テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 04日

凝縮し生まれる処ー水系・文月(3)

岡崎文吉の遺したコンクリートマットレスの護岸跡と
伏見稲荷の見捨てられた石段は、透明な水と空気の凝縮
する濃い空間に架けられた異界への回路のようにあると
感じている。
透明な空気は山という異界で凝縮し生まれている。
水という透明な有機体もその山に発し、川を通って河口
へ海へと凝縮して集まる。
このふたつの透明な有機体が凝縮し濃く存在する異界の
入り口に沿って回路のようにコンクリートマットレスの
護岸と祠への石段がある。
透明な見えない存在の向こうに人間の力の及ばない大い
なる異界の存在を古来人は感じていたのだ。
岡崎文吉の自然工法による川の護岸工事もまたその伝統に
則った水への参道のような境界への架橋行為であった気が
するのである。
空気の生まれる処。
水の凝縮する処。
そのふたつの異界を結んで、人間の住む都市がある。
異界への畏怖と敬意は人に文化という参道を与えてきたのだ。
その時代時代で固有の参道形式を生み出し、空気が恐ろしい
風となり、水が荒れ狂う洪水となる事を恐れ、宥める術を試
みてきたのである。
その異界への畏怖・敬意が喪われつつあるのが、現代である。
空気や水のような見えないものへの回路を如何に同時代として
再生できるか。
それが今きっと問われている。

*谷口顕一郎展^7月19日(土)-27日(日)am11時ーpm7時
 月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2014-07-04 13:41 | Comments(0)


<< 呼応する時ー水系・文月(4)      繋ぐものー水系・文月(2) >>