 生活の根ー栃木・足利の旅(1)      高野圭吾詞画展始まるー最前列に... >>