テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 25日

新たな<風土>をー撓む指(32)

今夕午後5時から、及川恒平と山田航「橋」ライブがある。
フォークソングの草分けのひとり、及川恒平のさらなる
北抒情への挑戦が、若い山田航とのジョイントコンサート
を誕生させた。
これで5,6回目となるふたりのライブ。
当初は山田の一首を自作の旋律に乗せて唄うスタイルだった
が、最近は山田自身が自作を朗読しテーマを決めて競い合う
スタイルに変化している。
今回は「橋」を主題に、それぞれの自作を披露し合う。
<時代・社会>に根差した歌を創る山田航。
<自然・風土>に根差した歌を唄う及川恒平。
そして<自然>ー<社会>の両方に橋渡しをしていた
<風土>という緩衝地帯が磨り減りつつある現代に、
ふたりが構築しようとしている<橋>は、歌という表現による
ひとつの文化、小さな風土なのかも知れないと思う。

是非ご来場下さい。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー10月2日(日)まで。
 ;ライブ 及川恒平×山田航「橋」本日25日午後5時~予約2500円

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2016-09-25 14:55 | Comments(0)


<< 及川恒平&山田航ー撓む指(33)      選択にドラマがあるー撓む指(31) >>