テンポラリー通信

kakiten.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 26日

心寄る日ーメム=泉(2)

ふっと魂集まるような日だった。
福島県浪江で復興の仕事をしている東京の出版社の
H氏が来る。
浪江の出身という。
吉増さんとも親しく、茅ケ崎のT氏に此処への訪問
を強く勧めた人でもある。
本人は来る予定は立たなかったが、T氏からの話を
聞いてたまらず訪れたようだ。
この日吉増さんからも電話あり、明日オランダへ
発つけれどH氏が訪問するからよろしくという伝言
も添えられていた。
奥の談話室へ招じ、これまでの吉増展への流れなど
を説明する。
そして現在の吉増さんのふたつの近代を軸点とする
石狩河口/坐ルー「石狩シーツ」1994年
石狩河口/坐ル ふたたびー「怪物君」2012年~
そこには1992年から94年のブラジル体験と
2012年3・11の経験が大きく在る事を話した。
何故H氏が吉増さんに惹かれているのか、その真の
部分が話している内に心の底から深く湧き上がって
きたのか、話の後半にはもう涙目そして号泣するよ
うに机に俯せ涙が止まらなくなっていた。
心撃たれる男の涙を久しぶりに見た。
福島県浪江出身でありながら、震災以降復興の仕事
をしていて感じた被災当事者との心の谷間。
その経験はきっと吉増さんがブラジル日系社会で感
じとった故国日本の落差と同質の苦悩ですよ、と私
が語った事がきっかけだった。
何故吉増さんに惹かれ、時に救われた気がするのか、
その疑問が同じ経験という言葉で深くなにかが弾け
色んな想いが一気に込み上げてきたのだと思う。
1994年ブラジル滞在を切り上げ、詩を止めよう
とまで思い込んでいた吉増剛造。
そこからの復活に「石狩シーツ」の誕生があぅた。
そして3・11以降のふたたびの復活。
そこで出会ったH氏は吉増さんの深い心の亀裂体験
をどこかで救いのように感受していたのだと思う。
その理由が自分自身の震災・原発を経た福島体験と
呼応し響きあっている事にはたっと得心したのだ。
地球の反対側まで遠く離れた移住者の故国への想い。
立ち入り禁止が続く難民の故郷への想い。
その当事者の深く重い心の位置は、同じ故国、同じ
故郷といえども同じ位相にはない落差がある。
H氏が経験しつつあるその故郷の落差は、1990
年代前半吉増さんが経験したであろうブラジル日系
社会人が保っていた故国でもあったと私は思う。

 震災後初めて吉増さんに会った時、ただただ黙っ
 て傍にいてくれました。それが凄く嬉しかった・・。

 復興のイヴェントで浪江で集会を開き、吉増さんの
 公演で当初は声が聞き取れなく800人ほどの
 聴衆たちが白け気味の後、吉増さんが浪江のある
 地名を大きく絶叫した瞬間会場の空気は一変しま
 した。前列にいた高齢者たちは涙を流していました。

 「怪物君」の草稿を初めて見せられた時、原稿を
 大事にしてほしいなあ、と感じながらふっとそこに
 見た<包む>という一字に何故か深く心撃たれまし
 た・・・。

 福島浪江復興の仕事をしながら、被災者と話すと
 なにか拒絶のような谷間を感じるのです。
 同じ故郷の出身なのに・・・。

同じ故郷・故国であっても心の想いの傷の深さには
ある落差がある。
それは経験・体験というものの形(かたち)の同一さ
ではない、もうひとつの容(かたち)。
内側の深度が在るからだ。
吉増さんのブラジル日系社会で感じた故国日本。
H氏が震災後に感じた故郷。
その落差を吉増剛造は闘いながら自分を追い詰め
克服してきた<・・坐ル><・・・坐ル ふたたび>
が在る。
H氏が惹かれ安らいだ吉増剛造は、その容(かたち)
経験の同質性なのだ。
そう感じた時溢れたのは、ただただ涙だった・・・
と思う。

その前余位さんの後輩Aさんも来て魂の話を零して
帰った。
一日魂が寄り添うような日だった。

*吉増剛造展「火の刺繍乃ル=道」-5月28日まで。
 am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503 
[PR]

# by kakiten | 2017-05-26 14:26 | Comments(0)
2017年 05月 24日

諸国人往来ーメム=泉(1)

色んな人が来る。
それぞれの出身地が立ち上がる。
勿論札幌もあるが、本州の各地九州、四国、沖縄
南の匂い、土の匂い、海の風がする。
それも初対面、知っていても初めて深く話した人
がほとんどだ。
その内のひとり、一作日初めて逢って昨日また来て
くれたT氏は、神奈川県茅ヶ崎の人だった。
彼は勿論吉増フアンであるが、私はその住所に惹か
れるものがあった。
あの明治の治水学者岡崎文吉の終焉の地茅ヶ崎が
閃いたからである。
早速その話をすると、なんと郷土の歴史的人物を
調べている人で、岡崎文吉の名前を知っていたのだ。
そこで死の一年前彼が自宅庭に建立した生前墓石の
話をしてその碑文を見たいと以前から思っていたと
話すとすぐ調べますと応えてくれた。
岡崎文吉について私の資料・映像を参考に話をする。
段々興奮して来るのが分かる。
またひとつ河口に流れ込む新たな川のル=道が見え
てきた。
1887年岡山県から札幌農学校工学部に入学した
岡崎文吉が治水学者として実践した最初の仕事が、
当時の石狩河口・茨戸に自然工法護岸跡として今
も遺されている。
今も変わらぬ主流の効率重視ショートカット工法に
よる河川改修は、自然の川の蛇行を重視した岡崎の
自然工法を退け岡崎は北海道を追われ満州へ赴く。
そして終戦間近な1945年横浜茅ヶ崎で死を迎える。
その前年生前墓碑を自宅庭に岡崎は建立するのだ。
その碑文を一度確かめたかった。
私のもうひとつの石狩河口の入口・出口である。
その茅ヶ崎に住む人が吉増剛造展に来た。
早速彼のSNSに岡崎の碑の写真が投稿されていた。
T氏は明日もまた吉増展を見る友人と来るという。
T氏の報告に刺激されこの友人も関東から来るという。

8月に「根源の手」に続き「火ノ刺繍」を出版する
響文社社主高橋氏との出会いも深く響くものがある。
これも今回の河口の出会いの一つだ・・・。

*吉増剛造展「火ノ刺繍乃ル=道」ー5月28日まで。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-24 13:11 | Comments(0)
2017年 05月 21日

泉(メム)の時間ー暗渠(27)

夕刻から始まる及川恒平×山田航「傘」ライブ。
会場中央の村上仁美さんの作品もあり、あまり
人が多くては、と心配していた。
薄いヴェールの丘、砂土の小山は除ける訳には
いかないからだ。
しかも一連の山田航ドキュメントを撮影してい
る某TV局も取材で入るというから心配だった。
しかし早めに来た撮影隊のデレクターは旧知の
Y氏だった。
川俣正テトラプロジェクト時代の知人だ。
さらに唯一客として来たTさんは今は旭川局に
赴任中のTさんで、十年ぶりで再会した。
円山を退店当時取材してくれた優秀な記者だ。
今もその記事は十数冊のここでのファイルの一
番最初に切り抜いて保存されている。
姿形変わって気付かなかった私にY氏が紹介し
てくれ思わず声を出し再会を喜んだ。

そんな稀有な再会の環境で、撮影と及川・山田の
対話・ライブが始まる。
ふたりのテーマ「傘」の主題展開に始まり、山田
航の短歌朗読・及川恒平のフォーク歌唱が展開
された。
撮影隊3人、客ひとりの中で及川・山田の濃い
応答・歌・唄が淡々と進んだ。
最初から最後まで2時間近く収録は続いた。
最後に滅多にないというより初めて及川さんが
友人井上陽水の「傘がない」を歌った。
今回のテーマに添ってだ。
ひと味も二味も違う「傘がない」。
私はその後及川さんのオリジナル曲「雨」を
リクエストした。
撮影したTV局もひとりだけ訪れたTさんも
非常に贅沢な時間だった。
放映される番組ではほんの一部しか放映され
ないだろうけれど、完全収録された映像は後に
DVDにして送ると約束してくれた。
撮影隊も仕事を超えてこの場の時間を心から
楽しんでいた。
その意味では展示者の村上仁美、私、撮影隊
3人、新聞社のTさんも含め、6人が聴き手
だった。
それぞれが遠い縁で集まっていた。
こんなライブは及川さんも初めてだろう。
それは普段見れない、聞けない内容に凝縮さ
れていた気がする。
及川さん到着前奥の談話室でY氏、私、山田
と語り合う場面も撮影されているので、全体
が貴重な記録ともなるだろう。

吉増剛造展「火ノ刺繍乃ル=道」
不思議な時の泉(メム)の時間・・・・。

*吉増剛造「火ノ刺繍乃ル=道」展ー5月28日まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-21 13:38 | Comments(0)
2017年 05月 19日

一陣の風ー暗渠(26)

遠方より来訪者が相次ぐ。
京都のM氏、Mさん、S氏。
札幌国際芸術祭参加メンバーのようだった。
それぞれが映像・舞踏等の表現者らしいが、控えめで
爽やかな人たちだった。
最初に訪ねてきたM氏は、京都在住だが生まれは広島
で幅広い人脈と多分野の作家達と仕事をしている。
前回の国際芸術祭とはまたひと味違う人たちである。
藻岩山のわき水を淹れた珈琲を本当に美味しいそうに
飲んでくれてこちらも報われた気がする。
難しい話も良いけれど、こうした普通の心に人柄が出る。
大友良英のコンセプトが人選にも活きている気がした。
必ずもう一度来ますと午後7時半を過ぎて別れた。

酒井君と村上さんが色紙大フライヤー、最後の手入れを
行っている。
人にふたりの痕跡が入魂する事で、「火」。
「火ノ刺繍乃ru=道」のフライヤーの完成だ。
そこに吉増さんが宛名を書き郵送・手渡しで儀式が終わる。
国際芸術祭吉増剛造展タイトルは、「火ノ刺繍から石狩シ
ーツへ」。
2011年から続く展示のひとつのピークともなるだろう。
ノーモアフクシマ。
戦後という近代のひとつの結節点と思える。
ヨコハマから開いた近代の扉。
そしてノーモアヒロシマで終焉した明治近代。
さらにアメリカ占領で始まった第二のデモクラシー近代。
それが3・11フクシマで再び第二のノーモアとなりつつ
在るような気がするからだ。
吉増剛造「怪物君」の一連の仕事は、そのふたつの近代
の根本を見詰めている。

エルムの都札幌の「緑の運河エルムゾーン」のまん中で
吉増剛造は再び如何なる回路を切り開くのか、
8月以降が待たれるのだ。

*吉増剛造展「火ノ刺繍乃ru=道」展ー5月28日まで。
 am11時ーpm7時;月曜定休。
*及川恒平×山田航ライブ「傘」ー5月20日{土)午後5時~
 予約2500円。ーこの時間一時吉増展休廊します。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-19 12:29 | Comments(0)
2017年 05月 18日

薫風・5月ー暗渠(25)

リラ冷え一転、初夏の暑さ。
光は強いが、陽の高さも天空中央に近づき入射角度が
浅く、思ったより会場の映写に影響を与えない。
吉増さんのモノローグの声が優しく響いている。
自然なのだ。
ふっと名前を呼ばれても、ああ画面の声だなあと、
馴染んでいる。
吉増さんから色鉛筆が届く。
好評の今回の色紙のようなフライヤーに酒井さん
と村上さんが少し加筆するように、との指示だ。
大判の真っ黒な厚手の紙に銀で「火ノ刺繍・・・」
が直筆凸版で浮かび上がっている。
裏には今回の展示情報と映像構成鈴木余位・花構
成村上仁美の文字が隅に。
残りの大きな余白にふたつの凸版の境が隠れている。
そこをフロッタージュするように擦って使う鉛筆。
それが送られて来たのだ。
フライヤーも一点づつがひとつの作品のようになっ
て渡される。
人に点彩が入魂して、火となる。
火ノ刺繍だなあ。

暑くなってきた。
夏の陽射しだ。
吉増剛造展二週目中日。

:吉増剛造展「火ノ刺繍乃ル=道」展ー5月28日まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-18 14:46 | Comments(0)
2017年 05月 16日

リラ冷えな日ー暗渠(24)

寒気戻る中、吉増剛造展第二週に入る。
鈴木余位さんの映像、吉増さん自身のGOZOCINE
村上さんの薄いヴェールの丘、もうすっかりこの空間に
息付いている。
声が、音が、映像に映された吉増さんの怪物君の草稿が、
廊内に住み込み、光に空気に揺らいでいる。

 薄いヴェールの丘にたち、静かに"病い”を待っている

             (「花火の家の入口で」)

大友良英とのピットインでの競演で朗読される吉増さんの
詩の一節が何故か心に沁みる。
鈴木余位さんの大画面中央と砂丘中央に投影された砂粒が
揺れる小さなモニター画像が心臓の鼓動のように揺れて
空間に目の鼓動のような動きを与えている。
リラ冷えの静かな、ひと刻。

*吉増剛造展「火ノ刺繍乃ル=道」展ー5月28日まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-16 15:45 | Comments(0)
2017年 05月 14日

時間差ー暗渠(23)

北欧のある都市でギャラリーや美術館の開館・閉館
時間が季節によって相違する話を聞いた。
現在展示中の吉増剛造展でもそれを適用すれば良か
ったなあと思う。
映像設定の鈴木余位さんも冬しかここに来ていない
ので、この時期一番日が長い事を計算していなかっ
たと思う。
北壁大画面が迫力を増すのは、やはり夕方以降の
時間帯である。
明るい時と暗くなる時の案配が、もう少し狭まって
も良いのだ。
開廊時間を午後2時、閉廊時間を9時でも良い気が
している。
北壁大画面の中央に設置された小モニター画面に
石狩来札浜の砂粒を顕微鏡レンズで水に揺れる様子
を早回しで撮影した画像は、中央の土の山頂点にも
同時に投影されているが、この心臓の鼓動のような
画面が明るい陽光の下では不分明なのである。
昼の光の存在感も良いのだが、同時に映像の際立つ
時間も見れた方がより展示の意図が伝わるからだ。
常時真っ暗で映像主体と偏るのでもなく、自然光の
土作品の存在感に偏るでもなく、両方を時間差で感
じて頂くには、開閉の時間を変えれば良かったと思
うのだ。

内容によって料(りょう)を量る。
一律にしてはいけない理(ことわり)がある。
料理だなあ、
勿論、量・利ではない理(ことわり)だ。
今日のように曇天・風雨の様な日には、昨日までの
五月晴れの日と違って自然の暗さが助けてくれる。
光と音が空間を創り変化してゆく。
そのそれぞれに宿る時間の推移に、映像・立体・声・
描画の時間が決して一律でない時空体に息付いている。
「火ノ刺繍乃ル=道」ー吉増剛造・鈴木余位・村上仁美。

心地よく飽きない時空間だ。

*吉増剛造展「火ノ刺繍乃ル=道」展ー5月28日まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-14 13:33 | Comments(0)
2017年 05月 13日

ル=道ー暗渠(22)

吉増剛造展4日目、夕刻からの通院で酒井さんに
一時留守を頼む。
ちょうど小樽の橋本洋輔氏が来て、酒井さんと
話を繋ぐ。
私の留守中吉増さんから電話があった今朝聞く。
一作日夕札幌国際芸術祭の全体発表、記者会見に
臨席し翌日帰京する前だったらしい。
今日あらためて留守の詫びも兼ね本人に電話する。
記者会見では札幌で展示する今までの関わりを話
し、私の名前も出したよと云う。
1989年「界川遊行」のイヴェントから始まっ
た深く長い我々の交友。
それがまたひとつ札幌国際芸術祭の展示で結実
するだろう。
芸術祭に囲い込まれる訳でなく、これまでの生き
る表現の流れなのだ。
旧帝国大学という北海道大学の広大な敷地に潜在
する札幌扇状地の自然地形。
そこに見える自然身体としてのサッポロ。
札幌国際芸術祭という文化的社会イヴェントの中
で、如何に自然と社会の界(さかい)に風穴を抜
くか、が真摯に問われるのだ。
札幌という都市は、新幹線・オリンピック・芸
術祭と北のメガロポリス化を東京メガロポリス
と軌を一にしてある。
大都市圏(メガロポリス)帝国主義の今こそ、内な
る闘いは継続されなければならない。
「緑の運河エルムゾーンを守る」運動の内に、今回
の吉増展は位置づけられて、私にはある。

*吉増剛造展「火ノ刺繍のル=道」展ー5月28日まで。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-13 14:00 | Comments(0)
2017年 05月 11日

「火ノ刺繍乃ル=道」展二日目ー暗渠(21)

夕刻通院治療に行く前札幌国際芸術祭で来札中の
東京都現代美術館藪前さん、音響コーデネーター
牟田口景氏が吉増さんとともに来る。
芸術祭の吉増展会場には北大総合博物館が充てら
れるようだ。
「札幌緑の運河エルムゾーン」だなあと、談話室
に飾ってある2011年の冬このゾーンを歩いた
吉増さんと私の吉原洋一氏撮影の写真を示しなが
らその話をした。
地から湧いた水は川となり母なる海へと向かう。
そしてその極く一部が空に昇り雲となり雨と成
って地に戻る。
そうした自然の循環が生み出す地形。
その自然身体の視点を、北大総合博物館でも活かせ
ないないかと考えている。
人間社会の原理と自然原理の接点を界(さかい)
として吉増展は胎むべきである。
それが現在進行中の「怪物君」制作のトニカと
も思うからだ。
吉本隆明全集3・月報吉増剛造「沈黙の言語」の
冒頭に

   にんげんは再び穴居して
  かぎりなく視なければならぬ

吉本隆明の「日時計篇」からの二行が引用されている。
この<にんげん>とは、水や地形と同じ自然存在として
の<にんげん>であるだろう。
吉増剛造の「怪物君」表現の基底を為すものは。人間
社会と対峙する<イシカリ>に表象される自然身体の
表現展開と思えるからだ。
2012年「石狩河口/坐ル ふたたび」で始まった
「怪物君」の道。
3・11という自然大災害と原発事故という大きな
基底構造の亀裂の谷間から現在がある。
社会的構造にある人間、
自然存在のひとつとしてある<にんげん>。
肥大化し巨大化したメガロポリスー人間社会のひとつ
の原点を、1950年の吉本隆明「日時計篇」に重ねて
、吉増剛造は<穴居>している。
戦後近代日本、そして明治近代日本。
そのふたつの裾野を今全力で<視なければならぬ>
それが「怪物君」の基調低音・トニカなのだ。
大通りー植物園ー伊藤邸ー偕楽園緑地跡ー清華亭ー
北大構内と繋がる「緑の運河エルムゾーン」
その中に建つ近代構造建築北大総合博物館として
自然身体に触れて展示は為されねばならない。

+吉増剛造「火ノ刺繍乃ル=道」ー5月28日(日)まで。
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-11 13:30 | Comments(0)
2017年 05月 10日

吉増剛造展初日ー暗渠(20)

鈴木余位さんの見事な映像処理・構成と、村上仁美さん
の3ヵ所の場から採集した土の山造形が、何とも言えぬ
空間を現出している。
映像は昨年暮れの新宿ピットインでの大友良英との
コラボレーション、さらに入口に展示してある怪物君
制作過程映像が流れ、そして石狩・来札の川辺で採集し
た砂石の微粒子映像が、正面中央に設置された釧路パシ
クル湿原の石、大野一雄の踊った来札の浜の砂土、自宅
札幌北ノ沢の庭土で構成された丘頂上にその上部から投
影されている。
この映像は北壁いっぱいの吉増ー大友の大画面中央に
小さくモニター画面に流れ、さらに砂のような細かい
土の山にも流れている。
快晴の昨日は朝・昼・晩陽射しの方向、日没後の照明
と時々刻々表情を変え見飽きない。
夕方東京から吉増さん本人が現れ。大いに感動していた。
そして今年3月職を辞し独立した村上さんの為に大きな
和紙を広げ「花人」と揮毫し祝ってくれる。
きっと生涯の生きる旗印となるだろう。
夜今まで関わった多くの友人たち、さらに今回大友良英
氏が統括する札幌国際芸術祭の吉増展関係者等が集まり
遅くまで歓談が続いた。

*吉増剛造展「火ノ刺繍乃ルー=道」展ー5月28日まで。
 月曜定休・am11時-pm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2017-05-10 13:43 | Comments(0)