2017年 03月 10日

「分母」展終了ー湿地帯(18)

ふたりの表現者の「分母」展終了した。
何もなくなった白い空間。
見えない影のように会期中の記憶が埋もれている。
真の批評とは抱擁のような行為・・・と感じる。
抱きつつ抱かれる、そんな展示だった。
最後に出産数ヵ月の赤ちゃんを抱いて美術家のS
さんが来たのも象徴的だった。
出産後初めてのお目見え、十和子ちゃんという赤ち
ゃんの笑顔が光っていた。
正に「分母」だね、と言うと中嶋さん笑っていた。

ひとりの写真表現者の「光景」「色景」シリーズに
始まる表現の深化。
その過程を編集・製本という形で一冊の冊子に作品
化した美術家。
この幸せな批評の形・容(かたち)は、母子という
分母・分子その物のように、抱き抱かれて遇ったと
思える。
写真家は風景を構成する見えない要素を、光・色・
歴史へと分光し。分色し、分析して深化してきた。
風景を自らの身体環境としてそこに根を張るかの
ように表現の植毛を浸透させてきた。
その過程を本という容器が、形・容(かたち)を
添えたテーラー・仕立て行為、そんな二人三脚の開
かれた波長が赤子の笑顔のように甦る。

そして番外編・展示だけの3日間。
最初に東京現代美術館のYさんが来た。
札幌国際芸術祭の関連訪問だが、話は跳んでそれは
主流ではない。
大野一雄石狩河口公演映像や戸谷成雄作品や種々の
資料を感動しつつ接し話した。
2時間以上話し、最後に製本された「分母第二号」を
購入してくれた。
そして昨日最後の訪問者は秋吉台国際芸術村展示から
機札した谷口顕一郎さんと写真家T氏。
緩くゆったり3時間ほど話し込んだ。

時も場も、長さ・広さの量数ではない。
量の利ではなく、料の理なのだ。
作品の無くなった白い空白の小さな空間で再びの充填
する時を静かに見詰めている。

*吉増剛造展「火ノ刺繍乃道(ルー)」ー5月初旬に変更。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2017-03-10 13:33 | Comments(0)


<< 抱擁構造ー湿地帯(19)      2日間のライブー湿地帯(17) >>