テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

「火ノ刺繍乃ル=道」展二日目ー暗渠(21)

夕刻通院治療に行く前札幌国際芸術祭で来札中の
東京都現代美術館藪前さん、音響コーデネーター
牟田口景氏が吉増さんとともに来る。
芸術祭の吉増展会場には北大総合博物館が充てら
れるようだ。
「札幌緑の運河エルムゾーン」だなあと、談話室
に飾ってある2011年の冬このゾーンを歩いた
吉増さんと私の吉原洋一氏撮影の写真を示しなが
らその話をした。
地から湧いた水は川となり母なる海へと向かう。
そしてその極く一部が空に昇り雲となり雨と成
って地に戻る。
そうした自然の循環が生み出す地形。
その自然身体の視点を、北大総合博物館でも活かせ
ないないかと考えている。
人間社会の原理と自然原理の接点を界(さかい)
として吉増展は胎むべきである。
それが現在進行中の「怪物君」制作のトニカと
も思うからだ。
吉本隆明全集3・月報吉増剛造「沈黙の言語」の
冒頭に

   にんげんは再び穴居して
  かぎりなく視なければならぬ

吉本隆明の「日時計篇」からの二行が引用されている。
この<にんげん>とは、水や地形と同じ自然存在として
の<にんげん>であるだろう。
吉増剛造の「怪物君」表現の基底を為すものは。人間
社会と対峙する<イシカリ>に表象される自然身体の
表現展開と思えるからだ。
2012年「石狩河口/坐ル ふたたび」で始まった
「怪物君」の道。
3・11という自然大災害と原発事故という大きな
基底構造の亀裂の谷間から現在がある。
社会的構造にある人間、
自然存在のひとつとしてある<にんげん>。
肥大化し巨大化したメガロポリスー人間社会のひとつ
の原点を、1950年の吉本隆明「日時計篇」に重ねて
、吉増剛造は<穴居>している。
戦後近代日本、そして明治近代日本。
そのふたつの裾野を今全力で<視なければならぬ>
それが「怪物君」の基調低音・トニカなのだ。
大通りー植物園ー伊藤邸ー偕楽園緑地跡ー清華亭ー
北大構内と繋がる「緑の運河エルムゾーン」
その中に建つ近代構造建築北大総合博物館として
自然身体に触れて展示は為されねばならない。

+吉増剛造「火ノ刺繍乃ル=道」ー5月28日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-05-11 13:30 | Comments(0)


<< ル=道ー暗渠(22)      吉増剛造展初日ー暗渠(20) >>