テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 22日

色気ある人ー最前列にして最後尾(22)

菅沼緑展もあと一週間を残すだけとなる。
板で張られた様々な立体形に単色の強い色彩。
この単純明快さは、以前の工芸的とも思える
木の彫刻形態とは違う。
変わらないのは、ある種のユーモア感溢れる形象だ。
そこにあるユーモア感・色気のようなものは、変わらない。
そう書いて、あっこの人はニヒルだが、強い色気の
ある人だなあと思う。
その色気が柔軟な形象・色彩として、シンプルに
溢れている。
大学時代に色彩のある彫刻をしていた、と聞いた。
しかし彫刻の先生から、木彫の指導を受け褒められ
それに伴って色彩は姿を消したと聞く。
指導通り実践する素直な人でもあり、同時にそれに
反発する反骨の人でもある。
その素直さと反骨性が、多分鬩ぎ合って色気として
顕れている気がする。
1980年代に見た木を彫刻し、繋ぎ、ユーモラス
な形象を創っていたあの諧謔性は、その時代の彼独特
の色気だったという気が今する。
今は形象も色彩も隠さず堂々と色気に挑戦している。
ただ色気と言っても、隠されたそれではなく、明快
な明るい色彩と形の強い主張なのだ。
きっと近い将来、もうひとつ作品が変わる事だろう。
ある秘められたニヒルな視角が、怒り・墳怒として
新たに彫刻・彫りの刃が顕れるかも知れない。

*菅沼緑展ー10月29日まで。
*ホピ&カチーナドール展ー10月31日ー11月5日

 テンポラリスペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503



[PR]

by kakiten | 2017-10-22 16:41 | Comments(0)


<< 故縁ー最前列にして最後尾(23)      寡黙な手の人ー最前列にして最後... >>