テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 18日

薫風・5月ー暗渠(25)

リラ冷え一転、初夏の暑さ。
光は強いが、陽の高さも天空中央に近づき入射角度が
浅く、思ったより会場の映写に影響を与えない。
吉増さんのモノローグの声が優しく響いている。
自然なのだ。
ふっと名前を呼ばれても、ああ画面の声だなあと、
馴染んでいる。
吉増さんから色鉛筆が届く。
好評の今回の色紙のようなフライヤーに酒井さん
と村上さんが少し加筆するように、との指示だ。
大判の真っ黒な厚手の紙に銀で「火ノ刺繍・・・」
が直筆凸版で浮かび上がっている。
裏には今回の展示情報と映像構成鈴木余位・花構
成村上仁美の文字が隅に。
残りの大きな余白にふたつの凸版の境が隠れている。
そこをフロッタージュするように擦って使う鉛筆。
それが送られて来たのだ。
フライヤーも一点づつがひとつの作品のようになっ
て渡される。
人に点彩が入魂して、火となる。
火ノ刺繍だなあ。

暑くなってきた。
夏の陽射しだ。
吉増剛造展二週目中日。

:吉増剛造展「火ノ刺繍乃ル=道」展ー5月28日まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-05-18 14:46 | Comments(0)


<< 一陣の風ー暗渠(26)      リラ冷えな日ー暗渠(24) >>