テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 26日

人・言葉・物ー水系・文月(14)

多様な人が来てとても濃い時間を提供してくれる。
連日作家は嬉しい悲鳴を上げている。
作品も伏見稲荷参道石段に続き、さらに奥の登山道
脇にあった米軍占領時のスキー場リフト跡の土台壁の
亀裂・凹み跡を新たにトレースした透明なビニール布
を会場に展示した。
参道石段の黄色いプラステイックの石段凹みの前に
占領時の記憶の痕跡が透けている。
このリフト跡の傍の沢は、界川の源流で伏見稲荷の
石段の山裾へと流れは繋がっているのだ。
その界川の流れは、今展示の最初の作品琴似川暗渠
の作品採集地で合流し琴似川水系となる。
その琴似川はさらに海へと流れ伏古川と合流し茨戸
で石狩川河口へと繋がってゆく。
都市化によって喪われた河川の水脈が、路上の亀裂・
凹みの再生によって沈黙の言葉を紡ぎ出している。
その事に刺激され、見た人もまた多くの言葉を発する。
色んな発想や意見が発せられて、作家はそこに新たな
発見があり、刺激を受けている。
第一回本郷新賞を受賞して来年札幌彫刻美術館で個展
を開く流れの中、これらの多くの人の示唆・意見は様々な
展示プランの刺激ともなっているようだ。
ここでの個展も残りあと二日。
一日一日が濃く充実してさらなる展開へと繋がっている
気がする。

*谷口顕一郎展ー7月27日(日)まで。am11時ーpm7時
*斉藤周展「日々の行状」-8月1日(金)-10日(日)
*小谷俊太郎写真展ー88月26日ー9月7日予定。
*及川恒平ライブー8月16日夕刻
+中嶋幸治展ー9月23日ー10月5日
+秋元さなえ展ー10月28日ー11月9日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-26 11:59 | Comments(0)


<< 渦巻く最終日ー水系・文月(15)      知と遊ー水系・文月(13) >>