2016年 09月 24日

選択にドラマがあるー撓む指(31)

今回それぞれの作家が選んだ一首には、それぞれの人生の
ドラマが潜んでいる。

<あをきまなざしよ散るな>森美千代
<みんなあれが底なき渦とわかってゐたのに>竹本英樹
<水張田の面を輝きはなだれゆき>成清祐太
<運転手フロムフイリピン未明から未明へ>森本めぐみ
<ぼくたちは始められないから終われない>久野志乃
<たそがれてあくびをするな顎を外すぞ>野上裕之
<・・・げんきでゐてほしいひと>野崎翼
<濾過されてゆくんだ僕ら>酒井博史
<ガソリンはタンク内部にささざなみを>佐々木恒雄

それぞれの作品のキーワードと思える一行を選んでみた。
この中で本人以外が選んだと聞く一首の作品がある。
竹本英樹さんの卒業証書写真と一首である。
愛娘のYちゃんが撰び指定したと聞いた。
竹本さんは今回迷ったのだろう。
自分自身で選べず娘さんに相談し、娘さんはこの一首を撰び
自らの卒業証書を撮影に指定したと聞く。
普段見る竹本英樹の写真とは違うくっきりした明解な写真
である。
私は以前娘さんが足を痛め車椅子に乗っている写真を思い
出していた。
ひょっとすると一生足が治らないかも知れない。
そんな時の写真だ。
パパ、と見上げる娘さんの眼。
その一瞬を愛おしさを籠めて何の衒いもなく、ばっちりと
その姿を撮っていた。
作品写真として多く発表されている竹本作品は、朦朧とした
輪郭の希薄な写真である。
この時の車椅子の写真は違った。
こういう剛直な一面が竹本さんにはある。
今回の写真もそうした一面が溢れている。
娘に相談し、娘の意向をすべて受け入れている。
これもひとつのドラマであると私は思う。
反抗期を見詰め、客観視した高校一年生の娘の心を受け
入れ、作品化したふたりのドラマだ。

今回の展示作品には、見えない日常のドラマが作品と
その背後に素直に在る。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー10月2日(日)まで。 
 月曜定休:am11時ーpm7時。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-24 18:22 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 22日

礫弾のような・・・撓む指(30)

山田航の短歌には礫弾のような一行が秘められている。
地下のマグマのようなその言葉が、時として礫弾のよう
に31文字のカプセルから吹き出す。
今回の出品者はみなその言葉の礫弾を共有し、自らも
発射している。

昨日私が通院で出た痕、遅れていた最後の作品酒井博史さん
の展示があった。
選んだ一首は

 濾過されてゆくんだ僕ら目に見えぬ弾に全身射抜かれながら

和紙に大小18個の篆刻でこの短歌を印字し表現している。
文字が文字として固有の彫りで躍り、<濾過>・<僕ら>・
<全身>等と紙に印字され額装し飾られている。
文字一字一字が彫刻されて、この短歌の保つ礫弾の広がり
を伝えてくれる。

<濾過されてゆくんだ僕ら>

この一行が山田航の喉奥の声の礫弾だろう。
その一行に酒井博史の活字職人・判子彫りの日常現実が響き
作品となって弾球を返しているのだ。

今回の参加者はみんな、いわゆるアーチストで生計を営んで
いる訳ではない。
生業を持ち、家庭があり、その傍ら絵画や彫刻等の表現を
続けている人たちである。
その日常の喉奥に表現者としてコアとなる声が潜んでいる。
その声が山田航の叫びのように秘められた礫弾の言葉に応
え、作品となっている。
普段露わには顕れない深い日常皮膚下の亀裂のような声。
その声は、山田航の作品から一首を選んだそれぞれの作家の
作品に触れ、私たちの内なる喉奥の声と響震している。

作品は同時代の深いエレメントとなり、こ~ん、という響き
を発しているのだ。

今回もこの場は、contemporaryの<con>を
響かせてくれた。
とても嬉しい。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 ・野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)。
 :ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日(日)午後5時~予約2500円
*橘内光則展「土曜の夜の夢」ー10月9日ー30日
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日
*森本めぐみ展ー予定12月下旬ー1月初旬
 
 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
 
[PR]

# by kakiten | 2016-09-22 13:09 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 21日

乾かぬ内にー撓む指(29)

産後のベッドから一つの絵が届いた。
久野志乃さんの絵画である。
展示を急ぎ触れた親指に、絵の具の痕が付いていた。
初日に間に合うように、ぎりぎりまで描き続けた作品だ。
選んだ一首は

 鉄塔の見える草原ぼくたちは始められないから終われない

出産という人生上の身体的大経験。
それを経た女性の本質的な強さを秘めた選択だと思う。
始めも終わりも無い、未だ、未だの今なのだ。

どんな小さな日常にも、ひとつの選択には個人的なわけがある。
今回の一首を選ぶ選択にも、それぞれ生活日常の個人的わけがある。
その喉の奥の深い声が、すべての作品に響いている。
31文字の一首は、それぞれの作家の喉の奥の声となって、固有の
音色を響かせている。
山田航の短歌のひとつの声が回路となって、他者の喉の奥で別の
日常に木魂している。
森美千代<あをきまなざしよ散るな>・
成清祐太<輝きはなだれゆき>・
森本めぐみ<運転手フロムフイリピン>・
野上裕之<たそがれてあくびをするな顎を外すぞ>・
佐々木恒雄<タンク内部にさざなみをつくり>・
竹本英樹<みんなあれが底なき渦と>
・・・・
これらの言葉にキーとなる声の喉仏を感じるのだ。

どんな小さな選択にも個人的なわけがある。
そこに日常の下の深い亀裂が覗く。
亀裂は声なき声となって、作品に形象を与えている。

初日、空間は木魂する声のオーケストラ・交響となった。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 :参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
  野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
  ・竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-21 14:15 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 20日

遅れつつ・・・ー撓む指(28)

網走の佐々木恒雄さんの作品が届く。
小品ながら力のこもった夜の海の絵。
夜空に月、そして海に浮かぶ小舟にふたりの人影。
漁をする姿だろうか。
選んだ一首は

 ガソリンはタンク内部にさざなみをつくり僕らは海を知らない

現代社会のエネルギー構造と対比するように、自らの職場・海の
情景を描いている。
その画面半分以上を占める海のさざなみが美しい。
そこにこの一首の風景と対峙する佐々木恒雄の現代への眼が
感じられる。
ガソリンまみれの都市構造タンク内のさざなみと向き合う眼だ。

昨日私が通院で留守した後、山田さんたちが展示を進めていたが、
その時写真家の竹本英樹さんが来て、作品を展示したようだ。
作品は愛嬢の小学校卒業証書を写したものだ。
名前は自らが消したという。
選んだ一首は

 校庭に巻くつむじ風みんなあれが底なき渦とわかってゐたのに

結局竹本さんの一番コアな部分が出たなあ。
一人娘の成長を見詰める親の眼。
生活の根である家族への視線。
写真家としての写真とはまたひと味違う真っ直ぐで剛直な写し方だ。
竹本さんの普段露わには見せない根の部分だ。

成清祐太さんが展示の仕上げに入っている。
白い大きなパネルに大画面を投影し、そのパネルのまん中を切り抜き
そこにモニターを嵌め込み同じ画面が映し出される。
手で描いた絵を一枚づつ撮影し動画として構成するこの作品は、札幌
移住後最初の労作である、
選んだ一首は

 水張田の面を輝きはなだれゆき快速列車は空港へ向かふ

水田に水を張る古代からの稲作の知恵。
その水面を<なだれゆき>快速列車と飛行機の影が過ぎる。
成清さんの画面はこの水面をイメージして現代と古代を繋いでいる
かのようだ。
ここにもこの一首に触発された作者の現代への眼がある。
水張田の水面はそのまま彼の描く画面のイメージともいえそうだ。
九州筑後で生まれ東京多摩美で学び、札幌に移住してきた成清さん
の流浪の人生も反映しているのかも知れない。

あと2点作品が午後3時以降届く。
酒井君と久野さんである。
出産して間もない久野志乃さんは、必死で制作に集中しているようだ。
生活の日常の現実の中で生まれるもうひとつの命。
作品とはそうした切実で真摯な生の産物なのだ。
今回の出品作をみてしみじみそう思っている。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休・
 :参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 ・野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503


[PR]

# by kakiten | 2016-09-20 13:09 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 19日

次第に整う展示ー撓む指(27)

今回一番遠方の尾道・野上裕之さんの作品が届く。
船大工に従事しながら、彫刻への志を保っている作家。
今回は40cm程の黒いカラスの彫刻だ。
選んだ一首は

 世界に告ぐ空を見ながらたそがれてあくびをするな顎を外すぞ

彼には珍しく、社会性を保ったテーマであり、作品だ。
巨大な真っ黒なカラスの嘴は、缶コーヒーのアルミ箔が巻き付き
貼ってある。
<たそがれてあくびをするな顎を外すぞ>の意が籠められている
のだろう。
大量生産・大量消費・大量破棄の緩い現代社会の消費構造に対峙
する視座がここに読み取れる。
黒いカラスの造形も<たそがれてあくび>の強い悪意の象徴と思える。
生活の何気ない現実が、この一首を撰び造形した事である広がりを保
って私には突き刺さってくる。
山田さんのどちらかというと直截な叫びが、野上さんのカラスの
造形である広がりを保って、同時代の毒とそれを見据える視線と
して語りかけるのだ。

今回の展示作品にはそうした同時代に日常生活の先端で震え響く
位相で創られた作品がトニカで共通している。
何気ない日常の他の人には、何んて言うことのない事が時に
当人には大きなとても気の抜けない非常時としても存在するのだ。
そうした日常の小波が人生である。
缶コーヒーひとつにも深い意味がある。
そうした生の現場の呟き・溜息・眼差しが一つ一つの作品の
一首を選んだ共感の磁場に鳴り響いている。

今日あと3点の作品が届き、展示は完了。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-19 15:05 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 17日

展示続行中ー撓む指(26)

福井・鯖江から届いた森本めぐみさんの作品を展示する。
5点組の楕円形の木板に描かれた絵画。
選んだ一首は
 
  運転手フロムフイリピン未明から未明へとすべりゆくタクシー

この一首から膨らんだストーリーが、5点絵画の展開となっている。
選んだ一首が回路となり、作家の内面の小波が映し出され呼応し、
タクシーは怪奇な船となり航海している。

今日森美千代さんが来て大きな縦長の書を展示する。
選んだ一首は

 水に沈む羊のあをきまなざしよ散るな まだ、まだ水面じゃない

流麗な筆の墨跡、書の批評は出来ないが、

 ・・・あをきまなざしよ散るな

という言葉に鋭く反応し画いた、墨線の強靱な流れを感じる。
この感覚は今回参加しているすべての人の基本線だろうと思う。

北方の国境ある海の労働、後継者不足の船大工の仕事、初の浪人受験生
妊娠から出産の子育て、志を持ち移住しアルバイトの日々・・・。
そんな日常の中で、一首撰び取り表現する。
歌そのものを超えて、今を生きる精神(こころ)が万華鏡のように
揺らめくのだ。
選んだ一首を回路にそれぞれの生の根がそこに投光され、作品として反射し
揺らいでいる。
やがて会場全体が「水に沈む羊」の万華鏡のようになり、さざ波の命が煌めく。

そしてそれぞれのtemporaryという日常に、con・根という
同時代の火が燃える。
燃やさねばならぬ・・・。
そう感じされる展示中だ。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」点ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 :参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・久野志乃(絵画)他
 :ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日(日)午後5時~予約2500円
*橘内光則「土曜の夜の夢」展ー10月9日ー30日
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-17 16:04 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 16日

展示進行中ー撓む指(25)

成清祐太君が来る。
昨年東京から札幌に移住した映像作家石田尚志さんの教え子。
鈴木余位さんの後輩だ。
ふたりの北海道愛に刺激され札幌到着3日目にして、移住
を決める。
今回本来の志である映像制作に山田さんの一首を選び制作
に打ち込んでいた。
あれだけ好きな酒も煙草も断っているという。
展示場所は結局2階に決める。
1階では他の作家の展示に影響が出る。
映写機で画面を映し出すにはある程度暗くなければ駄目だ。
映写面と映写機との投光距離もある。
2階南側から北壁に吹き抜けを跨ぎ投光する。
手書きの描線を何度も撮影し繋げる動画の作品である。
青の描線が美しい。
どこか石田尚志の映像も彷彿とさせる。

今回の展示者はそれぞれが人生上の大きな転機を抱えなが
ら参加する人が多い。
今の人生と向き合って、なおかつ表現したいという覚悟が
感じられる。
その事実に単純に感動している。
それだけ山田航の短歌に引力も在るという事も事実だ。
分野の違い、年齢経験も違う人たちがある一点で集う。
同時代という一点である。
選ばれた一首に選んだ人間の今が匂う・・。
日曜日まで最終展示作業続行。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 :参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 ・野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)他
 :ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日(日)午後5時~予約2500円
*橘内光則展「土曜の夜の夢」ー10月9日ー30日。
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503 
[PR]

# by kakiten | 2016-09-16 12:40 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 15日

展示初めー撓む指(24)

出産のニュースやら吉増展DVDやらブログに打ち込んで
その後すぐ「水に沈む羊」展出品の野崎翼君が来る。
折り紙の作品を持参し、すぐ展示場所の選定に入る。
結局1階南窓傍の一角に設置する。
窓の縁にツタの葉影が揺れて、南から西へ移動する陽光
が美しい場所だ。
3点の作品パーツを窓外へ触れるかのように作品を配置
する。
18歳の青年らしい若い爪先のような新鮮さを感じる。
一番最初の展示に相応しい気がした。
選んだ一首は

 二度と会ふ必要なんて別にないけれど元気でいてほしい人

テーマ作品の提供者山田航さんも見えて、嬉しそうだった。
野崎君は昨年高校3年の時、折り紙で3人展を開いている。
それ以前からテンポラリーに時々顔を出し作家達からその
才能を高く評価されていた。
現在浪人中だが、受験勉強とはまた別の心の蓄えも充電し
青春真っ只中である。
もっと3人で話したかったが、最終的には今週日曜日に
と言うことでふたりと別れた。
繊細で柔らかく、伸びやかな折り紙作品に心残し、その後
病院へ向かう。

なにか幸せな一日だった。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 :参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)他
 :ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日(日)午後5時~予約2500円
*橘内光則展「土曜の夜の夢」ー10月9日ー30日
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日
*森本めぐみ展ー年末年始予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-15 12:13 | Trackback | Comments(1)
2016年 09月 14日

出産・育児ー撓む指(23)

このところ出産のニュースが周りで続く。
H・Sさんから昨日電話があった。
来週始まる<それぞれの山田航「水に沈む羊」>
展で自分の作品搬入の件だった。
今月1日女の子が生まれたと云う。
そして自分と同じ誕生日だと嬉しそうに話す。
凄いなあ、と単純に感動する。
この何か月ほど前に福井のM・Mさんも女の子を
出産して、その妊娠中から脈拍音の伝わるような
優れたレポートをF・Bで発表していた。
本人を含めたふたつの命が同時に胎内で息づき、
やがて体内からこの世に生まれ出る。
妊娠そして育児ドキュメントも一瞬一瞬が驚きと困惑
の新鮮さに満ちて衝撃だった。
それに加えて、今度は自分と同じ誕生日のH・S
さんの産卵である。失礼!出産である。

男には多分解らない身体を通した命の誕生エネルギー。
言葉に変える以前の身体の軋みのようなものを感じて、
M・Mさんの文章を読んでいたから、H・Sさんの同じ
誕生日の育児にも本人にしか解らぬ経験が生まれるだろ
うと思う。

石炭・石油・原子力等を熱源とする電気力エネルギーで、
人類は大きな力を得ている。
それは身体エネルギー力の何百倍、何千倍の力である。
高層ビルも高速乗り物も都市構成の大部分は、この
電気力に拠っている。
しかし幾ら強力であっても、これら強力合成エネルギー
から生命は生まれない。
この生命を産む身体エネルギーの経験は、大きく俯瞰
してみれば、地球の大地と海のような壮大な生命ドラマ
なのだと思える。
河口を遡る魚たち、その遡上のエネルギーと、やがて
海へと帰ってゆく子供たち。
川の源流は羊水で、海は世界だ。
河口は入口・出口。
小さな人間の母胎はきっとそんな大きな地球のドラマを
秘めている。

そして今日展示の為の作品が、M・Mさんから送られて来る。
H・Sさんも展示・搬入を酒井君に頼んで、今制作中と言う。
凄いなあ、
ふたりの作家は今、自分を超えた二つの命を育んでいる。
私は、この事に感動していた。
人間の身体・脳エネルギーの深い存在感。
日頃電気機械増幅エネルギーに囲まれて、忘れ勝ちな身体
エネルギーの確かな存在に心打たれている。

そして栃木の鈴木余位さんから、東京吉増剛造展記録と沖縄
の石田尚志展の記録DVDが届く。
この日関わって戴いた全ての人たちに感謝の気持ちを送りたい。
体も脳も勇気と力を頂きました・・・ありがとう。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
:参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)他
:ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日午後5時~予約2500円
*橘内光則「土曜の夜の夢」ー10月9日ー30日
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日
*森本めぐみ展ー年末・年始予定。

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-14 13:24 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 13日

秋・曇り日ー撓む指(23)

やっと秋めいてきた。
曇天、清涼・・・。
背広上着を変えた。
途端に手にした小さな紙袋を置き忘れた。
この背広では二度目。
ポケットの少なさとサイズ小ささの所為かな。
静かな秋とは裏腹に、心はガタついている。

吉増剛造さん、宮沢賢治展で来札の連絡あり。
明年の展示の打ち合わせともなりそうだ。
東京・竹橋の個展会場構成のように、入口・出口
の幕の位相をイメージしている。
皇居お堀端の東京国立近代美術館のような室内ではなく、
石狩国の入口・出口をイメージする。
近代の始まりと終焉、入口・出口。
ランド・ランドフイル。
岡崎文吉の<「ポプラ-」を挿植し・・・>と始ま
ったあの場所だ。

見えない川、界川から始まった私の旅も、ある俯瞰
集大成のように浮かんでくるものがある。
茨(イバラ)・戸(ト)。
シジフォスだな・・・。
<戸・ト>は、入口なのか出口なのか。
幕を開けて見なければ解らない。

曇天、清涼にして、静謐を呼ぶ。
最前列で最後尾。
背後には黒々と街の灯。

*それぞれの山田航「水に沈む羊」展ー9月20日(火)ー10月2日(日)
 am11時ーpm7時:月曜定休。
 参加作家 森本めぐみ(美術)・野上裕之(彫刻)・佐々木恒雄(絵画)
 野崎翼(折り紙)・成清祐太(映像)・森美千代(書)・酒井博史(篆刻)
 ・竹本英樹(写真)・久野志乃(絵画)他。
:ライブ 及川恒平×山田航「橋」ー9月25日(日)午後5時~予約2500円
*橘内光則展「土曜の夜の夢」ー10月9日ー30日
*ホピ&カチーナドール展ー11月1日ー6日

 テンポラリースペース札幌市北区北16条西5丁目1-8斜め通り西向き
 tel/fax011-737-5503
[PR]

# by kakiten | 2016-09-13 13:56 | Trackback | Comments(0)