テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 01日

昨夜の冷蔵庫ー逍遥・長月(1)

網走からチルドで届いた鮭、箱のまま冷蔵庫へ直行して
昨夜初めて開けた。
切り身になった鮭が綺麗に並んで、手紙も入っていた。

 今朝とれた鮭を送ります。
 塩もなにもしていないので、味をつけて食べてください。
 塩ひとふり、パッとやってもオイシイですよ。
 漁期を終え、雪が降り出すころ、またおうかがいいたします。
 ・・・・・
 それではまた!               佐々木恒雄 


朝獲れたての鮭をすぐ調理して食べられない自分が恨めしい。
なんと不器用で気の利かない唐変木なのだ。
つまりは自分で何でも調理する経験がないのである。
特に生ものはである。
朝用にミニトマトを4っに切り塩コショウにオリーブオイルで
漬け込み、ブロッコリーを茹でて冷蔵庫へ。
これくらいが私の唯一の朝食のパンのおかず作りの定番である。
これはフランスパンの宣伝用のチラシに書かれていたレシピだ。
最近はこれにブナシメジと缶詰トマトを竹輪とともに煮付けたり
する事も覚えた。
どちらにせよ魚とか生ものの調理は、まだ慣れていない。
以前網走に帰ったばかりの佐々木さんから鮭一匹送られてきて
泡食ったことがある。
幸いヴェテランのM夫人が包丁で見事に捌いてくれたので、なん
とかなったが、それでもみんなに分けて私はその調理済みのもの
を頂いたのだった。
今回は初めから切り身になって送られてきたので、その分あたふた
しないで即冷蔵庫で冷凍にした。
せっかく朝獲りたてで送ってくれたものを、すぐに調理して食せな
い自分が真に情けなく感じる。
画廊には冷蔵庫が無いので一昨日は自宅へ運び、昨夜遅く帰って箱
を開き眺めていた次第である。
甲斐性の無い自分を佐々木さんには申し訳なく、報告する。

風和らいで今日から九月。
水清み蛇行し、風和らぎ流れる。
風立ち、川立つ逍遥の季節である。

*収蔵品展「記憶と現在」-9月15日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


  
[PR]

by kakiten | 2013-09-01 13:54 | Comments(0)


<< パラトで・・・-逍遥・長月(2)      鮭・熊・大野一雄ー梢心・葉月(20) >>