テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 30日

身の丈(たけ)ー最前列にして最後尾(36)

このブログランキング欄に古い文章が揚がっていた。
ふっと読み返してみる。
2006年10月石田喜彦さんの死の時のものだった。
その年8月の村岸宏明さんの死とともに綴られている。
この場所を繋いだふたりの友人の死。
思い出すままに前後の日付のブログも読んでみる。
村岸さんのお母様が初めて尋ねて来た日の様子。
そして帰る時の笑顔。
そのお母様もまた故人である。
時が経ち閉じて終った魂たちが開いている。
私自身の心も開いてくる。
忘れかけていた記憶が語り掛ける。
石田さんのお嬢さんが初めて訪ねて来てくれた日。
たまたま置いてあった古舘賢治さんのCDを目にして、
同じ学校の同級生と知る。
故人を通して、人が再び繋がっていた。
村岸君と石田さんのここでの接点は音楽
石田さん最後の深夜の電話は、村岸君の演奏の話だった
と後に友人から聞いた。
翻訳家だった石田さんの青春の記憶は音楽だ。
その青春が20代の村岸君へ想いから火が点いたのだ。
閉じた蕾が開くように、蕾もまた固く閉じる時もある。
死もまたそうした自然の理なのだ。

古い11年前の日記を読み返し、寒気廊で凍える心も
ふっと暖かく感じられる。

*岡田綾子展ー1月2日ー7日
*高臣大介ガラス展ー1月30日ー2月中旬。

テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
tel/fax011-737-5503

[PR]

by kakiten | 2017-11-30 16:18 | Comments(0)


<< 凍結乾燥ー最前列にして最後尾(37)      稲穂・ケン・鼠ー最前列にして最... >>