テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 15日

十勝からの客人ー逍遥・長月(13)

昼頃十勝から米山将治さんが来る。
昨夜の江原光太氏追悼の夕に来札したという。
それから懐かしい人の話やら、十勝の文化状況やら特別な
秘話やらと話は長引き、夕方までずっと話が続いた。
神田日勝の室内風景のモデルが米山さんだとは、初めて知っ
た事である。
確かに眼鏡を外した顔は、神田本人よりも米山さんの顔その
ものだった。
長い人生経験と十勝での文化活動に深く根を下ろした長老の
話は、滋味深くラデイカルである。
こんなに長く会って話したのは初めてで、しかもわざわざここ
まで杖を突きながら訪ねてくれるとは・・・感謝である。
とりあえず最近の自分の行動を知ってもらう意味で、山田航
さんの書いた「文学界」9月号所収の一文を見せる。
読み終えてひとつ息を吐き出し、実に良く見ていますね、これ
を読めばみんなこの道を歩きたくなるでしょうと言った。
それから文月悠光さんの事も知っていて、実に賢い人だと褒めた。
長老なのに、心は柔軟で昔の事も今の事も実によく知り見ている。
古くは鷲頭繁雄から江原光太、笠井清とジャンルも詩人から美術家
に至る幅広い人脈がある。
十勝に生き、十勝から世界を見ている。
神田日勝との親交は深くこの十勝に根を張って語られるので、最近
の浮ついたグローバル世界とはひと味もふた味も違うのである。

本人もついつい話し込み長居したと気づいたのだろう、帰りの時間
を気にしながら、また改めて来ることを約束して帰って行った。
色んなこれまでの資料も頂き時が経ち昼食も忘れていた。


 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

by kakiten | 2013-09-15 17:24 | Comments(0)


<< 雨のエルムー逍遥・長月(14)      這い蹲ってー逍遥・長月(12) >>