テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 06日

春の彩(いろ)ー暗渠(1)

八木さんの遺族高橋均さんから連絡があった。
八木伸子さんの姪にあたるお母様が亡くなられたと言う。
遅れていた八木作品選んで明日こちらへ。
母上の死後ご多忙中申し訳ない気がする。
ほぼ毎年この時期に催しているふたりの展示。
追悼の意味もあるが、私の家に遺されていたふたりの絵画
おふたりの死後この2点に触発されたのが一番大きな理由
である。
生前保次さんは抽象、伸子さんは具象と分けられていたが、
そんな事はない。
ふたりが追求したのは札幌の色彩・彩(いろ)だったと
感じたのだ。
だからおふたりの命日に近いこの時期に所蔵するふたりの
色彩・黄と緑の燃えるような彩を基点に、私の知る範囲で
ふたりの作品を所有している人たちに呼びかけ展示を試み
ている。
これまでご遺族の高橋さん、そして友人の小杉山竜一、
平川勝洋の両君が参加してくれた。
かって本屋さんにギャラリーを開いていた小杉山さんは
多くの八木夫妻の絵画を所有していて、その内の何点か
をこれまで展示している。
さらに高橋さんは夫妻の遺された作品を管理し保管して
おられるので、今だ未見の作品が展示される。
今回はお母様への追悼の想いも交えて選ばれると想う。
萌えるような黄と緑の八木保次・八木伸子の彩(いろ)。
これを基調低音にふたりを愛するそれぞれの絵画所有者
がこの短い春の夏の始まりを唱和したい。
そんな気持ちで続けているのだ。

*彩・八木保次・伸子展ー4月11日ー23日
*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー5月予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-04-06 13:19 | Comments(0)


<< 冬寒春温ー暗渠(2)      春という浮き世ー湿地帯(30) >>