テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 25日

5人展「脈」始まるー緑陰(3)

鼓代弥生・チQ・岡田綾子・藤川弘毅・酒井博史の
5人展「脈」始まる。
それぞれの今が見える。
しかし何故5人なのかは、見えない気がした。
5×1=5という、<×1>が見えない。
タイトルとなる<脈>が、本来そうなのだろうが、
脈は前段階にしか感じられない。
それぞれがある種才能を保っている事は、紛れもない
事実として作品の個性に感じる事は出来る。
しかし何故自分以外の他者と表現の場を共有し発表する
のか、その不可視の可能性への試行・視座が薄い。
多分その事を象徴するのは、チQさんの作品だ。
8年前の沖縄へ移住を決めた時、友人の佐佐木恒雄さん
とふたり展の最終日会場で完成させた作品。
それと最近作を左右に置いてまん中に同じ大きさ・同じ
材質の板が置かれている。
ここに会期中作品を仕上げる予定という。
8年前佐々木恒雄さんは、故郷網走への帰郷を決意し、
チQさんは沖縄への移住を決意していた。
その南北に別れるふたりの移住の決意。
その時以来佐佐木さんは、故郷網走で家業の漁師を継ぎ、
画業も切れる事なく作品を描き続けている。
チQさんは、その後沖縄から帰郷し、今だ遠くを見たりが
近くを見たり定まらぬ。
そうした意味でも、今回の設定はもう一度8年前を見据
える決意のようなものが漂っている。
しかしそれは個人の問題で、他の4人と同じとは言えない。
岡田綾子さんの様々な表情の縫いぐるみのような動物、人
の面形は、作者の喜怒哀楽を活き活きと伝えて、彼女の今
を宙に跳ばし、会場に陰影を刻んでいる。
この岡田さんの作品が一番会場に脈絡を施し盛り上げている。
酒井さん、藤川さんの作品は、それぞれ一点づつで、寡黙に
現在の今の自分を独白しているような自己凝視の作品だ。
藤川さんは、古びた掛け軸に廃品から人の足がはみ出ている
時代の死を凝視するような絵画作品を描いている。
酒井さんは「掌」という文字を篆刻し印字した作品。
その前に彫刻家の野上裕之との数年前の合作、野上さんの両手
の彫刻手首断面に篆刻した作品を置いている。
掌の復権がテーマという。
鼓代さんは板に彫りこみを刻み色彩を施した板画抽象作品。
こうしてみると、岡田さんの吹き抜け1,2階を自由に跳んで
いる作品が唯一場と関わっている作品だ。
5=5の並列化を救っているのは、岡田綾子さんの跳んでいる
ような面・縫いぐるみ・妖精のような立体作品であるだろう。

作品とは不思議なモノ・・。
個々の作者はバラバラでも、作品同志がどこか寄り添って
意図せぬ<×1>を醸し出してもいる。
この後行われる3日間のライブで、会場はまたどんな<×1>
を産み出すのだろうか・・・。

*5人展「脈」ー7月30日まで。
 :25日(火)チQライブpm7時~五百円参加費
 :26日(水)ライブドローイング「マスク」pm7時~
  鼓代弥生・岡田綾子ー参加費五百円
 :28日(金)ライブ「脈」pm7時~jazz・唄他
  参加費千円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-07-25 17:25 | Comments(0)


<< チQ・ライブドローイングー緑陰(4)      「石狩シーツ」の先へー緑陰(2) >>