テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 14日

三笠・川俣展へ行くー水系・文月(6)

今進行中の川俣正の三笠プロジェクトを見に行く。
ちょうどフランスから作家も帰国しているからと誘われた。
2年ほど前一時帰国した際ここを訪ねてくれ、「札幌緑の
運河エルムゾーンを守る会」の趣旨に深く共感してくれた
のだ。
彼とは1983年の円山北町テトラハウスプロジェクト
以来の付き合いで、今はパリに在住し世界的な美術家とも
なっている人だが、2年前から生まれ故郷の三笠でこつこつ
と今大規模な作品を制作しているのだ。
炭鉱が廃れ廃校となった学校の体育館にかって栄えた
故郷の風景を再現するインスタレーシヨンを創り続けて
いる。
会場に着くとすぐ川俣正がいた。
彼の案内で製作中の作品の中を歩く。
4年前の東京・目黒美術館で見た俯瞰する炭鉱街のインス
タレーシヨンがさらなる深化を見せている。
炭鉱を中心にした故郷の風景、その野山、谷、炭住が
段ボールやベニヤ板で再現され、正面奥のズリ山へと
道が続いている。
そのズリ山の内部には夜の炭鉱の風景か壁に浮かび、俯瞰
と同時に街の内側へも入っていくような複眼の構成になっ
ている。
全ては立体でありながら、その立体を構成する線の優しさ
美しさは川俣さんの故郷への想いから生まれた生理のよう
な触れる心の描線だ。
かってあった濃密な地域社会の回路を内側と外側の両方か
ら風景として再現し今は無い凝縮した故里を再現しようと
している。
このプロジェクトを支えているのは彼の小、中学校の同
級生たちであり、すべては手弁当のボランテイアが主力で
あるという。
2012年からこれらの人々の手で喪われた故郷の山野、
街が再現されていく。
川俣正が描く故郷への心の描線が立体となり、その立体の
中を見る者は歩く事で、あの街の心の風景を追体験するか
のように優しく柔らかな気持ちとなるのだ。

この廃校となった校舎もいずれ取り壊す予定という。
しかしこの建物はこの作品とともにモニュメントとして
遺されるべきものと感じる。
朽ちるなら建物とともに作品も朽ちるが良い。
地元の人の気持ちも含めてその思いとともに永らえれば
良いのだ。
東京や札幌のような都市化の一極集中が進む時代に、真の
故郷とは何かを問う稀有な美術作品としてこの作品は歴史に
位置づけられるべきである。

*谷口顕一郎展ー7月19日(土)-27日(日)am11時ー
 pm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-14 12:50 | Comments(0)


<< 川俣正来るー水系・文月(7)      台風近づくー水系・文月(5) >>